マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

189
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

2022年6月の記事一覧

「ムー」企画制作・ご依頼募集 ~ライブ配信・音声番組・イベントなど~

月刊誌やここnoteでのウェブマガジンなどを制作している「ムー」ですが、最近は動画配信やネットラジオの制作、コラボイベントなども実施しています。 ムーが持つ世界観、超常現象についての知見、多種多様なムー的ネットワークなどを(いい意味で)活用してコンテンツ制作をしたい企業、団体、自治体、秘密結社のみなさん、ぜひお声がけください。 いっしょに世界を怪しく楽しく作り変えていきましょう。 お問い合わせは mu@one-publishing.co.jp  まで。 内容や予算などきっち

スキ
14

<お知らせ>あの予言者が「うつわ」に! 織部焼イベント「田川埋蔵金伝説」(2022.7.23-31)

織部焼の「織部下北沢店」にて、謎の作品イベントが開催される。 財宝、埋蔵金をテーマに掲げつつ、UFOや滅亡、心霊写真、そして、石原まこちんの名もある。 とくに気になるのは右上の顔だ。 こちらが試作品。予言者ノストラダムスが、まさか令和の日本でカップ&ソーサーになろうとは……! 実は「ムー500号」記念のコラボグッズなのである。 会期中に限定数を予約できるので、隠し財宝を探すつもりで、現地へどうぞ。

スキ
9

四国UFOライン「UFO遭遇チャレンジツアー」開催!(2022.9/3-4)

高知県いの町「UFOライン」は、1990年に撮影された「W形UFO」の写真をきっかけに命名されたほどのUFOホットスポット。 周辺ではいくつものUFO目撃情報があり、古来、「光る玉」の伝説も語られている。 当地の観光地域づくり法人ソラヤマいしづちの案内で、ムーはかねてから当地の謎を調査してきたが、このたび、「UFO遭遇」に挑むツアーに協力することになった。 三上編集長(福島・国際未確認飛行物体研究所所長)も参加し、UFOを招くためのコツを語る動画は超能力者でUFOコンタク

スキ
10

三上所長と行く!UFOスポット・千貫森ミステリーツアー<2022.6.25>

ムーの三上編集長が所長を務める、福島の国際未確認飛行物体研究所が、謎のツアーを実施! 題して「千貫森の謎を解き明かす!」ハイキング企画だ。 決行は、UFOの日(6/24)の翌日。限定30名なので、福島エリアのムー民または宇宙人は参加してみよう! <UFOの特別企画> UFO研究所 三上所長(月刊ムー編集長)と行く、千貫森ミステリーツアー 開催決定! ◉ツアー内容 2022年6月25日(土) <コース日程> 10:00 福島駅西口バス(集合) 10:35 飯野町UFOふれ

スキ
27

滅亡しない日々の時を刻む!「終末のムーウォッチ」発売<お知らせ>

ピアスやマグカップなど多くのムー・グッズを手掛けるアクロスからの新作は…腕時計! 6月9日発売だ。 「ムー」ロゴの「ム」の頂点が短針、の「ー」部分の先が長針となっている。メーカーのアクロスに確認したところ、「だいたいそんな感じです」というコメントだった。 さらに宇宙を背景にした文字盤の数字(1~12)はルーン文字。 つまり、上記の写真で「12時13分」となる。 非常に、わかりにくい。 ともあれ、「ムー」のロゴは1時間に一度、どこかで完成するので、その瞬間を見逃さないでほし

スキ
22

<新刊>創刊500号!ムー2022年7月号のお知らせ

ムー 2022年7月号、6月9日発売です!  全国の書店、ネット書店でお求めください。 ついに創刊500号! レッドタイガーアイとシールのダブル付録、 読者感謝の特大プレゼント、 そして感謝企画「創刊500号記念 ムー民感謝祭」の情報も公開! よろしくお願いいたします。

スキ
17