マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

189
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

#飛鳥昭雄

<引っ越しました>新公式サイト「webムー」のお知らせ

以前に「新ウェブサイト」について告知しましたが、 デザイン構築 記事投稿 制作体制の調整 ……などなど進めておりまして、 新しい公式サイト「webムー」、8月9日に公開です。 (なにかしらズレがありえますが) 8月9日まではアクセスしてもなにも表示されないと思いますが、 URL https://web-mu.jp での発信をお待ちください。 webマガジンらしい、動画や読者交流を含めた場として育てていきます。 現在のムーPLUSもバタッと消滅するわけではありません。

スキ
32

ムーブックス新刊「失われたモーセの大預言『蘇民将来』の謎」/飛鳥昭雄+三神たける

突如現れた新型コロナウイルスは瞬く間に全世界を席捲!! 緊急事態宣言が出され、各地でロックダウンが行われるなか、日本人の注目を集めたのが江戸時代に現れた謎の妖怪アマビエだった!! その姿を描いた絵を掲げると疫病から逃れることができるという、アマビエとは、いったい何者なのか。 素性を探っていくと、やがて謎の「蘇民将来伝承」に行き着く。 驚くべきことに、そこには日本の未来に関する「預言」が隠されていた!! コロナ禍の先にある大激変と日本人を待ち受ける運命を、ここに明らかにする。

スキ
26

失われた悪魔の闇預言者「ヒトラー」の謎(飛鳥昭雄+三神たける)/新刊情報

ペンタゴン魔法陣に潜む闇の女霊媒師が地獄の堕天使ルシファーを召喚している!! 1945年4月29日、ナチス・ドイツの総統アドルフ・ヒトラーは、ベルリンの地下壕で妻エヴァ・ブラウンとともに自殺したとされる。 だが、残された頭蓋骨の主が女性だったという最新の医学調査結果を受け、 今、にわかに逃亡説が現実味を帯びてきた。 一説に、ヒトラーはUボートで海を渡って南米に逃げのび、さらには南極の極秘基地でUFOを開発していたとも噂される。 だが、真相は驚くべきものだった‼ なんとヒトラー

スキ
14

<新刊>ムー 2020年4月号のお知らせ

月刊ムー 2020年4月号、本日発売です! 全国の書店、ネット書店でお求めください。

スキ
12

ベテルギウスが超新星爆発し、黙示録の赤龍が地球を襲う! 失われた暗黒星神「スサノオ」の謎(新刊情報)

日本最古の書物「古事記」は預言書だった? 古代日本にやってきた失われたイスラエル人たちは、ユダヤ教神秘主義カッバーラによって、神道や日本という国家に様々な呪術を仕掛けてきた。 漢波羅秘密組織「八咫烏」が語る、日本神話に隠された終末預言の真実。 英雄にして大魔王であるスサノオ命のもうひとつの顔、それは太陽系に潜む恐るべき暗黒天体だった。 生きている星が示す宇宙の天命 人は死ぬと、星になるという。もちろん、文学的な比喩であり、日本古来の伝承の類いではあるが、えてして、こうした言

スキ
16