マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

189
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

#アマビエ

「ムー」企画制作・ご依頼募集 ~ライブ配信・音声番組・イベントなど~

月刊誌やここnoteでのウェブマガジンなどを制作している「ムー」ですが、最近は動画配信やネットラジオの制作、コラボイベントなども実施しています。 ムーが持つ世界観、超常現象についての知見、多種多様なムー的ネットワークなどを(いい意味で)活用してコンテンツ制作をしたい企業、団体、自治体、秘密結社のみなさん、ぜひお声がけください。 いっしょに世界を怪しく楽しく作り変えていきましょう。 お問い合わせは mu@one-publishing.co.jp  まで。 内容や予算などきっち

スキ
14

<お知らせ>「ムー創刊500号記念メタルアートプレート」予約開始! カバーアートが見つめるインテリアに

「ムー」創刊500号を記念して作成されたシンボルロゴと表紙をオマージュしたデザインのメタルアートプレート3種がジュウロクホウイより発売される。2022年6月9日発売のムー創刊500号(2022年7月号)の発売に合わせて予約受付を開始。 1979年11月号=創刊号から数えて、2022年7月号で、「ムー」は創刊500号を迎える。創刊500号を記念してデザインされた、シンボルとなるロゴは、見た通りに無限大=∞を含むことで、500号を通過点として続いていく「ムー」を表している。

スキ
23

ウェブ→本誌→ウェブの「アマビエ」リレーと読者層のこと/ムーPLUS編集雑記

 ウェブマガジンと本誌で記事を相乗りしているムーですが、5月9日発売の2020年6月号では「アマビエ」記事が話題です。  ウェブでもおなじみのオカルト探偵・吉田悠軌さんによる巻頭特集「アマビエがダイヤモンド・プリンセス号として顕現していた!」と、連載の怪談解題「船橋の『白い三角』怪談」が連動しています。  実は巻頭特集の「アマビエ=ダイヤモンド・プリンセス号」の記事は、ウェブで3月21日に先行掲載していたものです。制作時間に余裕のあった本誌では予言獣の資料図版が充実してい

スキ
23

トイレットペーパーを積み上げるよりアマビエを描いて混沌を殴ろうぜ/ムーPLUS編集雑記

ムーPLUSの中の人による編集雑記です。ウェブマガジン「ムーCLUB」の記事や周囲のことについてお届けします。 いまだに(3月17日現在)トイレットペーパーやらが品薄の状況に驚いたのでタイトル変えました。 アマビエを描こう とりあえずアマビエを描いた今週です。メカっぽくなってしまった……。  大手メディアからSNSまで、9年前を思い出す部分もある…と書いている今日は3月11日。  根本的な防疫、中長期の医療、当面の治療。なぜか競争っぽくなっている各国の感染者数推移、夏の

スキ
71