マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

168
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

#実話怪談

固定された記事

「ムー」企画制作・ご依頼募集 ~ライブ配信・音声番組・イベントなど~

月刊誌やここnoteでのウェブマガジンなどを制作している「ムー」ですが、最近は動画配信やネットラジオの制作、コラボイベントなども実施しています。 ムーが持つ世界観、超常現象についての知見、多種多様なムー的ネットワークなどを(いい意味で)活用してコンテンツ制作をしたい企業、団体、自治体、秘密結社のみなさん、ぜひお声がけください。 いっしょに世界を怪しく楽しく作り変えていきましょう。 お問い合わせは mu@one-publishing.co.jp  まで。 内容や予算などきっち

スキ
12

島田秀平、羽多野渉が震え驚く! #怖いTikTok ライブ配信レポート

ショートムービープラットフォーム「TikTok」で、短編ホラーがトレンド! ムー公式アカウント「ムーPLUS」では”#怖いTikTok”を紹介するライブ配信を実施した。その模様と、ムー注目の投稿作品を紹介する。 怪談や意味怖、恐怖実話など多様なショートホラーを堪能  ショートムービープラットフォーム「TikTok」で、ムー公式アカウント「ムーPLUS」が、”怖い”をテーマにしたライブ配信を実施。TikTokとの公式コラボ企画で、怪談、心霊スポットでの撮影動画、ホラー映像、怖

スキ
10

<10.1ライブ配信>TikTokで「#怖いTikTok」チャレンジ開催!ムーによるTikTok LIVE配信に島田秀平・羽多野渉が登場!

 ショートムービープラットフォーム「TikTok(ティックトック)」で、本日9月20日から「#怖いTikTok」チャレンジが開催される。   TikTokには、怪談、ホラーPOV、心霊スポット、映画紹介など様々な種類の"怖い動画"が存在する。今回の「#怖いTikTok」チャレンジは、「ムー」とのコラボレーション開催で、ユーザーの実際に身の回りに起こった怖い話や、意味がわかると怖い話、誰かから聞いた怪談など、そのような"怖い動画"を幅広く募集す。  さらに10月1日(金)20

スキ
22

ムー・LINELIVE ”都市伝説ライバー”発掘オーディション結果発表!

LINELIVEと「ムー」のコラボで、新時代の“都市伝説ライバー”を募集したオーディション企画の結果発表です! ご参加いただいたライバー、応援していただいた皆様、ありがとうございました! 期間中にエントリーしたライバーさんへの投票ポイントで順位が決まるので、ムー編集部は見守るのみの10日間。 審査員の吉田悠軌さん、石原まこちんさんとともに、LINELIVEならではの「語り」、まさに次世代の表現方法を目の当たりにすることができました。 優勝は「#ういちゃんねる」さん!終了

スキ
9

「ムー」LINELIVEコラボ企画! “都市伝説ライバー”発掘オーディション(~2/28〆)

*本イベントは終了しました。ご参加のみなさまありがとうございました。 LINELIVEと「ムー」のコラボで、新時代の“都市伝説ライバー”を大募集します。 ネットやSNSで都市伝説、実話怪談、怪奇体験談の発信が手軽に可能になった現在、動画配信でも多くの“語り手”が誕生しています。 1979年の創刊から「世界の謎と不思議に挑戦する」を掲げてきた「月刊ムー」が、語り口や題材の解釈、独自性などに優れた“都市伝説ライバー”を求めます。 グランプリ認定者にはインタビューを実施し、グ

スキ
19

リアルタイム“怪奇”配信「ムー TikTok LIVE 最恐都市伝説・鮫島事件 生解説&怪談トークSP」12月10日20時~配信!

 都市伝説「鮫島事件」の解説を、吉田悠軌(オカルト探偵)、鹿目凛(でんぱ組.inc)をゲストにTikTok LIVEで生配信!  実は2020年9月から「TikTok」に参入しているのだ。 [配信概要] 「ムー TikTok LIVE 最恐都市伝説・鮫島事件 生解説&怪談トークSP」■日時:2020年12月10日(木)20時~21時予定(無料) ■出演者:吉田悠軌、鹿目凛(でんぱ組.inc)、ムー編集部 ■企画協力:TikTok ■制作協力:ディアステージ 最恐都市伝

スキ
7

夏の怪談&超科学特集てんこ盛り! 宝くじにも挑んだムーCLUB 8月配信まとめ

毎月恒例、ウェブマガジン「ムーCLUB」の記事まとめ・8月配信分です。サムネが気になったらクリックを。月額900円で(現時点で)約230の記事、推計100万字が読み放題です!  ムーPLUSの中の人のお気に入り記事はこちら。黒史郎「妖怪補遺々々」の最新回「隣の爺」です。爺よりも「隣」がキーワード。本人からすると隣のラッキー爺さんに倣ったらひどい目にあう……というのは、ハニートラップのようで、同情します。 平成レトロと昭和レトロ 話題といえば、某デラックスさんに「知らない世

スキ
9