マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

186
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

#ムー

<引っ越しました>新公式サイト「webムー」のお知らせ

以前に「新ウェブサイト」について告知しましたが、 デザイン構築 記事投稿 制作体制の調整 ……などなど進めておりまして、 新しい公式サイト「webムー」、8月9日に公開です。 (なにかしらズレがありえますが) 8月9日まではアクセスしてもなにも表示されないと思いますが、 URL https://web-mu.jp での発信をお待ちください。 webマガジンらしい、動画や読者交流を含めた場として育てていきます。 現在のムーPLUSもバタッと消滅するわけではありません。

スキ
32

ローソントラベルで「ムー旅」! UFOスポットと聖地を巡るツアー開催(2022.10.29-30)

スーパーミステリー・マガジン「ムー」創刊500号を記念し、ローソンチケットなどの事業を展開する(株)ローソンエンタテインメントの旅行事業部門「ローソントラベル」とのとのコラボ企画が実現。 その名も「ムー旅」が始動! ムーだから入れる・見れる・語れる、そんな特別な場所を、テレビ越しではなくみなさんが一緒に体験できる企画を実施予定。 今回のムー旅スポットは、石川県。古代の伝説の現場、能登の神域、そしてUFO博物館を巡ります! 超古代史・聖地・UFO! 3か所を巡るツアーポイ

スキ
21

<新刊>ムー2022年8月号のお知らせ

ムー 2022年8月号、7月8日発売です!  全国の書店、ネット書店でお求めください。 7月9日にはオンラインイベント「ムー民感謝祭」配信! 14時から500分、たっぷりどうぞ。(アーカイブもある予定)

スキ
14

<お知らせ>あの予言者が「うつわ」に! 織部焼イベント「田川埋蔵金伝説」(2022.7.23-31)

織部焼の「織部下北沢店」にて、謎の作品イベントが開催される。 財宝、埋蔵金をテーマに掲げつつ、UFOや滅亡、心霊写真、そして、石原まこちんの名もある。 とくに気になるのは右上の顔だ。 こちらが試作品。予言者ノストラダムスが、まさか令和の日本でカップ&ソーサーになろうとは……! 実は「ムー500号」記念のコラボグッズなのである。 会期中に限定数を予約できるので、隠し財宝を探すつもりで、現地へどうぞ。

スキ
10

四国UFOライン「UFO遭遇チャレンジツアー」開催!(2022.9/3-4)

高知県いの町「UFOライン」は、1990年に撮影された「W形UFO」の写真をきっかけに命名されたほどのUFOホットスポット。 周辺ではいくつものUFO目撃情報があり、古来、「光る玉」の伝説も語られている。 当地の観光地域づくり法人ソラヤマいしづちの案内で、ムーはかねてから当地の謎を調査してきたが、このたび、「UFO遭遇」に挑むツアーに協力することになった。 三上編集長(福島・国際未確認飛行物体研究所所長)も参加し、UFOを招くためのコツを語る動画は超能力者でUFOコンタク

スキ
10

三上所長と行く!UFOスポット・千貫森ミステリーツアー<2022.6.25>

ムーの三上編集長が所長を務める、福島の国際未確認飛行物体研究所が、謎のツアーを実施! 題して「千貫森の謎を解き明かす!」ハイキング企画だ。 決行は、UFOの日(6/24)の翌日。限定30名なので、福島エリアのムー民または宇宙人は参加してみよう! <UFOの特別企画> UFO研究所 三上所長(月刊ムー編集長)と行く、千貫森ミステリーツアー 開催決定! ◉ツアー内容 2022年6月25日(土) <コース日程> 10:00 福島駅西口バス(集合) 10:35 飯野町UFOふれ

スキ
27

滅亡しない日々の時を刻む!「終末のムーウォッチ」発売<お知らせ>

ピアスやマグカップなど多くのムー・グッズを手掛けるアクロスからの新作は…腕時計! 6月9日発売だ。 「ムー」ロゴの「ム」の頂点が短針、の「ー」部分の先が長針となっている。メーカーのアクロスに確認したところ、「だいたいそんな感じです」というコメントだった。 さらに宇宙を背景にした文字盤の数字(1~12)はルーン文字。 つまり、上記の写真で「12時13分」となる。 非常に、わかりにくい。 ともあれ、「ムー」のロゴは1時間に一度、どこかで完成するので、その瞬間を見逃さないでほし

スキ
22

<新刊>創刊500号!ムー2022年7月号のお知らせ

ムー 2022年7月号、6月9日発売です!  全国の書店、ネット書店でお求めください。 ついに創刊500号! レッドタイガーアイとシールのダブル付録、 読者感謝の特大プレゼント、 そして感謝企画「創刊500号記念 ムー民感謝祭」の情報も公開! よろしくお願いいたします。

スキ
17

ムーLINEスタンプ新作登場!<お知らせ>

エムアップより、「ムー」のLINEスタンプがリリースされた。創刊500号のタイミングで、実に3年ぶりの第2弾となる。 ゆるっとした絵柄ながら、メッセージ内容はムー的な刺激があるものばかり。 大切なひととの神秘的なやりとりに、 重要情報を匂わせたいときに、 そしてトーク画面が意図せず陰謀にあふれてしまったときに。 ご活用を!

スキ
17

<重要なお知らせ>新ウェブサイト「ムー・ウェブ」と今後の「ムーPLUS」更新について

「ムーPLUS」の中の人です。 2022年の年始、「ムー」の創刊500号記念について、本当にさらっとお知らせしました。 さらに先日、2022年7月9日の「501号の発売日」に実施するオンラインイベント「ムー民感謝祭」についてもお知らせしました。 「ムー500号」記念に関連して、もうひとつ、大きなお知らせがあります。 ここ、noteでの「ムーPLUS」を拠点に、ムー公式情報や超常現象ニュースを発信してきましたが、「500号」の節目に、新しいムーのウェブサイトを開設すること

スキ
32

<お知らせ>アウトドアUMAグッズ誕生! ストリー”ムー”トレイル「河童捕獲キット」6月1日より販売開始

釣り用品やアウトドアグッズでおなじみも「ストリームトレイル」と「ムー」がコラボ! どんなグッズが誕生したかといえば、それは「河童捕獲キット」である。 ボトルホルダー=キュウリを携帯 スクエア型に折りたたむことができるボトルホルダーです。バッグのベルトやDカンなどに装着でき、ボトルホルダーとして使用しない時はコンパクトに持ち歩けます。一般的な形の600mlペットボトルまで装着可能です。 リュック=小さめの河童をまるごと捕獲 DRY TANK D2 25Lは普段使いはもちろん

スキ
27

創刊500号記念・500分生配信!!!!!「ムー民感謝祭」オンライン開催<2022.7.9>

2022年7月9日の「500分ライブ配信」、おかげさまで完走できました! アーカイブがまるっと残ってますので、お楽しみください。 ムーの未来についても語っております。引き続きよろしくお願いいたします。 1979年11月号に始まり、2022年7月号で「500号」を迎える「ムー」。 500号にちなんで、500分のライブ配信を実施します! 読者、制作関係者、宇宙、地底、その他多くの異次元の存在など、全方位に感謝の気持ちを伝えます。ムー編集部や関係者、アーティストやタレントのムー民

スキ
75

新刊『オカルト編集王 月刊「ムー」編集長のあやしい仕事術』2022年6月2日発売!<お知らせ>

月刊「ムー」編集長 三上丈晴が編集人生30年の軌跡、オカルト編集の舞台裏を初公開する書籍が、学研プラスより発売となる。 日本中を驚愕させる“謎”“不思議”はどうやってつくられるのか、あやしい雑誌・ムーは、なぜ日本中で愛されているのか。その裏側が明かされる。 世の中、すべて表と裏がある。人間も本音と建て前がある。常識で語られる世界と超常識がまかり通る世界では、まるっきり世界観が異なるんです。本書をきっかけに、世の中の見方が少し変わり、それが何かの参考にまでもなれば、望外の喜び

スキ
23

島田秀平×三上丈晴!トークイベント「オカルト会議」5.22大阪HEP HALL

手相・都市伝説・怪談でおなじみの芸人・島田秀平氏と、ムー編集長・三上丈晴のトークイベントが決定! その名も「オカルト会議」。都市伝説編と怪談編の2部構成で、大阪HEP HALLにて開催される。 三上編集長のメディア出演はホリプロコムと業務提携が始まっており、島田秀平氏は”事務所の先輩”ということになる。 2人だけのじっくり対談、ご期待ください! 開催概要 島田秀平・三上丈晴「オカルト会議」 (1部)都市伝説編in大阪 (2部)怪談編in大阪 出演:島田秀平、三上丈晴(ム

スキ
9