マガジンのカバー画像

お知らせ ムー民広場

189
コラボ企画やメディア展開、新刊情報など、ムー編集部からのお知らせを随時更新します。
運営しているクリエイター

#イラスト

<引っ越しました>新公式サイト「webムー」のお知らせ

以前に「新ウェブサイト」について告知しましたが、 デザイン構築 記事投稿 制作体制の調整 ……などなど進めておりまして、 新しい公式サイト「webムー」、8月9日に公開です。 (なにかしらズレがありえますが) 8月9日まではアクセスしてもなにも表示されないと思いますが、 URL https://web-mu.jp での発信をお待ちください。 webマガジンらしい、動画や読者交流を含めた場として育てていきます。 現在のムーPLUSもバタッと消滅するわけではありません。

スキ
31

<お知らせ>「ムー創刊500号記念メタルアートプレート」予約開始! カバーアートが見つめるインテリアに

「ムー」創刊500号を記念して作成されたシンボルロゴと表紙をオマージュしたデザインのメタルアートプレート3種がジュウロクホウイより発売される。2022年6月9日発売のムー創刊500号(2022年7月号)の発売に合わせて予約受付を開始。 1979年11月号=創刊号から数えて、2022年7月号で、「ムー」は創刊500号を迎える。創刊500号を記念してデザインされた、シンボルとなるロゴは、見た通りに無限大=∞を含むことで、500号を通過点として続いていく「ムー」を表している。

スキ
23

月刊ムー2020年6月号表紙

スキ
13

<お知らせ>玄光社より「ムー」ビジュアル特集ブックが登場! 全表紙掲載&特集アートの視点で月刊ムーを解剖

 月刊ムーのカバーデザインや特集扉、その原画などを集めた本「ムー ビジュアル&アート集」が、玄光社から発売!  創刊号から5号まで最初期のカバーアートを手掛けた生賴範義氏の原画をはじめ、本誌を彩ってきたアート、イラストをふんだんに収録。創刊号から本書発売時点での最新号までの表紙デザインのほか、大迫力に描かれる総力特集の扉デザインを厳選紹介。  新海誠監督やみうらじゅん氏、石原まこちん氏など「ムー」にゆかりのある方々や、作家の金成陽三郎氏、さらに三上丈晴編集長のインタビュ

スキ
16