ムーCLUB 2020年3月配信セット

31
高知に長頭宇宙人が出現し、兵庫で「ええもん」を見せられた!/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

高知に長頭宇宙人が出現し、兵庫で「ええもん」を見せられた!/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回はなんと「UFOとの遭遇」がテーマ。地球・日本の田中家の状態は、地球外知的生命体にも筒抜けなのだろうか。 文=松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎 第1回はこちら 田中俊行が守るもの タニシ 事故物件住みます芸人・松原タニシです。 田中 オカルトコレクター・田中俊行です。 健太郎 四国高松で怪

スキ
19
有料
200
首曲がりトンネルと幽霊地蔵ーー高輪・怪談ゲートウェイ/吉田悠軌・怪談解題

首曲がりトンネルと幽霊地蔵ーー高輪・怪談ゲートウェイ/吉田悠軌・怪談解題

大規模な再開発や新駅の開業で、近ごろなにかと話題のスポット、高輪。高級住宅地として知られるが、かつては江戸の境界であり、「水」にも縁深い土地だ。そんな場所にある奇妙な「トンネル」では、必然的に怪異が発生してしまう……。古くからのゲートウェイとネット怪談をつなぐものとは? 文・写真=吉田悠軌 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。『うわさの怪談』三笠書房より発売中。ほか『日めくり怪談』(集英社)、『禁足地巡礼』(扶桑社)、『一行怪談

スキ
22
有料
200
公開記事●亡き愛犬がテレビを勝手に付けて主張する……と主張する男性の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

公開記事●亡き愛犬がテレビを勝手に付けて主張する……と主張する男性の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2019年8月号、第424回目の内容です。 文=南山宏 お化けテレビ  英人気大衆紙「デイリーテレグラフ」に昨年10月18日から20日にかけ、自宅のテレビがなぜか無気味にも真夜中ひとりでにオン状態になるという、オカルトっぽい報告が複数の読者から寄せられた。  そのひとり、イングランドはディンスデール在住のマーティン・アーヴィングはメールで報告する。 「ウチのテレビはここ数年どういうわけか、特定の日時

スキ
8