ミステリー事典 ムーペディア

78
ロイヤルブルーの守護石【サファイヤ】/パワーストーン事典

ロイヤルブルーの守護石【サファイヤ】/パワーストーン事典

パワーストーンの力を得たいなら、その石について知ることが一番の近道です。その石はどんな鉱物で、どんな歴史や伝説を持っていて、どんなふうに愛用されてきたのか――。石のパワーの秘密を知ることで、その効果をより実感してみてください。 文=高橋桐矢 純潔と平和をもたらすロイヤルブルーの至宝 サファイヤ 青玉/Sapphire 【テーマ】知恵・思考・鎮静 【基本データ】主な原産国:ミャンマー・スリランカ・タイ/硬度:9/比重:4.0/結晶系:三方晶系 純潔と深い信仰心、平和の象徴

8
六甲山の超古代文明! 謎の人物と古文書が示す「カタカムナ文明」の謎/世界ミステリー入門

六甲山の超古代文明! 謎の人物と古文書が示す「カタカムナ文明」の謎/世界ミステリー入門

昨今はスピリチュアルな世界でも重要なキーワードとなっている「カタカムナ」とは、もともとはかつて六甲山中に存在したという超古代文明に由来する。独自のテクノロジーをもとに世界を自在に操ったというカタカムナ文明の基本情報をおさらいしておこう。 文=中村友紀 巻物に書かれた謎の古代文字  兵庫県六甲山中に、かつて超古代文明が存在していた。その名をカタカムナという。ことのはじまりは昭和24年(1949)。楢崎皐月という電気技術者が、現在の神戸市東灘区にある金鳥山に入った。目的は植

42
永遠なる回転運動「スワスティカ」/秘教シンボル事典

永遠なる回転運動「スワスティカ」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、回転運動によって安定と調和を描く「スワスティカ」です。 文=松田アフラ 紀元前1万年前の遺物。マンモスの牙に鉤十字が彫られている。  スワスティカ(卍、卐)といえば、一般に日本では寺を示す地図記号、ヨーロッパではナチスのハーケンクロイツ(鉤十字、斜め向きの卐)が連想されるが、実際にはこのシンボルは人類の開闢にまで遡る極めて古いものであり、紀元前1万年に遡ると考えられるマンモスの牙に彫刻された作例が出土している。  こ

11
最古にして最強の石【クリスタルクォーツ】/パワーストーン事典

最古にして最強の石【クリスタルクォーツ】/パワーストーン事典

パワーストーンの力を得たいなら、その石について知ることが一番の近道です。その石はどんな鉱物で、どんな歴史や伝説を持っていて、どんなふうに愛用されてきたのか――。石のパワーの秘密を知ることで、その効果をより実感してみてください。 文=高橋桐矢 100万年の歳月を宿す最強のパワーストーン クリスタルクォーツ 水晶/Crystal Quartz 【テーマ】オールマイティ・浄化・予知 【基本データ】主な原産国:ブラジル・オーストラリア・日本/硬度: 7/比重:2.7/結晶系:三

11
天下太平を兆す五彩の霊鳥「鳳凰」/幻獣事典

天下太平を兆す五彩の霊鳥「鳳凰」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、天子の即位に瑞兆として出現する「鳳凰」です。 文=松田アフラ 中国や台湾の寺院、廟には、屋根を守護する鳳凰像が飾られることが多い。  前漢代初期の地理書『山海経』に、次のような一節がある。 「丹穴の山……鳥あり、その状は雞の如く、五彩で文あり、名は鳳凰。首の文を徳といい、翼の文を義といい、背の文を礼といい、胸の文を仁といい、腹の文を信という」  ここに記された「鳳凰」とは、古代中国において麒麟、霊亀、応龍とともに

14
古代エジプトの生命の象徴「アンク十字」/秘教シンボル事典

古代エジプトの生命の象徴「アンク十字」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、始源の交点と拡大の円からなる「アンク十字」です。 文=松田アフラ 紀元前1300年ごろと思われる『アニのパピルス』。太陽円盤とともに生命のシンボルたるアンクが描かれている。  古代エジプトにおける生命の象徴である「アンク」(ラテン語名は「クルクス・アンサタ」)。その形態は、T字形の上に楕円形、もしくは卵の形が乗ったものである。 「アンク」という語自体が古代エジプト語で「生命」の意味で、この図形はそのままエジプトのヒエ

16
宝石の王【ダイヤモンド】/パワーストーン事典

宝石の王【ダイヤモンド】/パワーストーン事典

パワーストーンの力を得たいなら、その石について知ることが一番の近道です。その石はどんな鉱物で、どんな歴史や伝説を持っていて、どんなふうに愛用されてきたのか――。石のパワーの秘密を知って、その効果をより実感してください。 文=高橋桐矢 強さと栄光をもたらす完璧かつ神聖な宝石 ダイヤモンド 金剛石/Diamond 【テーマ】無敵・永遠・完璧 【基本データ】主な原産国:アメリカ・ペルー・トルコ/硬度:10/比重:3.5/結晶系:正方晶系 ダイヤモンドは18世紀以降、4月の誕

7
伝説の巨大建造物は古代メソポタミアのジッグラトか? 「バベルの塔」の真実/世界ミステリー入門

伝説の巨大建造物は古代メソポタミアのジッグラトか? 「バベルの塔」の真実/世界ミステリー入門

天にも届くような巨大な塔を築いた人間たちは、神の怒りを買い、互いに言葉が通じないようにされ、世界各地へ散らばっていった――。 『旧約聖書』の中でも有名なバベルの塔の物語だが、実はこの巨塔は、かつて実在したものだという。物語に隠されたバベルの塔の真実とは? 文=中村友紀 天に届く巨塔を築き神に罰せられた人間  読者は、バベルの塔の話をご存じだろう。 『旧約聖書』「創世記」で、ノアの大洪水のあとに登場する、天にも届くような巨大な塔を築こうとした人々の物語だ。  少々長くなる

21
エイリアン・アニマルか? 遺伝子操作で生まれた新生物か?謎の吸血UMA「チュパカブラ」/世界ミステリー入門

エイリアン・アニマルか? 遺伝子操作で生まれた新生物か?謎の吸血UMA「チュパカブラ」/世界ミステリー入門

1995年ごろから、プエルトリコをはじめとするアメリカ大陸の各地で怪生物が目撃されている。 家畜を襲い、体中の血を抜いて殺害することから、「ヤギの血を吸うもの=チュパカブラ」と呼ばれる。 UFOやアメリカの諜報機関との関連も噂される、謎めいた吸血UMAの正体とは? 文=中村友紀 90年代に姿を現した謎の吸血怪獣  UMA――未確認生物は、昔から世界各地で数多く目撃されている。ネス湖のネッシーやヒマラヤのイエティ、アメリカのビッグフット、あるいは日本の河童やツチノコなどは

16
超古代に列島を結んだ大地のネットワーク「日本のピラミッド」/世界ミステリー入門

超古代に列島を結んだ大地のネットワーク「日本のピラミッド」/世界ミステリー入門

世界のピラミッドのルーツは日本にある——。キリスト教伝道者・酒井勝軍はそう主張し、日本各地の山にピラミッドを見いだしていった。 そして、それらのピラミッドを結んでいくと、大地のエネルギーをつなぐラインが現れるという。古文献にも記された太古日本の謎に迫る。 文=中村友紀 ピラミッドの起源は古代日本にあった?  ピラミッドといえば、だれもがエジプトやマヤの巨大遺跡を思い浮かべる。だが、こうした世界遺跡に見られるピラミッドの「ルーツ」は、古代日本にあったと主張した人物がいた。

25