ミステリー事典 ムーペディア

72

あらゆる幻獣の祖にして王「ドラゴン」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、人類最古の記憶に刻まれる脅威「ドラゴン」です。 文=松田アフラ スロベニアのリュブリャナにかかる橋に座するドラゴン像。  西洋のみならず、全世界のあらゆる幻獣・怪物の総大将、総元締めともいえる存在がドラゴンである。「ドラゴン」…

フリーメーソンの「定規とコンパス」が描く宇宙の秩序/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、フリーメーソンの「三大光明」を意味する「定規とコンパス」です。 文=松田アフラ 定規とコンパスで構成されるフリーメーソンのシンボル。中央の「G」は、神(GOD)や幾何学(Geometry)、グノーシス(Gnosis)など、意味には諸説ある。 …

強大なる混沌に発した大海の怪物「レヴィヤタン」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、神の手も及ばぬ原始の混沌「レヴィヤタン」です。 文=松田アフラ 海のレヴィヤタン(下段)が混沌を、陸のベヒモス(中段)が豊穣を示す。ウィリアム・ブレイク画。  ヘブライ語でリヴヤーターン、英語でリヴァイアサンと呼ばれるレヴィヤ…

魚に隠されたイエス・キリスト「イクテュス」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、生命の樹とともにキリストを表す魚、「イクテュス」です。 文=松田アフラ 2匹の魚がキリストと信徒を意味し、錨が教会を象徴する。ギリシアのエピグラフィカル博物館蔵。 〈イクテュス〉とはギリシア語で「魚」を意味する言葉であり、2本…

人間とも交わった北欧の妖精「トロール」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、北欧で人とも深く交流した妖精「トロール」です。 文=松田アフラ 優しい巨人、また裏腹にイタズラ好きの小人というイメージもあるトロール。  北欧諸国、特にノルウェーやデンマークの伝承に登場する妖精の一種であるトロール。通常は小人…

魔術道士たちの表徴「五芒星」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、人間自身を模した魔道の星「五芒星」です。 文=松田アフラ 五芒星のうえに魔術シンボルを加えた図。エリファス・レヴィによるもの。 「グノーシス教徒の間で〈煌めく星〉と呼ばれる『五芒星』は、叡智の独裁的偉力の表徴である。要するに魔…

スコットランドに伝わる馬型の水精「ケルピー」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、生け贄を求める凶兆の水精「ケルピー」です。 文=松田アフラ 馬のような姿だが、自在に背を伸ばすという能力もあるという(イラスト=Wikia)。  ケルピーはスコットランドの民話に登場する水の精である。人間の姿を採ることもあり、とき…

カバラの根本図象「生命の樹」(近代)/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、神の内的世界を顕す逆さ吊りの大樹=「生命の樹」です。 文=松田アフラ セフィロトの樹。アタナシウス・キルヒャーのエジプト学文献に記されたものに着色し、明瞭化したもの。 「今や生命の樹は上より下に伸びゆく、それはすべてを照らし出…

人類に文明を授けた半魚の半神「オアンネス」/幻獣事典

世界の神話や伝承に登場する幻獣・魔獣をご紹介。今回は、幻獣というよりも半神、メソポタミア神話に遡る賢人「オアンネス」です。 文=松田アフラ シュメール時代のレリーフに描かれたオアンネス。  半魚人や人魚などは幻獣として知られるが、果たしてオアンネスを「幻獣」のカテゴリに入れるべき…

全宇宙を知る世界樹「生命の樹」(古代)/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、古代に創成から終焉までを知る象徴として用いられた「生命の樹」です。 文=松田アフラ 神学者ボナヴェントゥラの『生命の樹』を主題とした聖画(14世紀初頭)。 「園の中に生命の樹、および善悪を知るの樹を生ぜしめ給へり」ーー『創世記』…