ミステリー事典 ムーペディア

79
錬金術の奥義から世界創造の秘密までが刻まれる銘板「エメラルド・タブレット」/羽仁礼・ムーペディア

錬金術の奥義から世界創造の秘密までが刻まれる銘板「エメラルド・タブレット」/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、古代アトランティスの王にして、神とも同一視される人物が記したという伝説の銘板を取りあげる。 文=羽仁 礼 卓越した知識を誇る伝説のアトランティス王  1096年、ローマ教皇ウルバヌス2世の呼びかけに応じて結成された第1回十字軍が、聖都エルサレム解放を目指して東方に出発した。宗教的狂熱に浮かされ、エルサレム周辺地域について十分な予備知識もないまま、やみくもに進撃し

スキ
23
所有者は世界の王となる 聖遺物ロンギヌスの槍/ムーペディア

所有者は世界の王となる 聖遺物ロンギヌスの槍/ムーペディア

ムー的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、磔刑に処されたイエス・キリストの脇腹を刺し、その血に触れたとされる聖遺物を取りあげる。 文=羽仁 礼 息絶えたイエスの血がもたらした奇跡  キリスト教における聖遺物とは、神の子イエス・キリストや数ある聖人たちにゆかりの物品のことである。具体的には、イエスが磔にされた十字架(聖十字架)の破片や、その手足に打ちつけられた釘(聖釘/せいてい/)、聖人たちの遺骸や身体の一部、使用

スキ
38