ミステリー事典 ムーペディア

79
ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、ヒトラーの暗殺計画を予言し、のちに〝ヒトラーの指南役〞とも噂された天才占星術師を取りあげる。 文=羽仁 礼 ヒトラーが重用した? 謎の天才占星術師  ナチス・ドイツは、国家ぐるみのオカルト集団だったともいわれる。この主張の一環として、アドルフ・ヒトラーにはお抱えの占星術師がおり、その助言に基づいて政策を決定していたという風説もあるようだ。その占星術師の名は、カー

スキ
29
大予言者ノストラダムスの素顔と、残された未来予言/世界ミステリー入門

大予言者ノストラダムスの素顔と、残された未来予言/世界ミステリー入門

 難解かつ謎めいた四行詩によって、数多くの歴史的大事件を予言したノストラダムス。特に、「1999年7の月」ではじまる内容の詩は、「終末予言」として現代のわれわれにも衝撃を与えた。しかし、その生涯や予言の解釈には多くの疑問が残る。謎のベールに包まれた「大予言者」の真の姿とは? <関連記事> 文=中村友紀 史上最強の大予言者ノストラダムス  ノストラダムスといえば、本誌読者には説明の必要もないほど知られた人物だろう。  それぞれがわずか4行で記された数々の未来予言詩のなか

スキ
13
召喚魔術とは何か? 天使や悪魔を呼び出す隠秘術の究極奥義/世界ミステリー入門

召喚魔術とは何か? 天使や悪魔を呼び出す隠秘術の究極奥義/世界ミステリー入門

太古より人類は「超自然的な力=魔術」を追い求めてきた。なかでも、天使や悪魔、精霊といった超自然的な存在の力を借りるべく、彼らを呼び出す「召喚魔術」は、多くの者が習得を夢見た究極の奥義である。古今東西の魔術師たちを魅了した神秘の技法とは? 文=藤島啓章 超自然的存在を呼び出す究極技法  魔術の分類法は一様ではなく、「類感魔術」「感染魔術」「白魔術」「黒魔術」「降霊魔術」「性魔術」「自然魔術」「召喚魔術」などにジャンル分けされるが、本稿では召喚魔術に的を絞りたい。  召喚

スキ
33
近代神秘学の源流 魔術結社ゴールデン・ドーンの基礎知識/ムーペディア

近代神秘学の源流 魔術結社ゴールデン・ドーンの基礎知識/ムーペディア

 毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、19世紀末のイギリスで設立され、近代魔術の歴史を作った魔術結社を取り上げる。 文=羽仁 礼 謎の暗号文書に導かれた魔術結社の設立  ヴィクトリア朝末期、19世紀も終わりに近づいたころのイギリスでは、各種神秘哲学に関する関心がかつてないほど高まっていた。  1882年のイギリス心霊研究協会、1885年のイギリス薔薇十字団、さらに1887年の神智学協会ブラヴァツキ

スキ
23
古代エジプトの生命の象徴「アンク十字」/秘教シンボル事典

古代エジプトの生命の象徴「アンク十字」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、始源の交点と拡大の円からなる「アンク十字」です。 文=松田アフラ 紀元前1300年ごろと思われる『アニのパピルス』。太陽円盤とともに生命のシンボルたるアンクが描かれている。  古代エジプトにおける生命の象徴である「アンク」(ラテン語名は「クルクス・アンサタ」)。その形態は、T字形の上に楕円形、もしくは卵の形が乗ったものである。 「アンク」という語自体が古代エジプト語で「生命」の意味で、この図形はそのままエジプトのヒエ

スキ
16
ふたつの三角形が全宇宙を表す「六芒星」/秘教シンボル事典

ふたつの三角形が全宇宙を表す「六芒星」/秘教シンボル事典

占術や魔術、神智学で用いられるシンボルを解説。今回は、賢王ソロモンが用いた徽章、「六芒星(ヘキサグラム)」です。 文=松田アフラ  六芒星形(ヘクサグラム)は、上向きと下向きの2つの三角形を組み合わせた星形の図形であり、6つの頂点を持つ。別名で古代イスラエルの賢王ソロモンとその父ダヴィデにちなみ、「ソロモンの徽章」「ダヴィデの盾(マーゲン・ダヴィデ)」あるいは「ダヴィデの星」などと呼ばれる。  旧約聖書に登場する賢王ソロモンは、また魔術の達人でもあり、多くの悪霊を魔術の力

スキ
11