ミステリー事典 ムーペディア

76
フリーメーソンが創ったアメリカ/世界ミステリー入門

フリーメーソンが創ったアメリカ/世界ミステリー入門

自由と民主主義の国——アメリカ合衆国。さまざまな面で世界をリードしてきた大国だが、じつは建国から国家運営にいたるまで、その背後には「フリーメーソン」の存在があるという。この世界最大の秘密結社が、“理想国家”として築きあげたアメリカの真の姿とは? 文=中村友紀 謎めいた秘密結社の起源と歴史とは?  近代フリーメーソンが誕生したのが1717年。  フリーメーソンは、紀元前のエジプトの石工にルーツをもつといわれる秘密結社だが、実際の成立については謎も多い。 フリーメーソンの

23
2020年大統領選挙にも影響が!? アメリカ大統領と”テカムセ”の呪い/ムーペディア

2020年大統領選挙にも影響が!? アメリカ大統領と”テカムセ”の呪い/ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、アメリカの大統領選挙にまつわる不可解な「呪い」の存在を取りあげる。 文=羽仁 礼 イラスト=久保田晃司 大統領選挙につきまとう奇妙なジンクス  2020年は、4年に一度、アメリカで大統領選挙が実施される年である。同時に、末尾に「0(ゼロ)」のつく年でもある。  実は、年号の末尾に「0」のつく年、いわば「0(ゼロ)の年」に行われるアメリカ大統領選挙については、奇

14
宇宙考古学や異星人アブダクションを予言!? 禁断のSF「シェイヴァー・ミステリー」/ムーペディア

宇宙考古学や異星人アブダクションを予言!? 禁断のSF「シェイヴァー・ミステリー」/ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、1950年代にアメリカで発表され、話題と論争を巻き起こしたSFシリーズ「シェヴァー・ミステリー」を取りあげる。 文=羽仁 礼 世間を騒がせた物語は一通の手紙から始まった  シェイヴァー・ミステリーとは、アメリカのSF雑誌「アメイジング・ストーリーズ」などに、リチャード・シャープ・シェイヴァーを中心とする何人かの作家たちが書いた一連のSFシリーズのことをいう。

14
秘密結社フリーメーソンーー超古代の叡智と秘儀、そして世界統一の陰謀とは?/世界ミステリー入門

秘密結社フリーメーソンーー超古代の叡智と秘儀、そして世界統一の陰謀とは?/世界ミステリー入門

「フリーメーソン」という言葉は、だれでも一度は聞いたことがあるだろう。だが、その実態については謎の部分が多い。それもそのはず、フリーメーソンは秘密厳守を掟とし、内部から情報が漏れることはないからだ。秘密のベールに包まれた秘密結社の正体とは? 文=藤島啓章 世界最大の秘密結社の起源と歴史  今や陰謀論の総本山といった感のある「フリーメーソン」。多数の世界的指導者や著名人を輩出しながら、一方では、超古代の叡智を秘儀を継承し、世界統一政府の樹立を企んでいると囁かれるなど、世界

33
奇現象を招き、災厄をもたらす有翼の怪物「モスマン」/羽仁礼・ムーペディア

奇現象を招き、災厄をもたらす有翼の怪物「モスマン」/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。今回は、災厄をもたらす無気味な飛行生物「モスマン」を取り上げる。 文=羽仁礼 高速で空を飛ぶ謎の蛾人間UMA 「モスマン」(蛾人間の意味)は人のように2本の足と大きな翼をもち、空を飛ぶことのできるUMAである。  数々の目撃情報によれば、身長1.8メートルから2.1メートル。がっしりした体格で、灰色あるいは褐色の体毛で全身が覆われている。人間のように2本足で直立し、ひょ

12