ウェブマガジン ムーCLUB

人生は取捨選択…蟠龍寺「死の体験旅行」で得たものとは?/石原まこちん・ムーさんぽ

都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんが散歩気分で高みを目指すルポ漫画、9回目は……「苦」を味わうべく、「死」を散歩する。目黒・蟠龍寺で「死の体験旅行®」で、一度死んでみました……。 漫画=石原まこちん #ムーさんぽ 取材協力=目黒・蟠龍寺 目黒・蟠龍寺で「死の体験旅行®」  …

英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

イギリスホラー映画から、日英の怪談的共通点を再認識した探偵。実は都内にも、英国オカルトの影響を濃密に感じることができる探偵イチオシの聖地が存在した! (ムー2018年8月号掲載) 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会…

科学的解明を拒む”魔物の呪い”の地「スキンウォーカー牧場の超常現象」/並木伸一郎

ヒストリーチャンネルで「スキンウォーカー牧場の超常現象」というシリーズ番組がスタートする。アメリカ全土でも有名な超常現象の多発スポットにて、科学的なアプローチを含めて調査が行われるという。しかし、そもそも”そこ”では何が起きてきたのか? 放送に先駆けて振り返っておこう。 文=並木…

高松・野田池の怪談とペガサス降臨の謎/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行…

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回は、四国の怪談を守る男・恐怖新聞健太郎が高松の心霊譚をお届け。ペガサスも舞い降ります。 文=松原タニシ・…

ラーフ期は星からの悪影響を最小限に! おそるべき「インド占星術」の世界/辛酸なめ子…

日付から内容まで、とにかく当たる! というインド占星術について、ガネーシャ・ギリ先生に伺いました。個人的な運勢を知るのは怖すぎるけど、隠された才能を指摘されて……。  文・漫画=辛酸なめ子 #魂活巡業 今回お邪魔したのは… ガネーシャ・ギリ/瞑想歴38年、ヨーガ歴27年。成瀬雅春師の…

「やりたいことが見つからない」贅沢なあなたへ! グランジュルノルマン人生相談/赤魔…

日本唯一グランジュルノルマン解説を手掛ける赤魔導士Bijou氏が、あなたの悩みに答えます。人生の場面で出会う困りごと、何度もぶちあがる悩みごと……ひとりで考え込まずに、カードが示す物語からヒントを読み取っていきましょう。今回のお悩みは「やりたいことが見つからない」です。 ―― その悩み…

神話と星座と花と数字と…「グランジュルノルマン」の多層シンボル占術世界/赤魔導士Bi…

目下流行の「ルノルマン」と名前だけ似ている「グランジュルノルマン」カード。19世紀フランスという激動の時代に構成されたシンボル群は、現代日本の複雑な人生を占うのに適している。日本でほぼ唯一の「グランジュ」使い、赤魔導士Bijouがその世界を解説する。 文=赤魔導士Bijou #グランジュルノ

騒霊ポルターガイスト事件の謎を解く3つの鍵/並木伸一郎・フォーティアンFILE

不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回は、時代の変遷とともに変化してきた、謎の騒霊現象「ポルターガイスト」をテーマに、その発生原因を探る。 文・資料=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 騒霊現象 「ポルターガイスト」とは、ドイツ語で“騒がしい霊”とい…

天秤座の開運メニュー 香りと色味の強さが美意識向上に!/ヘイズ中村・魔女のキッチン…

毎日の食事は、意識せずとも魔術の行為が含まれるもの。西洋占術の大家にして魔女のヘイズ中村先生が、「食事による魔術」をご案内します。 今回は「天秤座」に関連する開運メニュー(朝昼晩+おやつ)をご案内。自身と、食事をともにする家族やパートナーのために、お試しください! 文=ヘイズ中村 …

”不幸の手紙” その流行と禁止”の現代史/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

昭和の怪しげなあれこれを、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想する。今回のお題は「不幸の手紙」。ネットのない時代のチェーンメールは、いかに始まり、流行したのか? ただの「遊び」を抑圧した社会背景も振り返ります。 文=初見健一 #昭和こどもオカルト 学級会で禁止された「不幸の手…