ウェブマガジン ムーCLUB

2021年・辛丑年開運招福法/鶴見神社・花谷幸比古

2021年・辛丑年開運招福法/鶴見神社・花谷幸比古

古神道白川流の易学を修めた花谷宮司に、2021年・辛丑(かのとうし)年がどのような一年になるかを予測していただき、開運のコツをうかがった。 監修=花谷幸比古 鶴見神社 大阪市鶴見区に鎮座する鶴見神社。創建は後白河院の時代(1158〜1179年)と伝わる。 「ムー」毎年1月号の付録の祈祷をしていただいているのが、鶴見神社。「鶴見区」という名称の由来にもなった鶴見神社は、古来、厄除け・病気平癒・長寿を叶えるお社(やしろ)として信仰を集めている。  創祠は後白河院の時代(1

5
知られざる比叡山の魔所「狩籠の丘」/菅田正昭

知られざる比叡山の魔所「狩籠の丘」/菅田正昭

京都の鬼門を守る比叡山(ひえいざん)。その山中に、3つの結界石が置かれた、奇妙な場所がある。遠い昔、最澄が魔物を倒し、地中に封じこめたとされるこの場所は、はたしてどのようなところなのだろうか。 文=菅田正昭 伝教大師最澄が封じ込めた魑魅魍魎の正体とは?  比叡山の一角に“狩籠(かりごめ)の丘”と呼ばれている場所がある。  比叡山は根本中堂を中心とする東塔(とうとう)、釈迦堂を中心とする西塔(さいとう)、そして円仁や良源(元三大師)ゆかりの横川(よかわ)の三塔地域から成る

7
牛の鬼神と魔神 その知られざる歴史と正体/本田不二雄・神仏探偵

牛の鬼神と魔神 その知られざる歴史と正体/本田不二雄・神仏探偵

2021(令和3)年、人類史上に残る疫病の蔓延のなか、丑年を迎える。このことは、12 年に一度の巡りというだけではすまない意味を持っているかもしれない。 「牛」に象徴される神々は、疫病をもたらし、さまざまな災厄をもたらす元凶であるとともに、ねんごろに祀り、礼拝することで、これらの厄禍から人々を守ってくれる神であるという。 「鬼神」にして「魔王」——そんな牛神をめぐる闇の日本史をひもとき、その知られざる正体に迫ってみたい。 文・写真=本田 不二雄 #神仏探偵 牛御前と素戔嗚

10
四国怪談! 比江村と久礼の「七人ミサキ」を追う/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

四国怪談! 比江村と久礼の「七人ミサキ」を追う/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回のメインテーマは四国怪談「七人ミサキ」取材2連発! 健太郎の涙、田中の腹にも、ドラマがある。 文=松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎  #怪談行脚 泣いた白塗り タニシ 事故物件住みます芸人・松原タニシです。 田中 どうも、オカルトコレクター…………田中俊行です。 健太郎 四国の怪談は俺が守る

14
上野のヤマサン 伝説のパワーストーン店で”強運”爆買い!/石原まこちん・ムーさんぽ

上野のヤマサン 伝説のパワーストーン店で”強運”爆買い!/石原まこちん・ムーさんぽ

都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんが散歩気分で高みを目指すルポ漫画12回目! 年末の今回は、クリスマス&年越しのプレゼントを自分自身に……。伝説のパワーストーン店「上野のヤマサン」へ開運さんぽ! これで2021年も安泰だぁ! 漫画=石原まこちん #ムーさんぽ 取材協力=上野のヤマサン(東京都台東区上野6丁目11−2) 予約できたらもう幸運! 上野のヤマサン  ラブちゃんへの取材のときからして、どうも日常に不穏を抱えているまこちん先生。今回はパワーストーンのご利益

8
デビルズタワーは巨大樹木の化石だった!! 中生代の地球環境の驚異/権藤正勝

デビルズタワーは巨大樹木の化石だった!! 中生代の地球環境の驚異/権藤正勝

世界中に存在するテーブルマウンテン。われわれはこれらを山と認識しているが、本当は巨大な樹木の切り株だとしたら? そして、それが大がかりな環境破壊の痕跡だとしたら? ただの冗談ではない。 それを最もよく表しているのが、アメリカにあるデビルズタワーなのだ! 文=権藤正勝 切り株が化石化したデビルズタワー  アメリカのワイオミング州にデビルズタワーと呼ばれる奇岩がある。スティーブン・スピルバーグの代表作『未知との遭遇』の舞台になった場所で、この映画を通じて初めてその存在を知っ

9
妖精と聖人伝説 アイスランドの「サンタクロース」現場を行く/安東ヒロシ・特集アーカイブ

妖精と聖人伝説 アイスランドの「サンタクロース」現場を行く/安東ヒロシ・特集アーカイブ

日本での「サンタクロース目撃」をまとめたが、次に目を海外へ向けることにした。すると、やはり「サンタ目撃」情報があったのだ。しかも、アイスランドに……。サンタクロースの故地・北欧ではなく、なぜかの国なのか? その謎と不可思議な目撃談を求めて、現地へ飛んだ。 文=安東ヒロシ サンタクロースの正体は妖精「隠れた人々」  北極圏に位置し、イギリスとグリーンランドにはさまれた島国、アイスランド。無人島であったこの島の最初の発見者はバイキングだといわれる。その後、ノルウェーやスコッ

9
実録!「本物のサンタクロースに会った」人たち/安東ヒロシ・特集アーカイブ

実録!「本物のサンタクロースに会った」人たち/安東ヒロシ・特集アーカイブ

「私はサンタクロースを見たことがある」 ある女性のひと言をきっかけに、情報収集を始めたところ、なんと、さまざまな目撃談と出会うこととなった。まずは、日本でサンタクロースに会った人たちの話をご紹介しよう。 (ムー 2013年1月号掲載) 文=安東ヒロシ 真夜中、襖を開けて入ってきたサンタ  神奈川県湘南市T・Mさん 40代  今から三十数年前の小学校低学年のときの、東京都大田区の実家での出来事です。ある年の12月24日のクリスマスイブの夜、母、父、私、兄の順で川の字で寝

6
コロナ禍を予言したインドの少年占星術師が警告! 2021年の経済崩壊・新たな疫病、そして戦争の恐怖/宇佐和通

コロナ禍を予言したインドの少年占星術師が警告! 2021年の経済崩壊・新たな疫病、そして戦争の恐怖/宇佐和通

2019年8月に、2020年の新型コロナウイルスによるパンデミックの発生と世界的な影響を予言していたインドの少年占星術師、アビンギャ・アナンド。日付レベルで一致する予言を残した彼は、2020年末、2021年に向かう世界をどう見ているのか……。衝撃の予言を紹介する。 文=宇佐和通 2019年にコロナ禍を予言していたインドの少年占星術師  世界レベルでもコロナ禍の先行きがまったく見えない中、『SEVERE DANGER TO THE WORLD FROM NOV 2019

26
統人行事のスサノオ=牛頭天王と陰陽呪術ライン/吉田悠軌・オカルト探偵

統人行事のスサノオ=牛頭天王と陰陽呪術ライン/吉田悠軌・オカルト探偵

秋田県に伝わるとびきりの奇祭、統人行事(とうにんぎょうじ)の牛乗り神事。祭りを取材した探偵の推理は、金沢の怪談現場にリンクする。 そこには封印された異形の神「牛頭天王(ごずてんのう)」の秘密があった!? (ムー 2019年1月号掲載) 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の写真は、牛乗り行列を追いかけながら撮影した一枚。 神話を再現? 東北に伝わる奇祭を取材  少し前になるが、とある神

16