マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#大阪市鶴見区

2022年 壬寅年・開運招福法/鶴見神社・花谷幸比古

例年、特別付録の開運招福符に御魂入れをしてくださる鶴見神社の花谷幸比古宮司に、今年もご神事をお願いした。その模様をお伝えするとともに、古神道の易学を修めた花谷宮司に、壬みずのえ寅とら年がどのような一年になるか、また、開運のためにどんなことをすればよいかについて話をうかがった。 監修=花谷幸比古 「壬寅年開運招福符」の御魂入れ神事 2021年11月2日、大阪市鶴見区の鶴見神社において、特別付録「壬寅年開運招福符」の御魂入れ神事が行われた。斎行してくださったのは、例年どおり花

スキ
14
有料
300

2021年・辛丑年開運招福法/鶴見神社・花谷幸比古

古神道白川流の易学を修めた花谷宮司に、2021年・辛丑(かのとうし)年がどのような一年になるかを予測していただき、開運のコツをうかがった。 監修=花谷幸比古 鶴見神社「ムー」毎年1月号の付録の祈祷をしていただいているのが、鶴見神社。「鶴見区」という名称の由来にもなった鶴見神社は、古来、厄除け・病気平癒・長寿を叶えるお社(やしろ)として信仰を集めている。  創祠は後白河院の時代(1158〜1179年)と伝わり、当代の花谷幸比古宮司は42代目に当たる。本殿のご祭神は、大山咋神

スキ
5
有料
300