マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#コスモアイル羽咋

シリウス星人に守られ、UFOを操縦していた!数理物理学者・保江邦夫/高野誠鮮

UFOや精神世界にも造詣の深い物理学者、保江邦夫氏を迎えて行われた今回の対談。 コスモアイル羽咋を舞台に話はどんどん膨らみついにはUFOの操縦方法と仏教の深い関係にまで!異彩を放つふたりだからこそ可能となったスピリチュアルの奥深い境地を覗いてみよう。 ◉高野誠鮮の地球維新◉ 文=宇佐和通 大学で初めて撮影したアンドロメダ星雲  本誌読者にはすっかりおなじみの高野誠鮮氏。今回の対談は、ノートルダム清心女子大学大学院の元教授である保江邦夫氏をコスモアイル羽咋に迎えて行われた

スキ
17

羽咋の人食い怪火! 未確認飛行妖怪「そうはちぼん」/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 今回は〝宇宙3部作〟の第一弾、「UFOのまち」に伝わる怪火の伝承から補遺々々します。 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 「UFOのまち」に天空より来たるあり 数年前に「UFOのまち」――石川県の羽咋(はくい)を訪れました。  駅前のオブジェ、建物の壁面、各商店の掲示物など、あちこちに見られる「空飛ぶ円盤」。もっとも目を引くのは、宇宙科学博物

スキ
17