ウェブマガジン ムーCLUB

タブー怪談「鮫島事件」と「田中河内介の最期」の謎/吉田悠軌・オカルト探偵

タブー怪談「鮫島事件」と「田中河内介の最期」の謎/吉田悠軌・オカルト探偵

ネット民のたわいない悪ふざけから発生した「鮫島事件」は、発信者の手を離れ独り歩きをはじめる。その先に浮かび上がったのは、語ってはならない禁忌として恐れられたあの怪談との奇妙な共通点だった――。 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。写真は映画『真・鮫島事件』永江二朗監督とツーショット! 永江監督との対談記事はこちら。 前編はこちら 語ってはならない話「田中河内介の最期」  2ちゃんねる黎明期の暗

10
メタ都市伝説「鮫島事件」の誕生と増幅/吉田悠軌・オカルト探偵

メタ都市伝説「鮫島事件」の誕生と増幅/吉田悠軌・オカルト探偵

伝説、怪談、怪奇事件……この世のあらゆる謎に迫る「オカルト探偵」が新装開店。リニューアル第1回は、伝説のネットロアとして語り継がれる「鮫島事件」の真相を追う。2020年の世界状況にもシンクロする、ネットが生んだ「語ってはならない話」とは? 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の近況写真は「鮫島事件」を追うスタイルにて。 ゼロ年代ネット伝説「鮫島事件」とは  ここ最近、日本のホラー映画界がまた

7
脅迫ゲーム「MOMO」と「姑獲鳥」像の呪い/吉田悠軌・オカルト探偵

脅迫ゲーム「MOMO」と「姑獲鳥」像の呪い/吉田悠軌・オカルト探偵

2018年、世界中の若者を恐怖の底に叩き込んだ「SNSの怪物」。 その出生には吉田が深く知る造形作家が関わっていた! オカルト探偵の周囲には、全世界から怪異が舞い込んでくるのだ。 (ムー2018年12月号掲載) 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の写真は、ヴァニラ画廊イベントにてモモ・チャレンジを説明する相蘇氏(左)と吉田(右)。 世界に拡散した恐怖の「モモ・チャレンジ」  ふと気づくと、

10
包帯怪人トンカラトンの増殖/吉田悠軌・怪談解題

包帯怪人トンカラトンの増殖/吉田悠軌・怪談解題

前号、オカルト探偵の調査によってみえてきたトンカラトン誕生前夜のようす。だがその先にはさらに大きな、怪談文化的バックグラウンドの広がりがあった。 恐怖の包帯怪人の根は、平成をはるかにさかのぼり、終戦直後にまで伸びていたのだ。 文=吉田悠軌 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の写真は「学校のコワイうわさ 花子さんがきた!!」第1巻とともに。 トンカラトンに先がける「恐怖の包帯男」たち 『学校のコワイうわさ 花

11
牛込の怪談と新宿地下洞窟の都市伝説/吉田悠軌・オカルト探偵

牛込の怪談と新宿地下洞窟の都市伝説/吉田悠軌・オカルト探偵

都心の一等地・新宿には、江戸時代あるいはさらに古くから連綿と継承される、数々の不思議な土地の記憶があった。 それは、地上のみならず地下にまで隠されていた。 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の一枚は新宿歴史博物館「幻想の新宿」展(取材時)入り口にて、怪猫とのツーショット。 新宿オカルトスポット「戸山公園」  2018年夏、新宿歴史博物館が「幻想の新宿」と題した所蔵資料展を行っていた(

14
トラウマ怪人トンカラトンの誕生/吉田悠軌・怪談解題

トラウマ怪人トンカラトンの誕生/吉田悠軌・怪談解題

平成初頭、日本じゅうの子どもたちを震え上がらせた包帯怪人「トンカラトン」。鮮烈なデビューから30年を経て今では都市伝説の定番にもなったが、その発祥は謎に包まれている。 今回、オカルト探偵は秘密のカギを握る人物に接触! 怪人誕生の歴史に迫った。 文=吉田悠軌 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の一枚は2020年9月15日に開催された「ムーミクサ」イベントでの一枚。 全身包帯に日本刀……謎の怪人トンカラトン  

10
英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

イギリスホラー映画から、日英の怪談的共通点を再認識した探偵。実は都内にも、英国オカルトの影響を濃密に感じることができる探偵イチオシの聖地が存在した! (ムー2018年8月号掲載) 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。ホラー映画の解説仕事も増えてきた筆者、今月の一枚は映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』のチラシとともに。 英国怪談映画から読み解く日英の不思議な共通点  先

5
京都西院・呪音の家/吉田悠軌・怪談解題

京都西院・呪音の家/吉田悠軌・怪談解題

四半世紀前に関西で起こった凄惨な殺人事件は、現場となったマンションも、犯人の潜伏した住宅も残される、いまだ生々しい出来事だ。事件に関連する京都西院を訪れた探偵は、古都の地下に眠る「水の記憶」を発掘した。 文・写真=吉田悠軌 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今月の一枚は京都・八坂神社で疫病退散を願ったところ。 ずっと聞こえていたおじさんの声 「吉田さん、お久しぶりです。京都に来られるとのこと、案内したい場所があ

18
上野・御徒町の“電電怪談”/吉田悠軌・怪談解題

上野・御徒町の“電電怪談”/吉田悠軌・怪談解題

この秋、ムー編集部は五反田から上野・御徒町の新オフィスへと移転する。 というわけで、今回は引っ越し直前記念として上野・御徒町の怪談を特集。 震災や幕末動乱期の影を色濃く残すこの地には、今もあの悲劇の一団にまつわる話が眠っている。 文・写真=吉田悠軌 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今月の一枚は御徒町のシンボル、アメ横看板前にて。 怪談 電話局にあらわれる血まみれの武士  御徒町の怪談といえば、NTT上野ビルを

14
禁足地「第六天の森」の怪談/吉田悠軌・怪談解題

禁足地「第六天の森」の怪談/吉田悠軌・怪談解題

無気味なビジョンが浮かぶ部屋、伐採すると祟られる木、凄惨な自殺のあった陸橋。立てつづけに集まった3つの怪談・事件に共通する、あるひとつの地名。それは単なる「偶然」なのだろうか。それとも……。 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。写真は、移転させられた大六天橋の大六天社前にて。 怪談一 新居の和室で浮かぶイメージ  5年前、真矢さんは娘の出産を機に、新宿区のとあるマンションに引っ越した。2LDKで12万円。地域相場にしては手ごろ

24