マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#保江邦夫

シリウス星人に守られ、UFOを操縦していた!数理物理学者・保江邦夫/高野誠鮮

UFOや精神世界にも造詣の深い物理学者、保江邦夫氏を迎えて行われた今回の対談。 コスモアイル羽咋を舞台に話はどんどん膨らみついにはUFOの操縦方法と仏教の深い関係にまで!異彩を放つふたりだからこそ可能となったスピリチュアルの奥深い境地を覗いてみよう。 ◉高野誠鮮の地球維新◉ 文=宇佐和通 大学で初めて撮影したアンドロメダ星雲  本誌読者にはすっかりおなじみの高野誠鮮氏。今回の対談は、ノートルダム清心女子大学大学院の元教授である保江邦夫氏をコスモアイル羽咋に迎えて行われた

スキ
17

霊的国家防衛と明治天皇すり替え説の真相に迫る! イエス・キリストと伯家神道「祝之神事」の秘儀伝授/中村友紀

日本の霊的防衛線を構築するために皇太子が「現人神(あらひとがみ)」となる秘儀があった。明治維新によって失われたこの秘儀を伝授され、次世代につなぐ使命を負った物理学者が、保江邦夫氏だ。 その過程で明らかになった日本をめぐる歴史は、イエス・キリストの時代にまで遡るまさに〝語られることのない〟日本史だった。 文=中村友紀 イラストレーション=坂之王道 *三上編集長による解説動画はこちら 序章 伯家神道に伝わる秘儀を伝授! 2012年3月のことだ。当時、岡山県の大学で教鞭をとっ

スキ
29
有料
500

レイチェル再訪で体験した「ミッシング・タイム」/保江邦夫・エリア51グラフィティー前編

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 今回は長い長い回想の特別編です。 文=保江邦夫 前回はこちら 初出=『BOUNDARY』誌1998年8月号 エリア51探訪記補完計画 私のUFO体験記も、はや丸1年になりました。前回までの段階で、

スキ
8

ロズウェルで目撃したUFO墜落の痕跡/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(5)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回はこちら 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ繰り出すことになる。  調査の中で、アメリカ大陸

スキ
13

ソコロUFO墜落現場と謎の駐屯地/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(4)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回はこちら 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ繰り出すことになる。  調査の中で、アメリカ大陸

スキ
7

保江邦夫先生の「宇宙学勉強会」で学ぶ超歴史&超宇宙のことわり/辛酸なめ子・魂活巡業

物理学者にしてUFO研究家、極秘の神事を授かって日本の超古代史の謎にも通じる保江邦夫先生に「宇宙学」を学びました。 文・漫画=辛酸なめ子 #魂活巡業 今回お邪魔したのは…保江邦夫(やすえ・くにお)/理論物理学者、冠光寺眞法家元、ノートルダム清心女子大学名誉教授。湯川秀樹博士から素領域理論を継承し、これを証明するyasue方程式を発見。UFOや死後の世界の解明にも取り組む。 きわどい情報を惜しげもなく披露「令和」を迎え、天皇陛下のお代替わりで、ますます盛り上がる保江邦夫先

スキ
14

古代のニューメキシコ州に飛来した異星人たち/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(3)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回はこちら 前回までのあらすじ  1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ繰り出すことになる。  ラスベガスの近くのブ

スキ
16

天空の神と人を結んだ”アナサジ”を追う!/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(2)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 前回までのあらすじ  1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はUFO調査の冒険へ

スキ
14

UFO墜落現場を結ぶヴォルテックス・ラインと異邦人アナサジの謎/保江邦夫・UFO墜落現場探検記(1)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はネバダ州ラスベガスの近くにある

スキ
15

アナサジの地下UFO遺跡と”スパニッシュ・シップ”証言/保江邦夫・エリア51探検記(6)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はネバダ州ラスベガスの近くにあるブルー・

スキ
14

”自由の砦”から秘密基地の全貌を目撃!/保江邦夫・エリア51探検記(5)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた国際会議での出会いをきっかけに、筆者一行はネバダ州ラスベガスの近くにあるブルー・ダイヤモンド・ヴォルテックスを訪れ、山腹に

スキ
2

UFOの町レイチェルとエリア51リサーチセンターへ!/保江邦夫・エリア51探検記(4)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 「バウンダリー」1997年10月号。 前回までのあらすじ 1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた量子重力と量子宇宙論に関する国際会議に出席した私と助手のマリーは、そこで知り合った

スキ
7
有料
300

アラモの立入禁止区域で目撃したUFOと追跡車の恐怖/保江邦夫・エリア51探検記(3)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
11

目指すはUFO墜落現場! ルート66の先の聖地へ強行視察/保江邦夫・エリア51探検記(2)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
11
有料
200