ウェブマガジン ムーCLUB

ペルシア湾に巨大海竜が棲息! 1936年に報じられていた水棲UMA事件/並木伸一郎・フォー…

デジタル化された1930年代の古新聞の記事が話題になっている。イランやイラクなどに囲まれたペルシア湾で、謎の巨大水棲獣が目撃されていたのだ。 広大な海には知られざる巨大生物が存在している――。 歴史の闇に埋もれた知られるUMA遭遇事件を公開。 文=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 〝再…

神話伝説のフェアリーの正体は未確認動物だった! 妖精=UMA論/南山宏・綺想科学論

ヨーロッパを中心に古来、神話や伝説に広く語り継がれる妖精。その目撃・遭遇譚は世界各地で科学技術全盛の現代においても枚挙にいとまがない。 そのため、現実の存在と確信する〝妖精実在〞論者も数多い。はたして妖精とは何なのか? 新種のUMAなのだろうか? 文=南山 宏 超自然的な生き物とし…

ソナーが巨大な影を捉えた! ネス湖には未知の巨大生物が存在する!!/並木伸一郎

ネス湖において現在も謎の巨大生物の目撃が相次いでいる。現在、2020年9月に水中ソナーに映った巨大生物のニュースが話題となっている。 はたして、ソナーが捉えた巨大生物はネッシーなのか? 文=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 水中ソナーにネッシーが映った!!  近年、科学技術が進み、ネス湖…

ヒバゴンみやげは実在する! 町おこしUMAとスキー場のファンシー奇跡/山下メロ・平成UM…

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 今回は目撃から50年を迎えた「ヒバゴン」をきっかけに、雪男や雪山のUMA?を紹介します。 文・写真=山下メロ…

古代エジプトの神獣サーポパードと恐竜オーパーツの謎/権藤正勝

古代、王権のシンボルとして描かれていた謎の怪物がいた。 ヘビのような長い首とネコ科の獣の体を持つ「サーポバード」だ。 この怪物の正体を追い求めていくとあのアフリカのUMAモケーレ・ムベンベに辿りついた! 文=権藤正勝 古代文明に見られる怪物サーポパード  世界最古の文明のひとつに数…

UFOか宇宙生物か!? ”かっと石”には手を出すな!/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 【そうはちぼん】に続く〝宇宙3部作〟の第二弾! 〝UFO感のある〟【かっと石】と黄金の鶏の伝承から補遺々々します。 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々

レアみやげ「コロポックル」と出会える砂川サービスエリアへ!/山下メロ・平成UMAみや…

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。前回の「妖精」につづいて、「コロポックル」の捕獲事例を紹介します。 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ

凶暴化する獣人ヨーウィの連続襲撃事件を追う!/並木伸一郎・フォーティアンFILE

不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回はオーストラリアの獣人UMAヨーウィの謎に迫る! はたして正体は、未知の化石人類なのか? シリーズ記事は「#フォーティアンFILE」にて! アボリジニに伝わる巨大獣人伝説  ヨーウィは北アメリカのビッグフットと同様に猿…

ツチノコ捜索を産んだ釣りブームと人気漫画/昭和こどもオカルト回顧録

昭和の時代、少年少女がどっぷり浸かった怪しげなあれこれを、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想する。 今回は珍しく大ネタの「ツチノコ」ブームの勃興と衰退を当時のこども目線で回想します。始まりは、釣り文化! 文=初見健一 子どもたちに愛されたUMA  流行しては消えていった70年代昭…

世界のグロブスター事件ーー深海からやってきた異形の漂着UMAたち/並木伸一郎

世界各地の海辺に打ち上げられる謎の死骸。ただの腐敗した既知の生物か、それとも未知の大型生物なのか。近年に発見された無気味な漂着UM=グロブスターを厳選紹介する。 文・資料=並木伸一郎 暴風雨後に打ち上げられた巨大な骨(スコットランド)  2020年2月9日、イギリスで発生した暴風キア…