ウェブマガジン ムーCLUB

「将門塚の祟り」は1976年起源だ!/吉田悠軌・オカルト探偵

江戸の総鎮守、東京の地霊、あるいは日本最大の「祟る神」。さまざまな呼び方で畏怖される古代の武将、平将門。東京大手町の将門塚はその首を供養した聖地、霊域として名高いが、「塚の祟り」が取り沙汰されるようになったのは意外に近年のことだった! 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌…

ダークマターと恐竜絶滅の謎 最新宇宙論が語る地球大激変の真実/水野寛之

地球に生命が誕生してから約38億年、数多くの生物種が出現したが、短期間のうちに大多数の種が姿を消す「大量絶滅」が何度も発生している。 これまでは、天体の衝突による地球環境の変化が大量絶滅を引き起こしたと考えられてきたが、最新の研究で、さらに宇宙規模の原因があったとする新たな仮説が登…

新たな「虚舟事件」の古画を発見‼ コンパニヤの合字と地名・舎利に新情報/鹿角崇彦

江戸の一大ミステリー「虚舟(うつろぶね)事件」。フィクション説も根強かったが、研究により漂着地が茨城県の舎利浜(しゃりはま)であることが判明。今回、その説を補強する未確認史料の存在が明らかになった! 文=鹿角崇彦 『新古雑記』の記述 江戸時代、常陸国の海岸に奇妙な舟が流れ着き、な…

混乱の中の支援に期待しよう/エミール・シェラザードの西洋占星術2021年5月8日〜6月8日

エミール・シェラザード  ルネ・ヴァン・ダール・ワタナベ氏に師事し、1970年代より西洋占星術の研究をはじめる。のちに台湾の黄啓霖にも師事し、奇門遁甲術などを習得。50年にわたるキャリアを持ち、執筆、講演、教育、カウンセリングなど幅広い分野で活躍。中華民国星相学会「永久名誉会員」…

”UFOディスクロージャー”ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!/ジョン・デソーザ&高野誠鮮 著この世界の裏の真実、隠匿された秘密情報、説得力あふれる暴露話のオンパレード ヴ…

ムー2021年6月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  今月の総力特集は「イエス・キリストと伯家神道『祝之神事』の秘儀伝授」。  日本的なイメージの錦鯉を、初期キリスト教徒が隠れシンボルとして使っていたイクトゥスに見立て、三匹を組み合わせて三…

霊的国家防衛と明治天皇すり替え説の真相に迫る! イエス・キリストと伯家神道「祝之神…

日本の霊的防衛線を構築するために皇太子が「現人神(あらひとがみ)」となる秘儀があった。明治維新によって失われたこの秘儀を伝授され、次世代につなぐ使命を負った物理学者が、保江邦夫氏だ。 その過程で明らかになった日本をめぐる歴史は、イエス・キリストの時代にまで遡るまさに〝語られること…

500

「落ち着きのない子供をどう育てるか」ーー教育方針に悩むあなたへ グランジュルノルマ…

日本唯一のグランジュルノルマン解説を手掛ける赤魔導士Bijou氏が、あなたの悩みに答えます。人生の場面で出会う困りごと、何度もぶちあがる悩みごと……ひとりで考え込まずに、カードが示す物語からヒントを読み取っていきましょう。 今回のお悩みは「落ち着きのない子供への教育方針」です。 ―― そ…

古城が湛える死者と生者の怨念「バイオハザード ヴィレッジ」/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 『バイオハザード ヴィレッジ』 世界が注目するホラー大作  5月8日発売の『バイオハザード ヴィレッジ』は、世界累計1億本を超…

「屁」で幸福を得る爺と、災いを得る隣の爺/黒史郎・妖怪補遺々々

前回に続き〝妖怪放屁放屁〟3部作の第2弾! 鳥を呑んだ爺さんと隣の爺さんの物語と、21の類話を怒涛の如く補遺々々します。 ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺