ウェブマガジン ムーCLUB

スリランカの”エイリアン・マウンテン”で発見されたバインドルーンの謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

スリランカの”エイリアン・マウンテン”で発見されたバインドルーンの謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、スリランカのUFOスポット”エイリアン・マウンテン”で発見されたルーン文字について。古代に宇宙とつながりをもっていた文明の痕跡なのか…? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 失われた天文学進法と謎のルーン  スリランカ・ポロンナルワ地区の聖地「ダニガラ山(Mount Danigala)」で、推定紀元前4500-5000年前のものと思われるペトログリフが発見された。  発見されたのは長さ7.5m、高さ5m程の洞窟

7
UFO事件の被害者を救済する催眠療法士ミーシャ・ジョンストン/エリコ・ロウ

UFO事件の被害者を救済する催眠療法士ミーシャ・ジョンストン/エリコ・ロウ

アメリカ、ネバダ州に住むミーシャ・ジョンストンは、アブダクション体験者やスターシード(異星人の生まれ変わり)のトラウマ解消を専門とする催眠療法士だ。1万人が集まるサポートグループや、UFO観測ツアーの主催者でもある彼女が、自分自身に起きた驚愕の体験を語る! 文=エリコ・ロウ 関連記事「ヴィタリー・サハロフ」はこちら MKウルトラ計画の被験者  アブダクションといえば異星人による誘拐と思われがちだが、実際には、政府関係者が異星人を装って民間人を拉致するMILAB(ミリタ

12
タコは地球外生命体だった!? ゲノム解析でわかった頭足類のルーツ/権藤正勝

タコは地球外生命体だった!? ゲノム解析でわかった頭足類のルーツ/権藤正勝

サッカーの勝敗を占うタコが話題になったのも記憶に新しいが、「実はタコは賢い」という事実が多面的に明らかになってきた。その賢さはどこからきているのか? 最新のゲノム解析で驚くべき可能性が導きだされた。ーーなんと、タコが宇宙由来の生物かもしれないというのだ! 文=権藤正勝 カンブリア大爆発で出現したタコの祖先 「タコは宇宙から飛来した生物かもしれない」  2018年5月、この驚きの学説を学術誌「Progress in Biophysics and Molecular Bi

22
超能力者・秋山眞人のUFO遭遇体験と”思念でUFOを呼ぶ”実践レッスン/秋山眞人

超能力者・秋山眞人のUFO遭遇体験と”思念でUFOを呼ぶ”実践レッスン/秋山眞人

UFOを見たいと願う人、必読! UFOコンタクティにして超能力者の秋山眞人氏による、UFOを呼ぶ実践的手法を紹介する。UFOは怖ろしい存在ではなく、遭遇すれば極上の幸福感を得られるというーー。 文=秋山眞人 UFOはテレパシーに応える  1958年、アメリカのレイ&レクス・スタンフォードという双子の兄弟が、著書『ルック・アップ』で”テレパシーによってUFOが呼べる”ことを世界で最初に取り上げた。彼らは、いわゆるニューエイジ系コンタクティの先駆けである。  この本によると

18
UFOの町レイチェルとエリア51リサーチセンターへ!/保江邦夫・エリア51探検記(4)

UFOの町レイチェルとエリア51リサーチセンターへ!/保江邦夫・エリア51探検記(4)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。20余年前に材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」がここに復活! 文=保江邦夫 「バウンダリー」1997年10月号。 前回までのあらすじ  1994年4月アリゾナ州セドナで開かれた量子重力と量子宇宙論に関する国際会議に出席した私と助手のマリーは、そこで知り合

8
300
長頭人で読み解く! 世界の「天空神」信仰と古代異星人の謎/南山宏

長頭人で読み解く! 世界の「天空神」信仰と古代異星人の謎/南山宏

古代より語り継がれる神話や伝承の多くには、われわれの祖先に文明をもたらした"天から降臨した神々"の存在が語られている。そして不思議なことに、"神々"の姿にはある共通項ーー長頭人ーーがみられるのだ。この謎を紐解けば、世界中で異様な頭蓋骨のミイラが見つかる理由と、さらに神々の正体までもが見えてくる。 文=南山 宏 世界各地で伝承される「天空神」の姿  いかなる民族や国家の言語であれ、“神話”という言葉に接すると、われわれ現代人はだれもが、ほとんど固定概念のようにこう決めつけ

7
200
アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

稀代のUFOコンタクティーとして世界に名を残している、ジョージ・アダムスキー。彼が残したUFO写真は常に、捏造説と背中合わせだった。 ーーところが、近年になって写真を新たに解析した結果、そこには、金星人の姿と、空飛ぶ円盤が確認できたのだ! 衝撃の写真が撮影されたその日、現場ではいったい何が起こっていたのか? アダムスキー本人はもちろん、そこに参加した人物の証言も含め、事件の全貌を改めて検証する。 文=宇佐和通 アダムスキーによる500枚を超える写真  UFOという言葉か

14
200
「聴くUFO」特集 未確認飛行物体に関連する超常ミュージック10選/秋月朗芳

「聴くUFO」特集 未確認飛行物体に関連する超常ミュージック10選/秋月朗芳

「UFO」を巡るスタンスは、信じるか疑うか、考えるか笑うか、受容するか無視するかの二択ではない。UFOは宇宙空間や地底、国家陰謀の中だけでなく、大衆文化にも入り込んで生きている。 「UFO手帖」編集長の秋月朗芳氏が、視聴覚で体験できるUFOーー「UFO音楽」の世界を案内する。 文=秋月朗芳 編集=高橋聖貴 これらの楽曲は実在するーーUFO音楽10選 「UFO」は、20世紀最大の謎のまま21世紀を迎えた。空飛ぶ円盤が生まれた日、つまり1947年6月24日に実業家のケネス・

8
200