ウェブマガジン ムーCLUB

プーチンが極秘に南極へ移送!? 禁断の聖遺物「ガブリエル・アーク」の謎/遠野そら

プーチンが極秘に南極へ移送!? 禁断の聖遺物「ガブリエル・アーク」の謎/遠野そら

崩壊した聖なるマスジド・ハラームから〝発見〟された「ガブリエル・アーク」。モーセのアークにも匹敵する力を秘めたこの聖遺物は、はたして何を目的に創られたのか? そしてふたつのアークがもたらす世界の終末とは? 文=遠野そら イラストレーション=坂之王道 三上編集長による解説動画はこちら パート1 聖なる神殿から現れたガブリエル・アーク  2015年12月、ロシア国防省(MOD)によって作成されたと思われる報告書の内容が流出した。  コードネーム「緊要宗教軍(critical

20
イエティに扮していた男の衝撃告白! それでもロシアの洞窟獣人は実在する!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

イエティに扮していた男の衝撃告白! それでもロシアの洞窟獣人は実在する!?/遠野そら・MYSTERYPRESS

ロシアのシェレゲシュはイエティ目撃の多発地帯として知られるが、それは「着ぐるみ」によるものだった!? 衝撃の告白と、なおも多くの物証が発見されているアザスカヤ洞窟の謎から、未確認動物の”保護”政策もうかがえる。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS イエティ・フェスティバル「私は獣人UMA・イエティに扮して町おこしを行っていた」と、ロシアの元ケメロヴォ州知事アマン・トゥレーエフ氏が暴露した。  イエティ、ビッグフット、ヨーウィ、雪男…。  全身を体毛で覆われ2足歩行

11
ディアトロフ峠事件は雪崩事故? 放射性物質と発光体の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

ディアトロフ峠事件は雪崩事故? 放射性物質と発光体の謎/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は世界的にも有名なミステリー「ディアトロフ事件」について。雪崩が原因とする研究が発表されたが、はたして…? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 死の山で起きた集団怪死事件  1959年2月。極寒のロシア・ウラル山脈で雪山登山をしていた学生ら男女9人が謎の死を遂げた。テントは内側から切り裂かれ、メンバー全員が無残な遺体となって発見されたこの事件は「ディアトロフ峠事件」と呼ばれ、60年以上が経った今でも様々な説が囁かれ

8
デジタル・パンデミックと米中露サイバー闘争の脅威/宇佐和通

デジタル・パンデミックと米中露サイバー闘争の脅威/宇佐和通

今突然、インターネットが使えなくなったら? メールやSNS、ウェブサイトの利用はおろか、行政や医療などの社会インフラも停止を余儀なくされるだろう。 昨年末のGoogleのネットワークダウンをきっかけに身に迫った世界の脆弱さを、国際政治の脅威として読む。 文=宇佐和通 Googleのダウンとペンタゴンの緊急シャットダウン  日本時間2020年12月14日、21時頃の話。いきなり冷水を浴びせかけられたような感覚に襲われる人たちが世界中にいたにちがいない。Googleのネット

7
ロシア激震!? ノストラダムスとババ・ヴァンガの「2021年破滅」予言の発信源/遠野そら・MYSTERYPRESS

ロシア激震!? ノストラダムスとババ・ヴァンガの「2021年破滅」予言の発信源/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、2021年についての「予言」をご紹介。かの大予言者ノストラダムスとババ・ヴァンガは2021年をこのように言い残していた! 文=遠野そら #MYSTERYPRESS ノストラダムスが予言した2021年の「壊滅的な惨事」  新たな年を迎え1か月余りが過ぎた。2020年の大混乱を引きずって例年とは違う新年を迎えた2021年だが……フランスの予言者「ノストラダムス」とブルガリアの盲目の予言者「ババ・ヴァンガ」にはどのような未

15
宇宙主義思想とUFO遭遇記録 古代の宇宙人:ロシアの極秘ファイル/ヒストリーチャンネルレビュー

宇宙主義思想とUFO遭遇記録 古代の宇宙人:ロシアの極秘ファイル/ヒストリーチャンネルレビュー

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

12
ロシアのUFO墜落ケース「ダリネゴルスク事件」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

ロシアのUFO墜落ケース「ダリネゴルスク事件」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象など、世界の謎に並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回は、知られざるUFO大国ロシアで起こった「ダリネゴルスクUFO墜落事件」を詳細に検証していく。 アメリカに次ぐUFO大国「ロシア」  UFO目撃事例が最も多いのはアメリカであることは周知の通りだが、冷戦時代に米国と対立したロシア(旧ソ連)にもUFOホットスポットは数多く存在する。  たとえばペルミ地方には「モリョプカ・トライアングル」と呼ばれる多発地帯がある。19世紀初頭に地元の教会の神父が正体不明の

9
北米のビッグフット、豪州のヨーウィ…環境激変と獣人UMA活性化の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

北米のビッグフット、豪州のヨーウィ…環境激変と獣人UMA活性化の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象など、世界に蔓延る超常現象を、並木伸一郎が鋭く切り込む。今回は、ここ数年、世界規模で多発する獣人UMA活発化の原因とその正体について迫る。 北米全域に現れるビッグフット  北米大陸で目撃が続く獣人UMA「ビッグフット」。1810年、オレゴン州ダレス付近を流れるコロンビア川沿いで約43センチの巨大な足跡が目撃されて以来、これまでに報告された事例は約3000件。膨大な目撃情報、写真や映像、物的証拠が獲得されており、実在の可能性が高いとみなされているUM

6
100