マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#開運

軍事も気象も大荒れの予感/LOVE ME DOのミラクル大予言

ヨーロッパで軍事的な動きが!?世界的な悪天候と不作の暗示も1月号でお伝えしましたが、2022年に注目すべき数字は5と9。このふたつがそろう5月9日前後は、星の動きも活発です。9日は上弦の月、10日水星が逆行を開始、そして11日には木星が魚座から牡羊座へ。この影響を受けて9〜13日は、社会的な変化や通信機器のトラブルが発生しやすいでしょう。  著名人の結婚・離婚・熱愛が報道されそうな気配もありますが、地震や噴火、北朝鮮のミサイルなどにも注意すべきです。

スキ
16
有料
200

隠された問題が噴出する!?/エミール・シェラザードの西洋占星術2022年5月9日〜6月8日

◆ 5月の社会情勢 ◆5月11日、天空では大きな動きが見られます。大吉星の木星が牡羊座へ移動し、水星が逆行を開始。そして16日には蠍座で満月。一連の動きを受けて、これまで隠れていた問題が一気に噴出し、もう引き返せない状況を迎えそうです。 牡羊座と蠍座の支配星であり、原始的かつ戦闘的なパワーを持つ火星は、この時期、エネルギーを爆発させるトリガー的な役割を果たします。そのため、よくも悪くも世の中のムードが荒々しさと活気を増していくでしょう。蠍座には「報復」という特性もあるため、だ

スキ
12
有料
200

自然破壊への問題視と西欧を見舞う”大きな困難”/LOVE ME DOのミラクル大予言

 2022年4月の干支は甲辰です。甲は木を、辰は大地を表しますから、森林、大気汚染、C O2、自然破壊をめぐる問題が浮上しやすいでしょう。また、甲は色でいうと青や緑なので、青森県が注目を浴びる可能性も。この傾向は、5月20日まで継続します。  九星で見ると九紫火星で、火のエネルギーが強くなります。甲との組みあわせからロケットやミサイルのイメージが想起されるので、軍需産業が拡大するでしょう。方位としては日本から見て北西、つまりヨーロッパが大きな困難に見まわれます。これは、ウク

スキ
11
有料
200

3月18日に自己犠牲のエネルギーが高まる!/エミール・シェラザードの西洋占星術2022年3月9日〜4月8日

◆ 3月の社会情勢 ◆ 今期は、魚座に太陽、水星、木星、海王星が集結するのに加え、金星と火星がネットワークを活性化させます。弱い人に手を差し伸べるという、博愛や救済のイメージが浮かびあがる星の配置です。3月18日、乙女座の満月は、自分より他者を優先する自己犠牲的なエネルギーを感じさせます。SOSを発信する人に、慰めや癒しを手軽に提供する風潮が漂う一方で、依存的な傾向を助長することが懸念されます。  満月を過ぎると春分の日がやってきます。西洋占星術の世界では新年のスタート。新型

スキ
14

芸人の島田秀平夫妻を神々が祝福! 「木の花オーブ」の奇跡/古川順弘

お笑い芸人・島田秀平さんがパワースポットで撮影した写真に謎のオーブ(霊光)が映っていた。 さて、その正体とは── ◉スピリチュアル・レポート◉ 文=古川順弘 パワースポット珠洲岬での奇跡「神様って、いらっしゃるんだ──。つくづくそう思いましたよ」 そう感慨深げに語るのは、本誌「ムー」の読者にはおなじみ、お笑い芸人・島田秀平さんだ。  事の次第はこうだ。 昨年10月10日、島田さんは夫人と一緒に能の登と半島の突端にある珠洲岬へ旅行に出かけた。珠洲岬は近年、富士山、長野県の

スキ
11
有料
200

占い師Love Me Do が指南!成功と幸せを運ぶ「守護龍開運法」

「人はだれしも、ひとりではありません。龍と一体となって人生を切り開いていくことで、幸せや成功がつかめるのです」 と、占い師Love Me Do氏は語る。 私たちの中にいる龍は全部で10体。その存在に気づき、エネルギーを使いこなすことが大切だと、同氏はいう。本稿では、そのための具体的な方法を指南していただく。 文=Love Me Do イラスト=郭 法明 守護龍のエネルギーを活用すれば人生はみるみる好転していく!鑑定ルームに龍が出現した!  龍の存在は、古今東西の神話や伝

スキ
16
有料
100

トリプル壬寅の2月18日に衝撃的な事件が!?/Love Me Doのミラクル大予言

「ムー」2022年3月号の発売期間中、最も注目すべき日は2月18日です。この日は壬寅の年、壬寅の月、壬寅の日。壬寅が3つ重なるため、象意が非常に強くなります。加えて、前日の17日はちょうど満月。その力とあいまって、衝撃的な出来事が起こりやすいのです。  この日を中心とする前後2日間、16〜20日のニュースに注意してください。壬が大河を表すことから、水害が発生するか、大河にかかる橋の付近で大事件が起こるとも解釈できます。あるいは、今までの流れを大きく変えるような社会的な出来事

スキ
17
有料
200

「お金」が降り、豊かさに向き合う2月!/エミール・シェラザードの西洋占星術2022年2月9日〜3月8日

◆ 2月の社会情勢 ◆ 今期、天空から降ってくるテーマは「お金」。山羊座に集まる金星・火星・冥王星が、牡牛座の天王星と好角度。努力した分だけ、報酬を手にできる配置です。2月17日、満月のこの日には、金星・火星をはじめとする5つの惑星が金融と不動産を象徴するハウスに集中します。昨年末からの給付金が完了する一方で、新たな支援制度が浮上して議論が起こります。空き家バンクや貸しオフィスが増える暗示も。吉星である木星が「移動」を支援するので、物流プロセスの効率化に向けた企業連合のサービ

スキ
12

2022年特別企画! 世界を動かすマスターナンバー「22」の神秘/ヘイズ中村

「2」並びの年、2022年。「数」が備えるパワーのなかでも、「22」は強力なマスターナンバーである。現代の魔女・ヘイズ中村が、「22」の魔術的な一面と活用法を解説する。 文=ヘイズ中村 2022年にマスターナンバー「22」を考える 2022年になってもうすぐ1か月が過ぎようとしている。  今年は2022・2・22という珍しいゾロ目の日もあることで、さまざまな日時スタンプマニアには、垂涎の時でもあるようだ。  とはいえ考えてみれば、単なる数にラッキーナンバーだとか忌み数だ

スキ
24
有料
220

宝くじが当たる”開運寺”と評判! 長福寿寺の住職が指南する「お金さま」に愛される衣・食・住・心 

文=今井長秀(桓武天皇勅願寺 長福寿寺 第56世住職) 千葉県長生郡長南町の長福寿寺は、参拝すると宝くじが当たる、金運がよくなる、願いかかなうと大評判の寺院だ。 それが夢物語ではない証拠に、長福寿寺には、「宝くじが当たった」「貯金が目標金額を超えた」というお礼の手紙が、全国から山ほど舞い込んでいる。 今回は、長福寿寺を日本一の開運寺に育てあげた今井長秀住職に、「金運爆上げ」の秘訣を指南していただく。 「お金さま」に愛される人の衣・食・住・心をまねよ!経営者への道と僧侶への

スキ
19
有料
300

エミール・シェラザードの西洋占星術2022年1月9日〜2月8日

◆ 1月の社会情勢 ◆ 輝きを増す星々が夜空に映える中、水瓶座を進行中の水星は逆行して山羊座へ入り、逆行していた金星は順行に転じるなど、せわしない動きが見られます。落とし物を取りに戻ったものの、もう必要がない。そんなタイミングのズレが生じそう。  でも、後で辻褄が合うように天が計らっていますからご安心を。大きなトピックは1月18日、蟹座の満月。この日は山羊座の太陽に冥王星が重なり、権力闘争が暗示されています。隠ぺいされていた情報が明るみに出るなど、従来のやり方を根本的に変更せ

スキ
13

2022年 壬寅年・開運招福法/鶴見神社・花谷幸比古

例年、特別付録の開運招福符に御魂入れをしてくださる鶴見神社の花谷幸比古宮司に、今年もご神事をお願いした。その模様をお伝えするとともに、古神道の易学を修めた花谷宮司に、壬みずのえ寅とら年がどのような一年になるか、また、開運のためにどんなことをすればよいかについて話をうかがった。 監修=花谷幸比古 「壬寅年開運招福符」の御魂入れ神事 2021年11月2日、大阪市鶴見区の鶴見神社において、特別付録「壬寅年開運招福符」の御魂入れ神事が行われた。斎行してくださったのは、例年どおり花

スキ
14
有料
300

2021年末ネット障害と残高0危機!?/Love Me Doのミラクル大予言

年末に天王星と土星が90度を形成! 最悪の場合は通帳の残高が消える!? 占星術の視点から2022年を見ると、膨脹や発展を司る木星が、魚座と牡羊座を3回行き来することが特徴的です。  魚座は自己犠牲や癒しの星座ですが、二面性があり、見えない部分での動きが多いといわれます。その意味では、エコや優しさを前面に打ちだす人物やイベントなどは、裏に何かがあると見たほうがよいでしょう。  一方の牡羊座は戦いの星座なので、軍隊や軍需産業が力を持つでしょう。ただ、これは2023年への布石で、

スキ
9
有料
200

12月29日に「吉星」が動く!/エミール・シェラザード・西洋占星術2021年12月9日〜2022年1 月7日

◆ 12月の社会情勢 ◆ コロナとワクチンの話題で明け暮れた2021年も、いよいよ終盤に差しかかりました。12月29日には吉星である木星が水瓶座から魚座へと移動し、まるで2022年に向けてスイッチが切り替わるかのよう。突然、状況が変わるわけではありませんが、心理的には緊張感がほどけてリラックスできそう。  しかし、同時に土星と天王星がシビアな角度を形成。クリスマスごろから大晦日までは油断できません。土星と天王星がもたらすのは「抑圧vs自由」という構図。これは2021年を通じた

スキ
6