ウェブマガジン ムーCLUB

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集

1975年、夕闇迫る山梨県甲府市で、ふたりの少年がUFOを目撃した。後に「甲府事件」と称されることとなったこの出来事が、最近の驚愕発見によって、新たな展開を見せようとしている。 その新発見がもたらす事実と、世界中で目撃されるアダムスキー型UFOの正体が、ナチスの秘密兵器ハウニヴーであることを知るとき、日本に隠されたアルデバラン星人の秘密基地の存在が明らかになる! 文=並木伸一郎 甲府UFO事件と放射性物質  2016年11月20日午後、大阪「阿倍野市民学習センター」にて

17
500
アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

アダムスキー写真の画像解析で「金星人」と「UFO」を発見! コンタクティ伝説の復活と再検証へ/宇佐和通

稀代のUFOコンタクティーとして世界に名を残している、ジョージ・アダムスキー。彼が残したUFO写真は常に、捏造説と背中合わせだった。 ーーところが、近年になって写真を新たに解析した結果、そこには、金星人の姿と、空飛ぶ円盤が確認できたのだ! 衝撃の写真が撮影されたその日、現場ではいったい何が起こっていたのか? アダムスキー本人はもちろん、そこに参加した人物の証言も含め、事件の全貌を改めて検証する。 文=宇佐和通 アダムスキーによる500枚を超える写真  UFOという言葉か

13
200