ウェブマガジン ムーCLUB

”UFOディスクロージャー”ほか7選/ムー民のためのブックガイド

”UFOディスクロージャー”ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!/ジョン・デソーザ&高野誠鮮 著この世界の裏の真実、隠匿された秘密情報、説得力あふれる暴露話のオンパレード ヴォイス/1760円(税込)  ともに特異な経歴を持つふたりの著者による、驚愕の対談本。著者のひとりである高野誠鮮氏は、科学ジャーナリスト、UFO番組の構成などを手がけた後に公務員となり、UFO

スキ
16
デジタル・パンデミックと米中露サイバー闘争の脅威/宇佐和通

デジタル・パンデミックと米中露サイバー闘争の脅威/宇佐和通

今突然、インターネットが使えなくなったら? メールやSNS、ウェブサイトの利用はおろか、行政や医療などの社会インフラも停止を余儀なくされるだろう。 昨年末のGoogleのネットワークダウンをきっかけに身に迫った世界の脆弱さを、国際政治の脅威として読む。 文=宇佐和通 Googleのダウンとペンタゴンの緊急シャットダウン  日本時間2020年12月14日、21時頃の話。いきなり冷水を浴びせかけられたような感覚に襲われる人たちが世界中にいたにちがいない。Googleのネット

スキ
7
中国郵政なるところから届く謎の種子/遠野そら・MYSTERY PRESS

中国郵政なるところから届く謎の種子/遠野そら・MYSTERY PRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、先日に話題となった「中国から謎の種が届く」問題を振り返る。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 中国から届く”種”  ある日、中国郵政と書かれた郵便物が届き、中を開けると謎の種子が入っていたーー。  今夏、身に覚えのない種子が個人宛に届く、という事例が相次いだのは記憶に新しいだろう。到着が確認されたのは、アメリカを始めカナダ、イギリス、オーストラリアや日本など。特に、アメリカでは多くの州で種子の到着が確認され

スキ
12
中国人民解放軍の黙示録大預言! ノストラダムスが予言した「東洋人の大軍隊」/吉田親司

中国人民解放軍の黙示録大預言! ノストラダムスが予言した「東洋人の大軍隊」/吉田親司

いまや世界第2位の経済大国となった中国は、軍事拡張に邁進する覇権主義国家である。周辺国との緊張や軋轢はアジアのみならず、西方=中東地域へも拡がっている。その軍事力の中核・人民解放軍の実相に迫ったとき、「ヨハネの黙示録」、そしてノストラダムスの予言との無気味な符合が浮かびあがる……。 文=吉田親司 現代に甦る“ヨハネ黙示録” 「……獣の像に息を吹き込み、それが喋れるようにさえし、また獣の像を拝まぬ者は全員殺させた。また、小さき者にも大いなる者にも、富者にも貧者にも、自由人

スキ
7
パンチェン・ラマ11世ーーチベット独立の鍵を握る奇跡の転生者/本田不二雄

パンチェン・ラマ11世ーーチベット独立の鍵を握る奇跡の転生者/本田不二雄

"世界最年少の政治犯" が、25年も不当に拘束されつづけ、その消息のいっさいが明らかにされていないという。 その人の名はゲンドゥン・チューキ・ニマ。 ダライ・ラマが認定したパンチェン・ラマ11世である。 この、チベット最高位の聖職者をめぐる一大事件の背後には、先代パンチェン・ラマの激動にして数奇な運命が深くかかわり、その生まれ変わり(転生者、化身)を捜すという神秘的慣習をめぐって中国とチベットの熾烈な政治闘争が繰り広げられていた。 2020年はその節目の年を迎える。だから今、

スキ
7