ウェブマガジン ムーCLUB

+11

「動く密室」の扉は異世界へとつながるーーエレベーターの怪異譚

エレベーターを舞台に、多くの怪談が生まれている。海外、日本、そしてネットの怪異譚をひもとき、なぜそこでそうした物語が生まれるのか、考察してみたい。 文=朝里 樹 イラスト=Sean Fonda エレベーターの中で怪異が起きる  エレベーター。  現在、商業施設でも住居でも公共施設でも、ある程度の大きな建物であれば普遍的に見ることができる機械だ。  日常的に使っている人も多いと思われるが、この機械で動く密室を舞台にして、多くの怪異譚が生まれおり、その数は日々増え続けている。

スキ
10
+9

杉沢村の謎 「地図から消された村」を語り継ぐ怪奇譚のリアル/朝里樹

かつて青森の山中にあり、地図や県の公文書から抹消されたと噂される杉沢村。津山事件や『八つ墓村』がもとになった都市伝説といわれるが、ネットでは、杉沢村が実在した証拠とされるキーワードもささやかれている。 杉沢村伝説にはただの噂、物語で片づけられない、一縷の真実が隠されているのではないか。 文=朝里 樹 イラスト=Sean Fonda 地図から消えたどころか新たに加わった村  青森県には地図から消された村にまつわる都市伝説がある。同県のある山奥には古ぼけた鳥居があり、その鳥居

スキ
17

この世に存在しない異界駅「きさらぎ駅」と現代の神隠し/朝里樹

17年前にネットの住人をざわつかせた都市伝説「きさらぎ駅」が、いま、メディアで再び脚光を浴びている。怪奇愛好家の朝里樹氏がその魅力を考察した! 文=朝里 樹 イラスト=Saen Fonda 日常に潜んでいた異界への入り口 インターネット上で語られる都市伝説、きさらぎ駅。1990年代後半、一般家庭にパソコンが普及し、多くの人々がインターネットを通して距離や年齢を問わずに交流できるようになった時代、このインターネット上でも多くの都市伝説が生まれ、語り継がれるようになった。  

スキ
18