ウェブマガジン ムーCLUB

イギリスの刑務所で続発したUFO目撃と謎の雨/遠野そら・MYSTERYPRESS

イギリスの刑務所で続発したUFO目撃と謎の雨/遠野そら・MYSTERYPRESS

イギリスの刑務所で「UFOの目撃」が相次いだ。そしてなぜか、UFO出現の後には「謎の雨」が降ってきたという……。一連の出来事に関連はあるのか? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS ムショにUFO 2021年6月。イギリス国内の刑務所で読まれている雑誌『inside time』の読者投稿欄にある奇妙な記事が掲載された。  それはイギリス南部のドーセット・ポートランド島にあるヴェルヌ刑務所(Her Majesty's Prison the Verne)の受刑者からで、刑

スキ
7
戦艦USSウィスコンシンと巨大円盤形物体が交戦! アメリカ海軍とUFOの知られざる秘密戦争/南山宏
+26

戦艦USSウィスコンシンと巨大円盤形物体が交戦! アメリカ海軍とUFOの知られざる秘密戦争/南山宏

米海軍とUFOとの関わりは70年以上に及ぶ。そのほとんどは、今年6月、米国防総省が発表した3本のUFO映像が物語るように、"未知との遭遇"においては監視、調査、追跡が主体的な態度だ。 だが、秘められた歴史の間には、米海軍がUFOに攻撃をするというにわかに信じがたい驚愕の事件があった! 文=南山 宏 イラストレーション=坂之王道 P A R T 1 ペンタゴンがついに認めた!機密解除された3つのUFO映像 ロズウェル──  といえば、UFOについて多少なりとも関心がある人な

スキ
9
27年前ジンバブエの学校でUFO着陸事件が発生していた‼/山口直樹
+5

27年前ジンバブエの学校でUFO着陸事件が発生していた‼/山口直樹

UFO情報が熱い今、27年前にジンバブエで起きた事件が注目を集めている。白昼堂々、小学校の近くにUFOが飛来し、異星人が姿を現したという。はたして、異星人たちの目的とは?接触した子供の証言から真実が明かされる。 文=山口直樹 学校近くの林に円盤が着陸し、ふたりの異星人が出現!! 小学校の校庭。右手奥の林にUFOが着陸したという。  今から27年前の1994年9月16日、アフリカ南部のジンバブエで衝撃的なUFO事件が発生した。首都ハラレ近郊の静かな町、ルワにあるアリエル

スキ
11
アメリカ軍が接触する銀河連合の所在についてなど/南山宏のちょっと不思議な話

アメリカ軍が接触する銀河連合の所在についてなど/南山宏のちょっと不思議な話

宇宙外交戦 「アメリカ軍部の首脳陣は、宇宙の諸国民が加盟する〝銀河連合〟と、極秘裏に接触している!」  昨年12月、イスラエルの「エルサレム・ポスト」紙は、イスラエル国軍のハイム・エシェド退役将軍によるトンデモ主張を、どこまでも大真面目な顔で報道した。  ただ、同紙は記事の末尾に、こうつけ加えるのを忘れなかった。「本紙は〝銀河連合〟にコメントを求めようと最大限努力したが、遺憾ながら連絡がつかなかった」 骸骨の湖  インド最北部の標高5000メートル近いヒマラヤ山中にあるウッ

スキ
20
中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話

中国のUFOはUACという話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2021年10月号、第450回目の内容です。 文=南山宏 #ちょっと不思議な話 集団電気  デンキウナギはいつも必ず集団で行動し、数匹以上がそれぞれ860ボルト以上の電流を、タイミングを合わせて一斉に放電して獲物を感電死させることが、このほどブラジルの生物学者グループの研究によって突き止められた。  これまでは、いつも単独で獲物を襲うと考えられていた。 超高価マスク  世界一高価な新型コロナ対策用マ

スキ
11
虚舟は超古代アトランティスの宇宙船だった! 天空の城「浮揚大陸マゴニア」の謎/嵩夜ゆう
+55

虚舟は超古代アトランティスの宇宙船だった! 天空の城「浮揚大陸マゴニア」の謎/嵩夜ゆう

ヨーロッパ各地に残る飛行船伝説と、その発進基地だという浮揚大陸マゴニア。 天空に浮かぶこの巨大な城の真実は、だれもが知るあの小説に記されていた。激しい天空の戦いの後に姿を消した彼らは、どこからやってきてどこへ去っていったのか? 謎を解く第一級資料は、日本に残されていたのである! 文=嵩夜ゆう イラストレーション=久保田晃司 三上編集長による解説動画 プロローグ アメリカのUAPレポートと浮揚大陸マゴニア  2021年はUFO研究の世界において、歴史的な年になった。それま

スキ
15
有料
500
サイキック芸人キックが遭遇した謎の発光体! 沖縄の小浜島に輝くUFOが出現/並木伸一郎
+4

サイキック芸人キックが遭遇した謎の発光体! 沖縄の小浜島に輝くUFOが出現/並木伸一郎

サイキック芸人として活躍するキック氏が、沖縄県の小浜島で白色に輝くUFOに遭遇した。現地調査した彼は、その正体について、あることに気づく。理想郷ニライカナイ伝説との関連があるというのだ。 文=並木伸一郎 写真=キック 竹富島からUFO撮影に成功! CS放送「エンタメ〜テレ」の番組「超ムーの世界R」では本誌編集長を はじめ、オカルト界で活躍する方々と共演させていただいている。  ある収録日、共演者のサイキック芸人キックが、沖縄県は竹富島で撮影したというUFO映像を紹介した。

スキ
12
元陸上自衛官・池田整治&高野誠鮮! アメリカの航空母艦内で見たエイリアン・テクノロジーの謎を語る/宇佐和通
+14

元陸上自衛官・池田整治&高野誠鮮! アメリカの航空母艦内で見たエイリアン・テクノロジーの謎を語る/宇佐和通

UFO現象全般にわたって深い知識を持つことで知られる高野誠鮮(じょうせん)氏が、元陸上自衛官の池田整治(せいじ)氏を招いて語り合った、テーマはもちろん、エイリアン・テクノロジーの真実!アメリカの空母のなかで、池田氏が目撃したものの正体とは!? 文=宇佐和通 米軍の空母で「だれも近づかない場所」 自衛隊元陸将補という経歴のイメージもあって、鋭いまなざしがひときわ印象的な池田整治(せいじ)氏。しかし意外だったのはスピリチュアリティに造詣が深いこと、そしてそれについて語るときの

スキ
16
アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏やファッキング村の苦悩など南山宏・ちょっと不思議な話

アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏やファッキング村の苦悩など南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年8月号、第449回目の内容です。 文=南山宏 ヒトラー当選  アフリカ南西部のナミビア共和国で、昨年11月に行われた地方選挙で、アドルフ・ヒトラーという名の男性が当選した。  ナミビアは先の世界大戦が終わるまでナチスドイツの植民地で、現在でも一部の住民は、ドイツ語を日常語にしている。恐らくヒトラー崇拝者だった父親が、わが子にそうつけたらしい。  アドルフ・ヒトラー・ウウノーナ氏はこの選挙で、

スキ
12
ムー2021年9月号のカバーアート/zalartworks

ムー2021年9月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  今月の総力特集は、巷でも話題の「UFOとUAPアメリカ軍の機密情報公開」。いつもと違った雰囲気を出したいと思い、アメリカのペーパーバッグや昔のSF映画のポスターなどをイメージして描いてみました。 「disclosure」の言葉そのままに、開いた扉とその前に佇むグレイ、その奥にはUFOがいます。周囲には大量の機密書類が積み上げられ、立ち入り禁止のテープが張られている…とい

スキ
14