マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#体験談

竹藪の先に広がる謎の田園風景……/あなたの怪奇ミステリー体験

通いなれ、隅々まで知りつくしているはずの竹たけ薮やぶ。ところが、今日に限ってまるで目にしたことのない光景が眼前に。夢か? 幻か? いや、もしや今、自分がいるこの場所は……。 イラストレーション=不二本蒼生 竹藪を抜けると◆山段敏明/京都府福知山市(71歳)  令和2年6月7日の日曜日、13時30分ごろのことでした。  私は一級河川の由良川沿いにある父親所有の竹藪へ、淡竹の筍を採りにいきました。  鬱蒼とした竹藪の中に入り、細い筍を何本か採った後、もっと太いものはないかと

スキ
6

人込みの中から/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 人込みの中から東京都 35歳 石井隆之  最初は、帰宅途中の電車がドアを閉めて動きだしたときだった。私の目が、ホームに立っているひとりの男の姿をとらえた。  ──あれ? Hじゃないか……?  その男は確かに学生時代の友人のHに見えた。だが、スピードをあげながらホームをあとにする電車の窓からは、それを確認することはできなかった。Hとは、もう10年近

スキ
11

帰ってくる黒いワンピース/あなたのミステリー体験

流れる川の真上を宙を滑るようにして歩き、やがて川の向こう岸で忽然(こつぜん)と姿を消した女性。時刻は夕暮れどき。目撃したのは私ひとりきり。 見間違いか? はたまた錯覚か? いや、やはりあれは……。 イラストレーション=不二本蒼生 川の上の女 ◆黄田マイ(26歳)/大分県  これは私が小学生の高学年のころに体験した出来事です。  晩秋のある土曜日でした。父と隣町まで買い物に出かけたときのことでした。  父が運転する車に揺られて、私は後部座席からぼんやりと外の景色を眺めてい

スキ
9

お隣さんの屋根の上にいる/あなたのミステリー体験

不思議な雰囲気を漂わす転校生に、困惑を隠せない教師、そして生徒たち。さまざまな出来事が勃発しようとも、彼女は多くを語らない。やがて謎めく少女は人知れず引っ越し、この地を去っていった……。 イラストレーション=不二本蒼生 転校生◆Nさん(53歳)/静岡県  私は現在、学校職員としてある学校に勤めています。これは以前、同じ職場にいたK先生が体験した出来事です。  K先生のクラスに、県外から転校生が来ました。Hさんという女の子です。  複雑な家庭事情が関係してか、不思議な雰

スキ
6

黒い眼窩のドクロ仮面/あなたのミステリー体験

座敷童子は、主に東北地方に伝わる、いわずと知れたいたずら者の精霊だ。 いたずらが過ぎて邪険にされることもあるが、幸運をもたらす「小さき者」である。 イラストレーション=不二本蒼生 群馬の旅館の座敷童子 ◆Tさん(35歳)/栃木県  これは友人Sの体験です。  過日、彼が仕事の出張で群馬に出かけ、ある小さな旅館に泊まったときのことです。  もともと霊感が強かった彼は、案内された部屋に入るなり、何ともいえないイヤな雰囲気を感じとりました。体の熱がスーッと奪われるような感じだっ

スキ
9

実録!「本物のサンタクロースに会った」人たち/安東ヒロシ・特集アーカイブ

「私はサンタクロースを見たことがある」 ある女性のひと言をきっかけに、情報収集を始めたところ、なんと、さまざまな目撃談と出会うこととなった。まずは、日本でサンタクロースに会った人たちの話をご紹介しよう。 (ムー 2013年1月号掲載) 文=安東ヒロシ 真夜中、襖を開けて入ってきたサンタ 神奈川県湘南市T・Mさん 40代  今から三十数年前の小学校低学年のときの、東京都大田区の実家での出来事です。ある年の12月24日のクリスマスイブの夜、母、父、私、兄の順で川の字で寝てい

スキ
7

五島勉の影響とラジオ番組での”霊サンプリング”体験/綾小路 翔さん

氣志團の團長、綾小路翔さんは、なんと小学生のころからムー読者。 ラジオ番組での霊体験を中心に、不思議な体験談を聞いた。 (ムー 2018年10月号掲載) 構成=河上 拓 写真=佐賀章広 五島勉に翻弄された青春――「ムー」は何歳ぐらいから読まれてますか? 綾小路 小学生のころから読んでます。今も旅に出るときに空港で買うことが多いですね。読みながら旅への思いをはせるっていう。 ――とくにどういったテーマに興味があったんでしょうか? 綾小路 とにかく小学生のころは、五島勉

スキ
36

CT画像に写った金属片と記憶! 日本人女性が異星人インプラント体験を告白/並木伸一郎

エイリアンによるアブダクション事件は世界各地で多数報告されているが、 この日本にもアブダクトされた女性がいた! 彼女は体内に異物を埋め込まれ、なんと出産もしていたという。長い間記憶されていた夢から掘り起こされた驚愕の事実をレポートする。 文=並木伸一郎 レントゲンに写った謎の金属片「このレントゲン写真を見てもらえますか?」  その日、筆者は、編集部の望月氏同席で、著述業をされているKさんという女性に会っていた。Kさんは腹部などに痛みを感じ、病院で検査をしたところ、レント

スキ
11
有料
100

水琴鈴・ケーキ職人と黒電話・「ケガするよ」/読者投稿・怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介します。 呪われた水晶つきの水琴鈴と謎の中年男性 ◆岐阜県/Nさん  これは、今から3年ほど前に起きた出来事です。  ある日、買い物をしているときに銀色の水琴鈴(すいきんれい)を見つけた私は、悩んだ末、購入することにしました。小さな水晶がついた、とても綺麗な音がする鈴です。  その鈴の音がとても気に入った私は、それをいつも大切にポーチに入れて楽しんでいました。  ある夜のことです。私の夢の中に突然、40 ~50代の灰色

スキ
3
有料
100

霊に身も心も救われた話/怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介。 今回は、消えたくなるような状況に追い詰められたとき、心霊現象が逆に救いとなった、そんな体験談です。 生きることに悩む私を死者の霊が励ました◆長崎県/Sさん  私は幼いころからずっと、いわゆる霊感というものを「強い」とか「弱い」とかという以前に、あって当然の空気のようにとても身近に感じてきました。それは今でも変わりありません。  そんな私ですが、最近、ひどく落ちこんで、とても言葉にできないくらい強い苦しみを感じた出来

スキ
13

墨汁のように真っ黒な人間の形をした物体と出会った話/怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介。 今回は、真っ黒な人のような影のようなものに救われたかもしれない、そんな体験談です。 黒い物体に救われた私◆栃木県/Kさん  昨年(2018年)の出来事です。5月のある日曜日でした。  夫と息子が朝からサッカー観戦に出かけていて、私は久しぶりにわが家でひとり、ゆっくりと過ごしていました。遅めの昼食をすませた後、ベッドに横たわり、映画のDVDを観ていました。  そのうち温かくて穏やかな5月の午後ということもあり、つい気

スキ
7

バタンバタンと揺れる棚の側面は波立っていた/怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介。 今回は、地震でもなく、家ごと揺れるでもなく、棚だけが揺れたという体験談です。 「棚だけ」が大揺れする怪異現象 ◆岐阜県/Nさん  あれは今から3年ほど前のことでした。確か春先のことだったと思います。ある日の午後、食事を終え、母とふたりでたわいのない話をしていたときのこと。突然、部屋の隅にある、私の洋服や小物を収納するのに使っている縦長の木製棚が、ガタガタと左右に大きく揺れはじめました。  その瞬間、私と母は大きな地

スキ
15