ウェブマガジン ムーCLUB

イギリスの幽霊パブを悩ませる異臭と霊障/遠野そら・MYSTERYPRESS

イギリスの幽霊パブを悩ませる異臭と霊障/遠野そら・MYSTERYPRESS

霊が出るところ、匂いあり? イギリスのとあるパブでは、ポルターガイスト現象に伴って謎の異臭が漂うという…。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 不快な臭いと心霊現象 自宅やオフィスで、突如異臭を感じたことはないだろうか。風もないのに、生ごみが腐ったような腐敗臭であったり、何かが焦げた煙のような臭いがしたら、今すぐその場を離れた方が良いかもしれない。  なぜならそこには霊がいるかもしれないからだ。  イギリス・コーズリーで念願のパブをオープンさせたエリス夫妻は、ある

スキ
19
12年にわたった英国バタシーのポルターガイスト事件の新証言/山口直樹

12年にわたった英国バタシーのポルターガイスト事件の新証言/山口直樹

じつに12年もの間、取り憑いた霊によって引き起こされた「バタシー・ポルターガイスト事件」。驚くべき恐怖体験を、当事者自らが当時の心境を語った。知られざる怪事件が今、甦る。 文=山口直樹 悪霊が引き起こすポルターガイスト現象  イギリスで、もっとも奇妙でもっとも長期にわたった心霊事件をご存じだろうか? ロンドン南部、バタシー地区に住む一家が1956年から12年にわたり、悪霊に悩まされたバタシー・ポルターガイスト事件である。  2021年、イギリスの公共放送BBCがこの実話

スキ
6
ポルターガイストを引き起こす人形用の乳母車、その行方とは?/遠野そら・MYSTERYPRESS

ポルターガイストを引き起こす人形用の乳母車、その行方とは?/遠野そら・MYSTERYPRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、”呪いの乳母車”について。不幸にも”いわくつき”になってしまったブツ、手にしてしまったら、はたしてどうすべき? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 人形用の乳母車  プレゼントをもらうと誰もが皆、わくわくした気持ちになるのではないだろうか。だが、そのプレゼントが思いもよらぬ怪事を運んでくるとしたら… アメリカ・ミシシッピ州に住むホイットニーの元へプレゼントが届いたのはクリスマス直前のこと。それは4歳になるかわい

スキ
15
空を漂うクラゲ形UFOから大統領官邸を闊歩する半透明エンエィティまで……2020年・世界の超常現象/並木伸一郎

空を漂うクラゲ形UFOから大統領官邸を闊歩する半透明エンエィティまで……2020年・世界の超常現象/並木伸一郎

新型コロナウイルスに席巻された2020年。未だいい知れぬ恐怖に包まれたままのこの世界では、やはり科学では解明しきれない超常現象が起こりつづける。その数々の謎と怪奇を、今年もまた紹介する。 文=並木伸一郎 ポポカテペトル火山の火口から飛び出すUFO  2020年4月20日、UFO多発地帯として世界的に有名なメキシコのポポカテペトル火山(標高5426メートル)を映すライブカメラが、ギラギラ光る巨大UFOを捉えた火口から出て空中に飛び去る様子が公開されている。 上から順に、

スキ
6
英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

イギリスホラー映画から、日英の怪談的共通点を再認識した探偵。実は都内にも、英国オカルトの影響を濃密に感じることができる探偵イチオシの聖地が存在した! (ムー2018年8月号掲載) 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。ホラー映画の解説仕事も増えてきた筆者、今月の一枚は映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』のチラシとともに。 英国怪談映画から読み解く日英の不思議な共通点  先

スキ
5
科学的解明を拒む”魔物の呪い”の地「スキンウォーカー牧場の超常現象」/並木伸一郎

科学的解明を拒む”魔物の呪い”の地「スキンウォーカー牧場の超常現象」/並木伸一郎

ヒストリーチャンネルで「スキンウォーカー牧場の超常現象」というシリーズ番組がスタートする。アメリカ全土でも有名な超常現象の多発スポットにて、科学的なアプローチを含めて調査が行われるという。しかし、そもそも”そこ”では何が起きてきたのか? 放送に先駆けて振り返っておこう。 文=並木伸一郎 協力=ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ ©2020 A&E Television Networks. All rights reserved. UFO出現からオーブ発生

スキ
11
騒霊ポルターガイスト事件の謎を解く3つの鍵/並木伸一郎・フォーティアンFILE

騒霊ポルターガイスト事件の謎を解く3つの鍵/並木伸一郎・フォーティアンFILE

不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回は、時代の変遷とともに変化してきた、謎の騒霊現象「ポルターガイスト」をテーマに、その発生原因を探る。 文・資料=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 騒霊現象 「ポルターガイスト」とは、ドイツ語で“騒がしい霊”という意味をもつ造語である。  科学的に説明のつかない心霊現象のひとつで、その怪異は多岐にわたる。イスやテーブル、ベッドなどの家具が手を触れていないのに移動する、ペンやハサミ、皿や包丁などの日

スキ
9
田中実家は事故物件!? 騒霊現象と奇妙な家族たち/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

田中実家は事故物件!? 騒霊現象と奇妙な家族たち/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪談行脚

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回は映画『事故物件 恐い間取り』にちなんで、田中の実家、家そのものにまつわる怪奇現象を紹介。本人たちの心理的瑕疵や、いかに……? 文=松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎 第1回はこちら 前回(第6回)はこちら 田中も出ている映画『事故物件 恐い間取り』 タニシ 事故物件住みます芸人・松原タニシ

スキ
31