マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#菅田正昭

陰陽師・安倍晴明と新皇・平将門の因縁を探る!立石・熊野神社の謎/菅田正昭

東京に伝説的陰陽師 ・安倍晴明とゆかりの深い神社がある。 ユニークなことに、境内の形状は正五角形をしているが、それは陰陽道の陰陽五行説にもとづいているのだという。 一方で、この神社一帯には太古の霊石信仰の痕跡も残されていた! 文=菅田正昭 ◉日本魔界探訪◉ 正五角形にかたどられた境内 東京都葛飾区立石に鎮座する五方山熊野神社は、陰陽師の安倍晴明(921〜1005)が勧請した神社として最近、注目されてきた。安倍晴明の紋は陰陽五行説に基づく五芒星だが、立石熊野神社の社地は一辺

スキ
12
有料
300

対馬の禁足地・オソロシドコロと天道法師の八丁郭の謎/菅田正昭

驚異的な呪力を持ち、天皇の病を癒した天道法師。彼の故郷・対馬に伝わる伝説と、禁足地オソロシドコロ──。 いまも謎の多い、天道信仰の由来に迫る! 文=菅田正昭 禁足地・オソロシドコロ 対馬の豆酘には亀卜や赤米神事などの、もはや他では失われた伝統的神事が遺っている。それを支えているのが対馬神道の精髄・天道(天童)信仰だ。  その象徴が「おとろし処」とか「オソロシドコロ」と呼ばれる天道法師の禁足地「八丁郭」(八丁角)である。

スキ
11
有料
200

「先代旧事本紀大成経」事件の裏面史・伊雑太神宮の謎/菅田正昭

天照大御神が鎮座する、伊勢内宮の別宮、伊雑宮(いぞうのみや)の分社が、江戸の市中にあった! それはいつ、どのような目的で祀られたのか? 隠された歴史の真実に迫る。 文=菅田正昭 八丁堀・天祖神社の霊性 伊雑太神宮という名の神社を、ご存じだろうか? 「伊雑」と書いて「イゾウ」あるいは「イサハ」などと訓むが、ここでは「イソベ」。東京都中央区八丁堀3-6-6に鎮座する天祖神社の旧社号だ。  その由緒について『江戸名所図会』「巻之一天枢(てんすう)之部」(1800年)は、次のよう

スキ
18
有料
300

知られざる比叡山の魔所「狩籠の丘」/菅田正昭

京都の鬼門を守る比叡山(ひえいざん)。その山中に、3つの結界石が置かれた、奇妙な場所がある。遠い昔、最澄が魔物を倒し、地中に封じこめたとされるこの場所は、はたしてどのようなところなのだろうか。 文=菅田正昭 伝教大師最澄が封じ込めた魑魅魍魎の正体とは? 比叡山の一角に“狩籠(かりごめ)の丘”と呼ばれている場所がある。  比叡山は根本中堂を中心とする東塔(とうとう)、釈迦堂を中心とする西塔(さいとう)、そして円仁や良源(元三大師)ゆかりの横川(よかわ)の三塔地域から成るが、

スキ
7
有料
200