ウェブマガジン ムーCLUB

事故物件に住みたがるあなたへ グランジュルノルマン人生相談/赤魔導士Bijou

事故物件に住みたがるあなたへ グランジュルノルマン人生相談/赤魔導士Bijou

日本唯一のグランジュルノルマン解説を手掛ける赤魔導士Bijou氏が、あなたの悩みに答えます。人生の場面で出会う困りごと、何度もぶちあがる悩みごと……ひとりで考え込まずに、カードが示す物語からヒントを読み取っていきましょう。 今回のお悩みは「事故物件に住んでいるけど…」です。 ―― その悩み、もうカードに答えが書いてあるよ? グランジュルノルマンについての基礎知識はこちら 文=赤魔導士Bijou #グランジュルノルマン Q:事故物件に住んでいて大丈夫でしょうか?Q:事故物

12
夏の夜のタクシー幽霊譚…意外すぎる乗客とその行く先/黒史郎・妖怪補遺々々

夏の夜のタクシー幽霊譚…意外すぎる乗客とその行く先/黒史郎・妖怪補遺々々

講談の世界でも「冬は義士、夏はお化けで飯を食い」などというように、夏のお話といえば怪談! なかでも「タクシーの幽霊」は定番中の定番ですが、そこはいかにも妖怪補遺々々らしい斜め上なお話を紹介しよう。 ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ!  文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 タクシー怪談 ひと気のない夜道を走る、1台のタクシー。  舗装された道から未舗装の道に変わると、節くれだった

16
『新すばらしきこのせかい』 サイキックな"死神のゲーム"@渋谷/卯月鮎・ゲームー案内

『新すばらしきこのせかい』 サイキックな"死神のゲーム"@渋谷/卯月鮎・ゲームー案内

書評家・ゲームコラムニストの卯月鮎がオカルト、超常現象、不思議が詰まった話題のゲームをムー的に紹介。このゲーム、ほかとはひと味違う! 文=卯月鮎 #ゲームー 尖ったアクションRPG、待望の新作 2021年7月27日にリリースされた『新すばらしきこのせかい』は、2007年にニンテンドーDS向けに発売されたアクションRPG『すばらしきこのせかい』の最新作。前作はリアルに再現された渋谷で、能力に目覚めた少年が「死神のゲーム」に巻き込まれ、生き残りを目指して7日間を戦うという内容

17
「私の彼は宇宙人」ーーアブダクションで恋に落ちた女優の体験告白/遠野そら・MYSTERYPRESS

「私の彼は宇宙人」ーーアブダクションで恋に落ちた女優の体験告白/遠野そら・MYSTERYPRESS

UFOに連れ去られ、宇宙人と恋に落ちるーー。衝撃の体験を自身のTikTokで語っている人物が話題だ。宇宙人は彼女のTikTokをきっかけにUFOに招き入れたというが……真相やいかに? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 宇宙人はTikTokを見ている!?「私は宇宙人に恋しているの」  そう語るのは、イギリス・ロンドン在住の女優アビー・ベラさんである。彼女はある日、UFOに連れ去られ、そこで出会った宇宙人にひと目で恋してしまったというのだ。彼女は今も天の川銀河から約2

11
マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

マオリの怪物が覚醒する話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2012年8月号、第340回目の内容です。 文=南山宏 笑うオランダ人  オランダ南部の食料雑貨品店経営者フーグ・ボッセ老人(70歳)は、2年前に腰骨の外科手術を受けて以来、どういうわけか目覚めている間は、ほとんど止めどなく笑い続けるようになった。  といってもほかの日常的な行動はまったく正常で、会話もちゃんとできる。ただ俗にいう〝箸が転んでもおかしい年ごろ〟の女の子みたいに、何かといえばすぐにゲラゲ

15
幻灯機の女性/読者のミステリー体験

幻灯機の女性/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 幻灯機の女性 東京都 59歳 池田まりよ  あれは3年ほど前、千葉県柏市に住んでいたころのことでした。  ある日、昼間は忙しくて愛犬を散歩に連れていけなかったので、もう夜も11時40分ごろになってから出かけました。  そのとき、私が散歩コースに選んだのは、それまでもときどき通ったことのある道でした。 右側には住宅と粟畑があり、左側は森になっていま

13
1978年の「口裂け女」メディア報道/吉田悠軌・オカルト探偵

1978年の「口裂け女」メディア報道/吉田悠軌・オカルト探偵

「口裂け女」の噂は、1979年の大流行によって初めて日本全国へ広まった……そんな”定説”のマスクをはがし、オカルト探偵が「これでも……?」とデータを見せつける。1978年に埼玉で出現した「口の裂けた女」が報じられていた資料を発見したのだ! ムー本誌に先駆け、前振り・速報記事をお届けする。 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 1979年1月22日「名古屋タイムズ」「……わたし、きれい?」  宵闇に子どもを待ちぶせ、そう問いかけてくるトレンチコートの大女。マスクをはずせば、耳まで裂

28
レンデルシャム事件のUFOが撮影されていた! ウッドブリッジ空軍基地の未確認飛行物体/並木伸一郎

レンデルシャム事件のUFOが撮影されていた! ウッドブリッジ空軍基地の未確認飛行物体/並木伸一郎

肝心の写真が存在していなかった「レンデルシャムUFO着陸事件」。 だが、事件前日に近隣住民のひとりが、UFOの姿を捉えていた! 2021年になって公開された、驚くべき画像を本邦初公開する。 文=並木伸一郎 レンデルシャムの森の着陸現場。UFOの模型も置かれている。 事件前日から出現していた謎の飛行物体  2021年4月19日、アメリカのミシガン州で運営されている不思議情報サイト「UNEXPLAINED MYSTERIES」に、あるUFO写真が投稿された。  写真が撮影さ

14
ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

ナチス・ドイツを操った天才占星術師カール・エルンスト・クラフト/羽仁礼・ムーペディア

毎回、「ムー」的な視点から、世界中にあふれる不可思議な事象や謎めいた事件を振り返っていくムーペディア。 今回は、ヒトラーの暗殺計画を予言し、のちに〝ヒトラーの指南役〞とも噂された天才占星術師を取りあげる。 文=羽仁 礼 ヒトラーが重用した? 謎の天才占星術師  ナチス・ドイツは、国家ぐるみのオカルト集団だったともいわれる。この主張の一環として、アドルフ・ヒトラーにはお抱えの占星術師がおり、その助言に基づいて政策を決定していたという風説もあるようだ。その占星術師の名は、カー

22
探査機ジュノーが撮影した巨大惑星「木星」の驚異/権藤正勝

探査機ジュノーが撮影した巨大惑星「木星」の驚異/権藤正勝

太陽系最大の惑星である木星。最近、イラストと見まごうばかりの詳細かつ 極彩色の木星表面の写真を目にした読者も多いだろう。新しく公開される木星の写真の多くは、NASAの最新の木星探査機ジュノーが撮影したものである。今回は、探査機ジュノーのとらえた美しい画像とともに、知られざる木星の姿を見ていこう。 文=権藤正勝 写真=NASA 渦状の雲の塊。地球よりも大きな嵐が吹き荒れている。 地球の318倍の質量の巨大なガス惑星  木星は、太陽系の8個の惑星のうち、太陽から5番目に離れ

16