ウェブマガジン ムーCLUB

なかったバス停/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 なかったバス停 東京都 39歳 中里剛  会社の先輩のAさんの家は、私のアパートの近くで、通勤のバス停も一緒でした。そのため仕事帰りには毎日のようにふたりで駅前の居酒屋に寄り、最終バスの時間まであれこれ語り合っていました。  その日も、仕事を終え電車を乗り継いで自宅のあるT駅に着くと、いつものようにふたりで居酒屋に寄ったのですが、話に夢中になっ

スキ
21