ウェブマガジン ムーCLUB

+4

竹藪の先に広がる謎の田園風景……/あなたの怪奇ミステリー体験

通いなれ、隅々まで知りつくしているはずの竹たけ薮やぶ。ところが、今日に限ってまるで目にしたことのない光景が眼前に。夢か? 幻か? いや、もしや今、自分がいるこの場所は……。 イラストレーション=不二本蒼生 竹藪を抜けると◆山段敏明/京都府福知山市(71歳)  令和2年6月7日の日曜日、13時30分ごろのことでした。  私は一級河川の由良川沿いにある父親所有の竹藪へ、淡竹の筍を採りにいきました。  鬱蒼とした竹藪の中に入り、細い筍を何本か採った後、もっと太いものはないかと

スキ
7

人込みの中から/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 人込みの中から東京都 35歳 石井隆之  最初は、帰宅途中の電車がドアを閉めて動きだしたときだった。私の目が、ホームに立っているひとりの男の姿をとらえた。  ──あれ? Hじゃないか……?  その男は確かに学生時代の友人のHに見えた。だが、スピードをあげながらホームをあとにする電車の窓からは、それを確認することはできなかった。Hとは、もう10年近

スキ
11

お墓参りのたびによくないことが…/あなたの怪奇ミステリー体験

読者投稿 イラストレーション=不二本蒼生 お墓参りのたびに ◆工藤幸子/和歌山県岩出市(59歳)  わが家のお墓は、自宅から徒歩で10分ほど行ったところのお寺にあります。お墓参りには、諸事情で10年以上、ほとんど私がひとりで行っています。  二十数年前、祖母が病死したのを機に、先祖代々からのお墓を新しくしました。以来、お盆やお彼岸にはもちろん、祖父母や父の命日など年に何度もお参りしています。  ところが、そうしたお墓参りの後、なぜかいつもよくないことが起きるのです。  お

スキ
7

いぬ/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 いぬ 岩手県 17歳 及川ひとみ  私がまだ小学生だったころの出来事です。もう細かいところまではよく覚えていないのですが、その夜、両親は何かの用事で外に出かけ、祖母は確か旅行に行っており、姉と妹は夕方から友達の家に行ったかなにかして、とにかく私がひとり、家で留守番をしなければならないことになってしまいました。  明るい月の出ている、生暖かい夜でし

スキ
15

水琴鈴・ケーキ職人と黒電話・「ケガするよ」/読者投稿・怪奇ミステリー体験

読者から投稿されてきた、不思議で神秘的な出来事をご紹介します。 呪われた水晶つきの水琴鈴と謎の中年男性 ◆岐阜県/Nさん  これは、今から3年ほど前に起きた出来事です。  ある日、買い物をしているときに銀色の水琴鈴(すいきんれい)を見つけた私は、悩んだ末、購入することにしました。小さな水晶がついた、とても綺麗な音がする鈴です。  その鈴の音がとても気に入った私は、それをいつも大切にポーチに入れて楽しんでいました。  ある夜のことです。私の夢の中に突然、40 ~50代の灰色

スキ
3
有料
100