ウェブマガジン ムーCLUB

+1

ムー2021年11月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  今月はアプカルルとシュメールの生命の樹を描いてみました。  バビロニアの伝承によればアプカルルは、大洪水前に生きていた「七賢聖」であり、魚の皮を被る者や鷲頭で有翼の姿で表され、知恵の神エアに結びついているそうです。バビロンの神官ベロッソスが伝える、海から出現して文明の技を伝えたという「オアンネス」や「ダゴン」もまた魚の皮を被った姿で表現されています。  またシュメールの

スキ
14
+49

惑星ニビルの神々アヌンナキによる人類監視の恐怖 異星人と秘密結社の「シン・人類史」/宇佐和通

遙か遠い神話と伝説の時代、人類が築き上げようとし、崩壊したバベルの塔は今、再び、形を変えて甦ろうとしている。これは人類史において必然なことだった。その理由とは!? 創造神が地球に降臨した時代より人類を監視する秘密結社へと連綿と受け継がれた意志に秘められた、"真"であり"新"である"シン・人類史"を読み解く。 文=宇佐和通 監修=ウマヅラビデオ イラストレーション=久保田晃司 『シン・人類史』(ウマヅラビデオ著/サンマーク出版/1650円・税込) 人類の"真実"の歴史とは?

スキ
18