ウェブマガジン ムーCLUB

武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠野そら

武漢から殺人ウイルスが流出…1981年のSF小説『闇の眼』は予言書となった!?/遠野そら

新型コロナウイルスによるパンデミックは2019年末から世界を一変させて しまったが、今、ある小説が話題となっている。ディーン・クーンツによる1981年の作品だが、「中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出される」という設定なのだ。はたしてこれは予言だったのか? フィクションが現実化していく、恐怖の2020年を読む。 文=遠野そら ウイルス禍を予言していた『闇の眼』  いまだ終息の気配が見えない新型コロナウイルス。それは中国・武漢の水産市場から瞬く間に世界中へ広がり、最

28
東京五輪2020の延期とパンデミック”世見”が的中!! 松原照子と”不思議な世界の方々”の未来予言・総力特集/文月ゆう

東京五輪2020の延期とパンデミック”世見”が的中!! 松原照子と”不思議な世界の方々”の未来予言・総力特集/文月ゆう

東日本大震災を予言したことで、多くの人の注目を集めるようになった松原照子氏。じつはそれ以前にも、スペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故やメキシコ大地震などを予言し、周囲の人々を驚かせていた。 その能力は、予言だけにとどまらない。昆虫や人形、石といった身近なものと語らい、さまざまな情報を得ることができるのだ。 松原氏をそのように育てた「不思議な世界の方々」とは? そして、松原氏の目に映る近未来の世界とは? 文=文月ゆう 2012年2月13日の「東京五輪はない」予言が現

85
500