ウェブマガジン ムーCLUB

仙台上空に飛来した巨大気球と特異地点「R」の謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

UFO、UMA、心霊現象など、世界の謎に並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回は、東北地方の上空に出現した巨大気球の正体について検証していく。 文=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 高高度に滞空する謎の白色気球が出没! 今年の6月17日早朝から16時にかけて、宮城県を中心に山形県、福島県で所属不明の気球状の物体が出没。ほぼ静止状態で漂う白い円形物体の目撃が相次ぎ、SNSやメディアでは「UFOか?」と一時騒然となった。 2020年6月17日、仙台上空で確認された謎の白い球体

スキ
16

空から落ちてきて悪臭を放つ……危険な落としモノノケ/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々(ようかいほいほい)」! 今回は、ある日空から降ってきた、しかも悪気を吐く化け物を補遺々々します。 文・絵=黒史郎 空より落ちてくる脅威 明治のころのお話です。  漁師の多く住む堀江という村に、ある日、空から不思議なものが落ちてきました。長さ約16メートル、幅約9メートル、周囲約30メートル、大きな袋のようなものです。そんなものを見たことがなかっ

スキ
8