ウェブマガジン ムーCLUB

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集

異星人接近遭遇「甲府事件」から紐解くナチスUFOの謎/並木伸一郎・総力特集

1975年、夕闇迫る山梨県甲府市で、ふたりの少年がUFOを目撃した。後に「甲府事件」と称されることとなったこの出来事が、最近の驚愕発見によって、新たな展開を見せようとしている。 その新発見がもたらす事実と、世界中で目撃されるアダムスキー型UFOの正体が、ナチスの秘密兵器ハウニヴーであることを知るとき、日本に隠されたアルデバラン星人の秘密基地の存在が明らかになる! 文=並木伸一郎 甲府UFO事件と放射性物質  2016年11月20日午後、大阪「阿倍野市民学習センター」にて

17
500
1975年”甲府事件”現場に遺された放射性物質と”UFOの原子炉”の謎/雲英恒夫

1975年”甲府事件”現場に遺された放射性物質と”UFOの原子炉”の謎/雲英恒夫

日本の科学的UFO研究団体、JSPS(Japan Space Phenomena Society)の上級研究員・雲英恒夫が、有名なUFO遭遇事例「甲府事件」の確たる証拠を確認した。驚くべきデータを紹介しよう。 文=雲英恒夫 1975年の第3種接近遭遇 「甲府事件」とは、昭和50年、1975年2月23日、日曜日の夕刻に山梨県甲府市のブドウ畑で、第3種接近遭遇(至近距離でのUFO搭乗員との接触)が発生したという事例だ。そこでは、7歳の少年2人がUFOを目撃し、その後ブドウ畑

16