マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#NASA

火星に墜落UFOを発見! 異星人の機体が不時着した!?/並木伸一郎

火星の地表で、墜落したUFOとみられる謎の物体が発見された。機体に伸びた航跡から不時着したのではないかと見られている。はたして、火星起源のUFOなのか、それとも他天体から飛来してきたのか? ◉惑星ミステリー◉ 文=並木伸一郎 火星地表にUFO墜落の痕跡が! 2021年12月、台湾在住の宇宙現象研究家スコット・ワリングが、火星の地表画像に“不時着したUFO”と思しき物体と、UFOが残した航跡を発見した。  写真は2006年12月29日、NASAの探査機マーズ・リコネイサン

スキ
16
有料
200

火星地表で「目」を刻んだ人工構造物を発見!/遠野そら・MYSTERYPRESS

火星探査機キュリオシティの撮影画像に、「目」や「ランドセル」を思わせる石が発見された。なにものかが建造した構造物の遺跡なのか…? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 火星に「目」を彫刻した石があった! 人類未踏の地、火星。探査機によって数々の異様な構造物が発見されているが、またもや人工物らしきものが発見されたので報告したいと思う。   2022年1月。NASAが公開した火星探査機キュリオシティの画像に不可思議な物体が写りこんでいたと、アルゼンチンの『Mystery

スキ
19

火星上空に円盤型UFOを発見‼ 探査機キュリオシティが撮影した謎の飛行物体/遠野そら

2012年に火星に到着し、今も現役で観測を続けるNASAの探査機・キュリオシティ。その送信データに謎の飛行物体が写り込んでいることが判明した。しかもその数は、ひとつやふたつではない。鮮明に確認できるその物体の正体は何なのか。 ◉惑星ミステリー◉ 文=遠野そら メキシコのUFO研究家が発見した「火星のUFO」 やはり火星にはUFO基地が存在するのだろうか。これまで数多くの人工的としか思えない構造物が発見されてきたが、ついに上空を飛行するUFOの鮮明画像が公開された。これまで

スキ
28
有料
200

核戦争で滅亡した「火星超古代文明」の謎 大気中のキセノン同位体は核兵器使用の痕跡だった!!/嵩夜ゆう

近年、にぎやかになりつつある火星探査。アメリカではすでに、火星旅行を目的とした企業が設立され、火星移住さえ現実的なものになろうとしている。 だが──。火星はかつて、全面核戦争の舞台となり、悲惨な文明の滅亡を迎えた惑星だったのだ! 文=嵩夜ゆう イラストレーション=坂野王道 File1水路が張り巡らされた火星地図なぜわれわれ人類は火星を目指すのか?  近年、多くの資本家がこぞって宇宙を目指している。スペースX社を筆頭に、2021年はまさに宇宙開発元年といっていい年になった

スキ
20
有料
400

NASAは、だれかが月で暮らしているという明らかな証拠をつかんでいる/宇佐和通・Mu Paranormal Headline

海外の超常現象からムー的なNOWを読む! 記念すべき第1回目は「月の裏側占領説」の話題から。 ◉Text=Watsu USA ◉Art=Maco Ishihara YouTubeでも「パラノーマル・ヘッドライン」シリーズ公開中! NASA Has Clear Evidence That Someone Has Been Occupying Our Moon.NASAは、だれかが月で暮らしているという明らかな証拠をつかんでいる。 「月にはだれかがいる」というヘッドライ

スキ
21

宇宙を支配する見えざる力の源泉!最新・ダークエネルギーの謎/水野寛之

宇宙を膨張させる未知の力として考えだされた「ダークエネルギー」。 いまなお観測されておらず、正体不明のままだが、最新の研究により、 その存在を示唆する証拠がいくつも見つかっている。 謎に包まれた暗黒エネルギーの正体に迫る! ◉特別企画◉ 文=水野寛之 イラストレーション=久保田晃司 プロローグ 最新実験が示唆するダークエネルギーの実在ダークエネルギーがついに検出された!?  2021年9月15日、サニー・ヴァグノッツィ特別研究員らの研究グループは、「XENON1T」実験

スキ
5
有料
300

月面に大規模な人工的掘削跡を発見! パラケルススCクレーターの地下通路/並木伸一郎

地球外生命探査「SETI」関連のグループが、月の裏側に存在する異常構造についての検証レポートを発表した。詳細に分析された異常構造は、 なんと月内部への出入り口だったのだ!! 文=並木伸一郎 月の裏側に存在する異常構造の解析  1960年代に開始された地球外知的生命体探査「SETI」は、今日まで継続されているが、肝心な物証を提出できないでいる。  SETI計画の初期、アメリカの天文学者のカール・セーガン(1934〜1996)は、生前に地球外生命体来訪の可能性について次のよう

スキ
20
有料
300

探査機ジュノーが撮影した巨大惑星「木星」の驚異/権藤正勝

太陽系最大の惑星である木星。最近、イラストと見まごうばかりの詳細かつ 極彩色の木星表面の写真を目にした読者も多いだろう。新しく公開される木星の写真の多くは、NASAの最新の木星探査機ジュノーが撮影したものである。今回は、探査機ジュノーのとらえた美しい画像とともに、知られざる木星の姿を見ていこう。 文=権藤正勝 写真=NASA 地球の318倍の質量の巨大なガス惑星  木星は、太陽系の8個の惑星のうち、太陽から5番目に離れた公転軌道を持つ惑星で、地球からは、火星、小惑星帯を挟

スキ
17
有料
300

月に異星人文明があった! 物理学者が指摘する「月面の地球外生命体」の痕跡/遠野そら・MYSTERYPRESS

広い宇宙のどこかには知的生命体の文明がある、という視点は当然だが、「月面に文明の痕跡があった」可能性が指摘された。物理学者の主張に対し、NASAの”資料”はどう答えるのか? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 月面の異星人文明 天文学の目覚ましい発展にともない、地球外生命体の捜索に世界中が躍起になっている。最近では地球から約100光年離れた「かじき座」の中に生命が存在できる可能性が高い恒星が発見されたが、100光年離れた恒星に探索機を飛ばすのは現代の科学技術では限界

スキ
19

アポロ14号の帰還映像に写っていた「巨大な葉巻形UFO」/韮澤潤一郎

アポロ14号の帰還映像に巨大な葉巻形UFOが写っていたことが判明した。 やはりアポロ計画の月探査船は異星人に監視されていたこのほど新たに発見された驚くべき映像をここに紹介しよう。 文・資料=韮澤潤一郎 撮ってはいけない! 今から3年ほど前、デンマークの写真家ルネ・エリック・オルセンは長年の研究の結果、約70年前に起きたジョージ・アダムスキーのコンタクト事件が事実だったことを改めて実証し、研究家の注目を集めている。その過程で、彼はNASAが保管するアポロ計画の資料の中から驚

スキ
10
有料
200

加速する膨張で真空が裂ける!? 最新理論「宇宙崩壊」の謎/水野寛之

命あるものにはみな寿命があるように、われわれが存在しているこの宇宙にも、いつかは終焉の時が訪れる。 これまで、宇宙の終わりは静かに、そして果てしなく遠い未来にやってくると考えられてきた。 だが、最新の研究によって、宇宙が急激に崩壊し、消滅してしまう可能性がでてきたのである! 文=水野寛之 イラストレーション=久保田晃司 巨大小惑星やガンマ線バーストが地球を襲う「ゆく川の流れは絶えずして、もとの水にあらず」ーー鴨長明が『方丈記』の冒頭に記したこの文章は、われわれが普段あまり

スキ
6
有料
400

2025年までに発見される”新たな故郷” ーー古代の宇宙人:もうひとつの地球/宇佐和通・ヒストリーチャンネル

 われわれはこの宇宙において孤独な存在なのか?  それともどこか遠くに故郷ともいうべき親しい惑星があるのだろうか? ヒストリーチャンネルの人気番組をムー的な視点で紹介! 文=宇佐和通 地球人類が移住できる惑星 この広い宇宙に存在する知的生命体が、地球人だけであるはずがない──よく聞くいい回しだ。その思いは、数千年前にヨーロッパで洞窟の壁に絵を描いた人々にとっても、そして最先端の宇宙物理学を研究している現代の専門家たちにとっても変わらないはずだ。  2015年、6年あまりを

スキ
11

”裏アポロ計画”の宇宙飛行士が激白した月のモナリザの真実/並木伸一郎・フォーティアンFILE

アポロ計画は17号で中止されていなかった! 密かに「20号」まで続けられていたとされる「裏アポロ計画」で明かされた”月のモナリザ”の謎に迫る。 文=並木伸一郎 #フォーティアンFILE *関連記事:「アポロ計画の謎と月面異星人」 名乗り出た〝幻の宇宙飛行士〟 アメリカ航空宇宙局(NASA)による月面探査計画「アポロ計画」は、1969年7月20日、アポロ11号によって人類初の有人月面着陸に成功。科学技術および宇宙開発において偉大な足跡を残したものの、6度目の月面着陸をはた

スキ
15
有料
300

アポロ計画の謎と月面の異星人ーーUFOと陰謀の宇宙開発史を辿る!/並木伸一郎・総力特集

1969年7月20日、人類は初めて月面に到達した。その偉業を成し遂げたのはアメリカの宇宙船アポロ11号だった。だがその3年後、アメリカは苦難の末に制覇したはずの月面を捨てた。それはいったいなぜだったのか? そして2019年には中国の探査機が月の裏側に着陸し、現在、各国がこぞって月面探査に乗り出している。 アメリカが隠蔽しつづけてきた“月の謎”――。 すべてが明らかになる日はもう目前に迫っている。 文=並木伸一郎 長き空白の時を経て人類は再び月へ向かう 2019年、NASA

スキ
15
有料
500