マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。なんだかんだ、毎月30~40本投… もっと読む
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#バミューダトライアングル

アラスカ・トライアングルとダークピラミッドの謎/並木伸一郎・フォーティアンFILE

不可思議な事件の数々に、超常現象研究家、並木伸一郎が鋭く切り込む。 今回は、アラスカの魔の三角地帯「アラスカ」の地下に眠るダークピラミッドの謎を追う。 文・資料=並木伸一郎 #フォーティアンFILE 50年で2万人が消えたアラスカの消失ゾーン フロリダ半島の先端とプエルトリコ、バミューダ諸島を結ぶことで浮かびあがる三角地帯「バミューダ・トライアングル」は、古来より船舶や航空機、ときに乗員だけが謎の消失を遂げる魔の海域として知られてきた。2015年5月16日には、90年前に

スキ
9

バミューダ・トライアングルから生還した男/遠野そら・MYSTERY PRESS

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、バミューダ・トライアングルから生還したという奇跡の男について。1か月の漂流で体験した怪現象とは……? 文=遠野そら #MYSTERYPRESS 大西洋横断に挑んだ冒険家 米フロリダ州南部からプエルトリコとバミューダ島を結ぶ三角地帯「バミューダ・トライアングル」。これまでバミューダ・トライアングルで行方不明となった船や航空機は100台以上、それらの乗組員にいたっては1000人以上がその消息を絶っている、まさに“魔の海域”

スキ
13