ウェブマガジン ムーCLUB

記紀には登場しない"封印された"女神「瀬織津姫」の謎/本田不二雄・神仏探偵

記紀には登場しない"封印された"女神「瀬織津姫」の謎/本田不二雄・神仏探偵

「セオリツヒメ」という女神をご存じだろうか。いま密かに多くのフォロワー(信奉者)を集めるその女神は、実は『古事記』『日本書紀』にはいっさいその名は登場せず、祝詞のなかで読み上げられるだけの存在にすぎない。そうでありながら、瀬織津姫(せおりつひめ)は現代のわれわれを魅了しつづけてやまない存在なのだ。 そこで今回、この謎めく女神をめぐって、現場を訪ね、これまで偽書とされてきた古文献をひもとき、史料の奥に潜む禁断の世界に分け入ってみた。 文=本田不二雄(神仏探偵) 第一章 令和

21
「将門塚の祟り」は1976年起源だ!/吉田悠軌・オカルト探偵

「将門塚の祟り」は1976年起源だ!/吉田悠軌・オカルト探偵

江戸の総鎮守、東京の地霊、あるいは日本最大の「祟る神」。さまざまな呼び方で畏怖される古代の武将、平将門。東京大手町の将門塚はその首を供養した聖地、霊域として名高いが、「塚の祟り」が取り沙汰されるようになったのは意外に近年のことだった! 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき) 怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。今回の写真は取材に際し、将門公の仮祭壇に参拝中の一枚。 オカルト探偵・吉田悠軌による解説動画はこちら! 将門塚ブームのル

18
心機一転! 神田明神”まさかど様”に新たな一歩を誓う!/石原まこちん・ムーさんぽ

心機一転! 神田明神”まさかど様”に新たな一歩を誓う!/石原まこちん・ムーさんぽ

都市伝説ウォッチャーの漫画家・石原まこちんが散歩気分で高みを目指すルポ漫画。……コロナ禍の中、試行錯誤を続けてきた本連載だが、散歩先はやはり悩ましい。江戸総鎮守・神田明神にて、”まさかど様”にリニューアルを祈願した! われわれは、必ず帰ってくる! 漫画=石原まこちん #ムーさんぽ 取材協力=神田明神 シーズン1の締めくくりは「神田明神」! 古代からの聖地で再起を誓う  首塚の改修工事で、改めて祟り伝説が注目されている平将門。(関連記事)  首塚に埋まっていたのは将門で

6
日本遺産「信州レイライン」と古諏訪伝承の聖地/古銀剛

日本遺産「信州レイライン」と古諏訪伝承の聖地/古銀剛

信州にレイラインが存在していた――。 上田盆地の古寺社の位置を手がかりとして、太陽と大地へのアルカイックな信仰の深部を探ってゆくと、古代遷都をめぐる謎と諏訪信仰の真実がついにあぶり出された! 文=古銀 剛 関連記事 「日本遺産」に認定されたレイライン  別所温泉で知られる信州の塩田平[しおだだいら](長野県上田市)は、千曲川が貫流する上田盆地の西半分にあたる地域だが、のどかな田園風景が広がるなかに由緒ある古社寺が点在し、「信州の鎌倉」とも呼ばれている。適度にひなびた趣

9
樹木の神気を心身に取り込み、守護神にする! 「御神木」開運法/本田不二雄

樹木の神気を心身に取り込み、守護神にする! 「御神木」開運法/本田不二雄

今、巨樹・神木が密かに注目を集めている。神社や寺院の境内、山や里のしかるべき場所で悠久の時を超えてそそり立つ揺るぎのない存在感は、昔も今もわれわれ日本人の精神を揺さぶってやまない。 今回は、古来伝承されてきた御神木への流儀と作法を現代に復刻し、古くて新しい開運成就の祈願法をご提案したい。 (ムー 2021年3月号・実用スペシャルより) 文=本田不二雄(神仏探偵) 取材協力・指導=き りん(占呪術師/嶽啓道) 大地の見えざる力を知らせるご神木  神仏探偵を自称し、カミやホ

11
知られざる比叡山の魔所「狩籠の丘」/菅田正昭

知られざる比叡山の魔所「狩籠の丘」/菅田正昭

京都の鬼門を守る比叡山(ひえいざん)。その山中に、3つの結界石が置かれた、奇妙な場所がある。遠い昔、最澄が魔物を倒し、地中に封じこめたとされるこの場所は、はたしてどのようなところなのだろうか。 文=菅田正昭 伝教大師最澄が封じ込めた魑魅魍魎の正体とは?  比叡山の一角に“狩籠(かりごめ)の丘”と呼ばれている場所がある。  比叡山は根本中堂を中心とする東塔(とうとう)、釈迦堂を中心とする西塔(さいとう)、そして円仁や良源(元三大師)ゆかりの横川(よかわ)の三塔地域から成る

7
妖精と聖人伝説 アイスランドの「サンタクロース」現場を行く/安東ヒロシ・特集アーカイブ

妖精と聖人伝説 アイスランドの「サンタクロース」現場を行く/安東ヒロシ・特集アーカイブ

日本での「サンタクロース目撃」をまとめたが、次に目を海外へ向けることにした。すると、やはり「サンタ目撃」情報があったのだ。しかも、アイスランドに……。サンタクロースの故地・北欧ではなく、なぜかの国なのか? その謎と不可思議な目撃談を求めて、現地へ飛んだ。 文=安東ヒロシ サンタクロースの正体は妖精「隠れた人々」  北極圏に位置し、イギリスとグリーンランドにはさまれた島国、アイスランド。無人島であったこの島の最初の発見者はバイキングだといわれる。その後、ノルウェーやスコッ

9
英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

英国心霊事情「泣く少年」と英国的日本レイライン/吉田悠軌・オカルト探偵

イギリスホラー映画から、日英の怪談的共通点を再認識した探偵。実は都内にも、英国オカルトの影響を濃密に感じることができる探偵イチオシの聖地が存在した! (ムー2018年8月号掲載) 文・写真=吉田悠軌 #オカルト探偵 #怪談解題 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会」会長、『怪処』編集長。ホラー映画の解説仕事も増えてきた筆者、今月の一枚は映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』のチラシとともに。 英国怪談映画から読み解く日英の不思議な共通点  先

5
聖地セドナの岩絵「V−V」とホピの祖先が刻んだ大地のヴィジョン/尾崎靖・NANA

聖地セドナの岩絵「V−V」とホピの祖先が刻んだ大地のヴィジョン/尾崎靖・NANA

世界有数の聖地にしてパワースポットとして知られるセドナ。 その郊外の遺跡に1030以上の事物が描かれた岩絵があり、グレゴリオ暦より正確に、夏至や冬至といった季節の節目を告げるという。 構成・文=尾崎 靖 写真=NANA 絵に差す光と影が精度の高い暦となる  アメリカ、アリゾナ州のセドナは、世界的な聖地、パワースポットとして知られている。見たこともない雄大なスケールの光景を目の当たりにすると、多くの人々が言葉ではいいつくせない感動を覚えるという。 地球の歴史と、悠久の時

14
ポーランドの大聖堂”チャクラスポット”で瞑想する人々/遠野そら

ポーランドの大聖堂”チャクラスポット”で瞑想する人々/遠野そら

世界の超常現象ニュースをお届けする本コーナー。今回は、ポーランドのカトリック教会大聖堂に、なぜか”チャクラ”のパワーを求める人が集まっているというお話……。 文=遠野そら #MYSTERYPRESS ポーランドのパワースポット  ポーランド第2の都市クラクフにはある不思議な伝説がある。  ポーランド代々の王の居城である「ヴァヴェル城」の敷地には、世界に7つしかないチャクラストーンが眠っているーーというものだ。  ヴァヴェル城があるクラクフは、かつてのポーランド王国の

16