ウェブマガジン ムーCLUB

プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM

プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM

宇宙はわれわれが思い描くような世界ではない。 最新の科学理論と秘教世界の伝統が明かす、宇宙の本当の姿――。 それは輪廻を繰り返し、進化を遂げるダイナミックな世界だった! 文=ToМ プラズマ宇宙論とはいったい何か?  本誌読者なら、「プラズマ宇宙論」という言葉は聞いたことがあるだろう。  この理論は宇宙的スケールの現象を、従来の重力以外の方法で説明するものだ。具体的には宇宙で起こる現象は、全バリオン(一般的な天文学では、通常の物質を構成する粒子という意味で用いられる)物

11
異端の天才発明家ニコラ・テスラと異星人の密約/南山宏・綺想科学論

異端の天才発明家ニコラ・テスラと異星人の密約/南山宏・綺想科学論

交流電流の実用化をはじめ、現代のわれわれの生活を支える科学技術に偉大な業績を残してきた天才発明家ニコラ・テスラ。その異能の才ゆえか、彼の人生、発明・研究には、数々の奇妙な逸話が伴う。 そうした都市伝説のなかでも近年、テスラ自身が記した"異星人通信"にまつわる驚愕の新情報が発掘された――。 文=南山 宏 数々の都市伝説に彩られる稀代の超人的発明家  稀代の天才として世界に名を馳せながら、遺した多彩な実績とは不釣り合いなほど誤解もされてきた超人的発明家といえば、旧オーストリ

21
封印されたフィラデルフィア計画の真相とニコラ・テスラ/並木伸一郎・フォーティアンFILE

封印されたフィラデルフィア計画の真相とニコラ・テスラ/並木伸一郎・フォーティアンFILE

世界に存在する謎に並木伸一郎が鋭く切り込む再検証シリーズ”フォーティアンFILE”。 今回は、多数の犠牲者を出した恐るべき実験「フィラデルフィア計画」の真相に迫る。 テスラが推進したレーダー不可視化実験  ニコラ・テスラといえば、ムーでも幾度となく登場してきた稀代の天才科学者として知られる人物だ。1918年にクロアチアからアメリカへ移住後、交流電気方式、無線操縦、蛍光灯、そして高周波・高電圧を発生させる共振変圧器「テスラコイル」などを発明。2度にわたりノーベル物理学賞の候

9
宇宙から星が次々消えている‼ 地球外知的生命体によるダイソン球説に迫る/権藤正勝

宇宙から星が次々消えている‼ 地球外知的生命体によるダイソン球説に迫る/権藤正勝

天体観測の発展とともに毎年多くの未知の星が発見され、話題になることもある。その一方で、忽然と姿を消す星があるという。 それもひとつやふたつではなく、かなりの数の星が突然消失しているというのだ。さまざまな理由が考えられるが、そのひとつが、エイリアンによる人工的な消失という説だ! 文=権藤正勝 15万個の星が突然消えた!  20世紀後半、天文学は目覚ましい発展を遂げた。日本のすばる望遠鏡など、優れた光学式の望遠鏡の功績が大きいが、望遠鏡の発達以外にも理由がある。  望遠鏡が

4
地震の原因は電気だった! プラズマ物理学による新説・地球科学/三浦一則・電気的宇宙論

地震の原因は電気だった! プラズマ物理学による新説・地球科学/三浦一則・電気的宇宙論

日本は世界で最も地震の多い国だ。地震は地球内部の岩石に蓄積された ひずみが限界に達したときに発生するといわれている。 本当なのだろうか? 地球は膨張していて空洞があると推測している「電気的地球科学」から 見た「地震放電説」を紹介しよう。ブレートテクトニクス論への疑問を胸に、ついてきてほしい。 文=三浦一則 疑問だらけのプレートテクトニクス論  主流科学では、地震は岩石に蓄えられたひずみのエネルギーが解放される ことで起きると考えられている。ひずみを作っているのは、プレー

14
200
太陽は空洞だ! 恒星の正体を暴く超科学レポートの衝撃/三浦一則・電気的宇宙論

太陽は空洞だ! 恒星の正体を暴く超科学レポートの衝撃/三浦一則・電気的宇宙論

太陽は、その巨大な質量が生みだす強力な重力が水素ガスを圧縮して核融合を起こし、その熱が表面に達して光り輝くーーこれが常識とされている。 本当だろうか? 世界で密かに注目を集めている「電気的宇宙論」では、太陽のプラズマ大気の下には硬い地殻があり、さらにその内部は空洞になっていると予想されている。そう、太陽どころではない、すべての恒星は空洞なのだ。 ニュートン力学への疑念を胸に、この理論についてきてほしい。 文=三浦一則 矛盾の多い「核融合説」  従来の主流科学では、太陽は

16
100
セ氏2万度の超高温が危険な有害物質を瞬時に分解!! 「水プラズマ」が地球を救う‼/久野友萬・サイエンス最前線

セ氏2万度の超高温が危険な有害物質を瞬時に分解!! 「水プラズマ」が地球を救う‼/久野友萬・サイエンス最前線

セ氏2万度という超高温を発生し、物質を瞬時に原子レベルに分解する。しかもそのエネルギー源は、水から生まれる「水プラズマ」だという。はたしてその原理はいかなるものなのか? そして近未来に期待される活用法とは? 文・写真=久野友萬 水から発生する高熱のプラズマを制御する  あらゆる物質を原子レベルまで分解する! そんなSFのような技術が誕生した。  今回、紹介するのは最新のプラズマ技術で「水プラズマ」という。水を使って発生させるから水プラズマだ。ちなみに間違えやすい技術とし

10
200