マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#セドナ

聖地セドナの岩絵「V−V」とホピの祖先が刻んだ大地のヴィジョン/尾崎靖・NANA

世界有数の聖地にしてパワースポットとして知られるセドナ。 その郊外の遺跡に1030以上の事物が描かれた岩絵があり、グレゴリオ暦より正確に、夏至や冬至といった季節の節目を告げるという。 構成・文=尾崎 靖 写真=NANA 絵に差す光と影が精度の高い暦となる アメリカ、アリゾナ州のセドナは、世界的な聖地、パワースポットとして知られている。見たこともない雄大なスケールの光景を目の当たりにすると、多くの人々が言葉ではいいつくせない感動を覚えるという。  そんなセドナの絶景を撮影

スキ
14
有料
300

目指すはUFO墜落現場! ルート66の先の聖地へ強行視察/保江邦夫・エリア51探検記(2)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
11
有料
200

ペンローズ博士と訪れたセドナから謎のUFOスポットへ誘われて……/保江邦夫・エリア51探検記(1)

湯川秀樹博士の最後の弟子にして武道家、そして伯家神道の祝之神事(はふりのしんじ)を授かったという異能の物理学者・保江邦夫氏は、もうひとつ「UFO研究家」の顔を持つ。それも、なんと1990年代にアメリカでUFO調査を行っていたというのだ。 そこで、かつて材質に関する研究報告の専門誌「バウンダリー」(コンパス社)に連載されていた「UFO調査」を、ここに復活させよう。20余年以上前、「竹久おさむ」名で綴られたレポートには、何が記されていたのか? 文=保江邦夫 「バウンダリー」1

スキ
22