ウェブマガジン ムーCLUB

70年代の終末画の”奇想現実”が予言した令和ディストピアのリアル/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

70年代の終末画の”奇想現実”が予言した令和ディストピアのリアル/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

昭和の時代、少年少女がどっぷり浸かった怪しげなあれこれを、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想。 世界を覆ったコロナ禍の中で振り返った「あのころの終末」シリーズ、締めくくりの3回目! (前回はこちら) 文=初見健一 #昭和こどもオカルト 恐怖しながら「終末ごっこ」  前回、前々回で解説した通り、70年代の子ども文化における「終末ブーム」は、あくまでも恐怖を楽しむための「娯楽」だった。コケ脅しの大言壮語だらけの見出し、無責任にひたすら煽りまくる意味不明の解説文、そして

18