ウェブマガジン ムーCLUB

「非認可の世界 世界最大の秘密の暴露」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

文=星野太朗 非認可の世界 世界最大の秘密の暴露  スティーブン・M・グリア 著 VOICE/2200円(税込) 『ディスクロージャー』=情報公開世界最大の秘密が暴かれようとしている  本誌読者の中には、著者スティーブン・M・グリア博士の名に聞き覚えのある人もいるだろう。彼は「全米で最も権威のある医学協会アルファ・オメガ・アルファの終身会員」である医学博士。かつてはノースカロライナ州の病院で救急医療長を務めていたが、1993年、その職務をなげうって「ディスクロージャー

スキ
8

「死者の告白」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

死者の告白 奥野修司 著 30人を超える霊に憑かれた20代女性の痛々しく生々しい体験と、除霊儀式の一部始終 講談社/1760円(税込)  評者は仕事柄、これまでにも悪魔や悪霊、死霊に生き霊、怨霊に動物霊などによる人間への憑依事例に関しては、それなりに資料や文献を読み漁ってきたつもりである。だが正直申しあげて、本書で描かれたものほどの凄まじい事例は、ほとんど記憶にない。  強いていうなら「ルカ福による音書」にある「ゲラサの豚」の話が、かろうじて本事例に近いといえるだろうか。

スキ
9

「鬼と異形の民俗学」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

鬼と異形の民俗学 飯倉義之/監修 日本の鬼のことがすべてわかる!鬼滅ネタのコラムも見逃せない1冊 ウェッジ/1540円(税込)   もはや改めて語るまでもないだろう。2019年のアニメ化以来、日本のみならず全世界で大絶賛され、大ブームを巻き起こした『鬼滅の刃』である。昨年にはコロナ禍の状況にもかかわらず劇場公開された『無限列車編』が、これまた史上空前の大ヒットを飛ばしたことも記憶に新しい。  令和の今、日本を、世界を、「鬼」が席捲している。評者の記憶する限り、オカルト界隈

スキ
23

「魔術の書」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

魔術の書 DK社 編/池上俊一 監修 グラフィック社/4180円(税込) 9万5000千年前のネアンデルタール人の魔術からインターネット時代の魔術まで、あまさず収録 「魔術は、人類と同じくらい古くから存在している」。  本書冒頭に掲げられた宣言である。魔術は時代や文化の枠組みをやすやすと超越する、人類にとって普遍的な精神操作の技術なのだ。その普遍性ゆえに、これまでにも、魔術の研究書・概説書は本邦でも数多く出版されている。名著も多い。そんな中、まさに「魔術研究書の決定版」

スキ
22

東京に北斗七星の結界を張った人物は…!?/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 東京に北斗七星の結界を張らせていただきました 保江邦夫 著 東京を守護する、北斗七星の結界が完成!「これで、天皇家も、日本も、世界も、安泰だ」  本書の著者・保江邦夫氏は、本欄の常連である。氏の本職は数理物理学・量子力学・脳科学を専門とする物理学者で、過去にはジュネーヴ大学や、ノートルダム清心女子大学などで教鞭を執っていた。あの湯川秀樹博士の

スキ
14

”UFOディスクロージャー”ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!/ジョン・デソーザ&高野誠鮮 著この世界の裏の真実、隠匿された秘密情報、説得力あふれる暴露話のオンパレード ヴォイス/1760円(税込)  ともに特異な経歴を持つふたりの著者による、驚愕の対談本。著者のひとりである高野誠鮮氏は、科学ジャーナリスト、UFO番組の構成などを手がけた後に公務員となり、UFO

スキ
16

松原照子「予知能力を高める法」ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 「 不思議な世界の方々」から教わった予知能力を高める法/松原照子 著 だれもが「感」を磨いて「ウキウキ、ワクワク、ルンルン」と生きていける!  東日本大震災の悲劇から、早10年の時が流れた。全世界を驚倒させた未曾有の大災害であったが、その後も日本列島は揺れつづけ、2016年には熊本地震、2018年には大阪府や北海道が揺れた。先日の2月13日深夜

スキ
12

『宇宙の彼方の色』から読み解く H・P・ラヴクラフトが受けた”フォーティアン”な影響/森瀬繚

2020年7月に映画化されたH・P・ラヴクラフトの小説『宇宙(そら)の彼方の色』は、”フォーティアン”なーー超常現象に影響されていた!? 怪奇神話と奇現象の開祖ともいえる、ふたりの”創造主”が共鳴した背景を解説する。 文=森瀬繚 宇宙の彼方の色 「ある日のこと、真っ昼間に白い雲が現れ、空中で次々と爆発が起こり、森の奥深くにある谷から煙の柱が立ち昇った。そして、夜になるまでには、アーカムの人々は皆、空から落ちてきて、ネイハム・ガードナーの土地にある井戸の近くの地面にめりこん

スキ
37