ウェブマガジン ムーCLUB

”UFOディスクロージャー”ほか7選/ムー民のためのブックガイド

「ムー」本誌の隠れ人気記事、ブックインフォメーションをウェブで公開。編集部が選定した新刊書籍情報をお届けします。 文=星野太朗 ディスクロージャーへ、宇宙維新がはじまる!/ジョン・デソーザ&高野誠鮮 著この世界の裏の真実、隠匿された秘密情報、説得力あふれる暴露話のオンパレード ヴ…

「屁」で幸福を得る爺と、災いを得る隣の爺/黒史郎・妖怪補遺々々

前回に続き〝妖怪放屁放屁〟3部作の第2弾! 鳥を呑んだ爺さんと隣の爺さんの物語と、21の類話を怒涛の如く補遺々々します。 ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺

稲荷の祈禱師/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 稲荷の祈禱師 神奈川県 63歳 七条藤周  稲荷の社に住む祈禱師の老婆が首吊り自殺をしたと聞いたとき、私は「やっぱりなあ」と思いました。もう、30年も前のこと…

開けてはいけない水色のドア/西浦和也・裏話怪談

この世の裏側を垣間見るような、不意に出現する怪異たちの物語「裏話怪談」。今回の舞台は人の立ち入りが禁じられた地、禁足地。それは、ごく身近な場所で息を潜めていることもある。 文=西浦和也 イラストレーション=北原功士 西浦和也(にしうらわ)/自らの実体験から取材まで、膨大な不思議を…

おにぎりを出す/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 おにぎりを出す 福岡県 20歳 有木千鶴子  あれは、私が小学校に上がる少し前くらいのころでした。  理由はよく覚えていないのですが、私がひとりで遠い田舎の…

じっと見ているやつ/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 じっと見ているやつ 愛知県71歳 原田一男  いつごろだったかまでは覚えていないが、俺がパチンコ店で玉を打っていると、いつも必ず、いつの間にかそばにきて、じ…

膝から下だけの白い足/あなたのミステリー体験

素直に受けいれるべき警告もあれば、鵜呑みにすると危険な警告もある。 すべては自分の選択。そのためには見極める力を持つことが重要となる。 選択を誤ると、自ら不幸を引きよせることもときには……。 イラストレーション=不二本蒼生 外したほうがいいよ ◆静岡県/岡野祐介(53歳)  数年前に…

「嫁の屁」で、飛ぶ。/黒史郎・妖怪補遺々々

普通の妖怪譚より奇妙かつ恐るべきは「嫁の屁」……? 今回より3回に渡り、「におう」話を補遺々々します。 ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」だ! 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 おならの意…

生命線がないの/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 生命線がないの 岩手県 42歳 小坂井麻季  あれは、今から5~6年前の冬のことだった。私はそのころ、六畳一間の小さなアパートに住んでいた。2階の部屋には同じ…

やっと来たわね/読者のミステリー体験

「ムー」最初期から現在まで続く読者投稿ページ「ミステリー体験」。長い歴史の中から選ばれた作品をここに紹介する。 選=吉田悠軌 やっと来たわね 大阪府 22歳 谷口実  3年ほど前から2~3か月に一度くらいの割合で奇妙な夢を見るようになりました。  高く晴れた空、そしてどこまでも広がる…