ウェブマガジン ムーCLUB

福島・山形・宮城で「即身仏」拝観めぐり!/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎の怪…

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 今回は、タニシによる「即身仏」巡りレポート。実家で即身仏になりそうな田中の動向やいかに? 文=松原タニシ・田…

海岸で見つけたもの/西浦和也・裏話怪談

外出もままならなかった2020年の夏、つかの間の息抜きで訪れた海にて、それはいた。人のいない海は、もう、あちら側の領域なのかもしれない。 文=西浦和也 #裏話怪談 絵=北原功士 西浦和也/(にしうらわ)自らの実体験から取材まで、膨大な不思議を集 める怪談蒐集家。トークライブなど出演のほ…

お隣さんの屋根の上にいる/あなたのミステリー体験

不思議な雰囲気を漂わす転校生に、困惑を隠せない教師、そして生徒たち。さまざまな出来事が勃発しようとも、彼女は多くを語らない。やがて謎めく少女は人知れず引っ越し、この地を去っていった……。 イラストレーション=不二本蒼生 転校生 ◆Nさん(53歳)/静岡県  私は現在、学校職員として…

怪談「コトリバコ」とコインロッカーベイビーズ/吉田悠軌・オカルト探偵

オカルト探偵も協力した映画『樹海村』が公開中だ。この映画の重要なキーとして登場するのが、ネット怪談の金字塔たる呪具・コトリバコ。奇しくも同じ年に産声をあげたネット発の恐怖「樹海村」と「コトリバコ」が時を経て今、合体した意味とは――? 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだ…

人を食う鬼と、鬼を食う人/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 今回は、世間で何かと話題の「鬼」にまつわる伝説から補遺々々します。 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 鬼=人でなし  私たちは「鬼」という言葉を、日…

香川の首切峠と山形の座敷童子で”霊にモテモテ”!?/松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健…

事故物件住みます芸人・松原タニシと、オカルトコレクター田中俊行、そして高松で活動する怪談バンドマンの恐怖新聞健太郎ーー3人の異色ユニットが、行く先々での怪奇体験を公開する。 2021年一発目は、香川の心霊スポット「首切峠」と山形の「座敷童子の宿」。霊的なタフガイの体験に震える! 文=松…

隙間から出てくる/西浦和也の裏話怪談

日常のふとした拍子に覚える、何気ない「違和感」。 それはあまり深追いしないほうがいいのかもしれない。 気づいてしまったその瞬間に、もう戻れなくなっていることがあるから。 文=西浦和也 #裏話怪談 西浦和也 ( にしうらわ)/実体験から取材まで、膨大な不思議を集 める怪談蒐集家。トーク…

黒い眼窩のドクロ仮面/あなたのミステリー体験

座敷童子は、主に東北地方に伝わる、いわずと知れたいたずら者の精霊だ。 いたずらが過ぎて邪険にされることもあるが、幸運をもたらす「小さき者」である。 イラストレーション=不二本蒼生 群馬の旅館の座敷童子 ◆Tさん(35歳)/栃木県  これは友人Sの体験です。  過日、彼が仕事の出張で群馬…

タブー怪談「鮫島事件」と「田中河内介の最期」の謎/吉田悠軌・オカルト探偵

ネット民のたわいない悪ふざけから発生した「鮫島事件」は、発信者の手を離れ独り歩きをはじめる。その先に浮かび上がったのは、語ってはならない禁忌として恐れられたあの怪談との奇妙な共通点だった――。 文=吉田悠軌 #オカルト探偵 吉田悠軌(よしだゆうき)/怪談サークル「とうもろこしの会…

子供の遊びに忍び込む”鬼”や”異なるもの”たち/黒史郎・妖怪補遺々々

ホラー小説家にして屈指の妖怪研究家・黒史郎が、記録には残されながらも人々から“忘れ去られた妖怪”を発掘する、それが「妖怪補遺々々」! 新年一発目は、『異』なるものと繋がろうとする子供たちの遊びから補遺々々します。 文・絵=黒史郎 #妖怪補遺々々 遊戯に「異」が混じる  奥成達『遊…