マガジンのカバー画像

ウェブマガジン ムーCLUB

ムー本誌の特集記事のほか、ここだけの特別企画やインタビュー記事、占いなどを限定公開。オカルト業界の最奥部で活動する執筆陣によるコラムマガジンです。一部記事は全文公開します。
マニアックなロングインタビューや特異な筆者によるコラム、非公開のイベントレポートなど、本誌では掲載… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#宇宙

「地球外少年少女」磯光雄インタビュー 2045年の宇宙ステーションを襲う「予言」「陰謀」テロリズム! オカルトは人類の希望となる…!?

2022年1月28日より劇場上映、劇場公開版Blu-ray&DVD発売、およびNetflixにて配信が開始し、劇場公開版Blu-ray&DVDが2月11日発売となるアニメシリーズ「地球外少年少女」。 2045年の宇宙空間を舞台に、日本製の商業宇宙ステーションで出会った少年少女たちが未曾有の災害にまきこまれ、自分たちの力で脱出し、生還を目指す姿を描いた物語だ。 本作の原作・脚本から手がける磯光雄監督にインタビューをおこなった。新作に込められた、科学、SF、そしてオカルトや陰謀論

スキ
46

ムー2022年2月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  今月の総力特集は「究極理論宇宙プロミング説」、この世界はシミュレーションなのか?というものです。理論上高度な計算能力を持つコンピュータを使えば、全宇宙をシミュレーションすることができるだろうと言われているそうなのですが、まずはそれだけのコンピュータを稼働させるエネルギーが必要になるようです。  ロバート・J・ブラッドベリーによって考案された、ダイソン球によって構成され

スキ
18

究極理論・宇宙プログラミング説 映画『マトリックス』は真実!? この世はゲーム・シミュレーションだ!

どこまでも続く広大な宇宙──。もしもそれが、すべてプログラミングされたヴァーチャルな世界だとしたら? われわれの肉体も思考も、感情も経験も、すべてが何者かによって仕組まれたものだということになる。 だが、はたしてそんなことが本当にあり得るのか? 最新科学をベースに、宇宙と世界の仕組みを解明する! 三上編集長による解説動画 文=嵩夜ゆう イラストレーション=坂之王道 プロローグ 脚光を浴びる「宇宙プログラミング説」われわれの世界は本当に現実なのか?  2021年12月、

スキ
22
有料
500

核戦争で滅亡した「火星超古代文明」の謎 大気中のキセノン同位体は核兵器使用の痕跡だった!!/嵩夜ゆう

近年、にぎやかになりつつある火星探査。アメリカではすでに、火星旅行を目的とした企業が設立され、火星移住さえ現実的なものになろうとしている。 だが──。火星はかつて、全面核戦争の舞台となり、悲惨な文明の滅亡を迎えた惑星だったのだ! 文=嵩夜ゆう イラストレーション=坂野王道 File1水路が張り巡らされた火星地図なぜわれわれ人類は火星を目指すのか?  近年、多くの資本家がこぞって宇宙を目指している。スペースX社を筆頭に、2021年はまさに宇宙開発元年といっていい年になった

スキ
21
有料
400

宇宙を支配する見えざる力の源泉!最新・ダークエネルギーの謎/水野寛之

宇宙を膨張させる未知の力として考えだされた「ダークエネルギー」。 いまなお観測されておらず、正体不明のままだが、最新の研究により、 その存在を示唆する証拠がいくつも見つかっている。 謎に包まれた暗黒エネルギーの正体に迫る! ◉特別企画◉ 文=水野寛之 イラストレーション=久保田晃司 プロローグ 最新実験が示唆するダークエネルギーの実在ダークエネルギーがついに検出された!?  2021年9月15日、サニー・ヴァグノッツィ特別研究員らの研究グループは、「XENON1T」実験

スキ
5
有料
300

探査機ジュノーが撮影した巨大惑星「木星」の驚異/権藤正勝

太陽系最大の惑星である木星。最近、イラストと見まごうばかりの詳細かつ 極彩色の木星表面の写真を目にした読者も多いだろう。新しく公開される木星の写真の多くは、NASAの最新の木星探査機ジュノーが撮影したものである。今回は、探査機ジュノーのとらえた美しい画像とともに、知られざる木星の姿を見ていこう。 文=権藤正勝 写真=NASA 地球の318倍の質量の巨大なガス惑星  木星は、太陽系の8個の惑星のうち、太陽から5番目に離れた公転軌道を持つ惑星で、地球からは、火星、小惑星帯を挟

スキ
17
有料
300

米天文学界の重鎮が断言! オウムアムアは地球外知的生命体の人工天体だ!/エリコ・ロウ

2017年10月、ハワイの天文台で奇妙な天体が発見された。太陽に近づき、遠ざかっていった「オウムアムア」だ。その細長い形状と不自然な軌道から、この天体が人工物である可能性が取りざたされ、話題になった。 宇宙物理学者のアヴィ・ローブ博士によれば、この天体は、知的生命体が生みだした人工天体であるという。 謎の天体オウムアムアは太陽系に飛来した人工物  アメリカでは、空軍がUFOを捉えたレーダーのビデオを公開し、議会もUFOに関する情報開示を防衛省に義務づけるなど、政府がUFOの

スキ
20
有料
300

ダークマターと恐竜絶滅の謎 最新宇宙論が語る地球大激変の真実/水野寛之

地球に生命が誕生してから約38億年、数多くの生物種が出現したが、短期間のうちに大多数の種が姿を消す「大量絶滅」が何度も発生している。 これまでは、天体の衝突による地球環境の変化が大量絶滅を引き起こしたと考えられてきたが、最新の研究で、さらに宇宙規模の原因があったとする新たな仮説が登場した! 文=水野寛之 イラストレーション=久保田晃司 恐竜はなぜ突然姿を消したのか?  スティーブン・スピルバーグ監督の映画『ジュラシック・パーク』は、南海の孤島に絶滅したはずの恐竜を甦らせた

スキ
15
有料
400

プラズマ宇宙論が語る惑星進化の謎!「冷たい太陽」の科学/ToM

宇宙はわれわれが思い描くような世界ではない。 最新の科学理論と秘教世界の伝統が明かす、宇宙の本当の姿――。 それは輪廻を繰り返し、進化を遂げるダイナミックな世界だった! 文=ToМ プラズマ宇宙論とはいったい何か? 本誌読者なら、「プラズマ宇宙論」という言葉は聞いたことがあるだろう。  この理論は宇宙的スケールの現象を、従来の重力以外の方法で説明するものだ。具体的には宇宙で起こる現象は、全バリオン(一般的な天文学では、通常の物質を構成する粒子という意味で用いられる)物質の

スキ
11
有料
400

史上最強生物「クマムシ」の謎 不死身の生命体は宇宙で進化した!!/権藤正勝

地球の生命の起源は宇宙にあるとする仮説がある。 近年、この仮説を裏づけるような生物の驚くべき能力が解明されている。 微小生物クマムシもそうした生物のひとつだ。その驚異的な能力は、まるで宇宙環境に適応するために備わったかのようだ。 文=権藤正勝 放射線にも耐える最強の生物 地球上最強の生物は何か? こう問われたならあなたは何と答えるだろうか。ライオン? トラ? ゾウ? ホオジロザメ? いやいや絶滅したとはいえ恐竜が最強だ‼ と答えるかもしれない。だが、筆者なら迷わずクマムシ

スキ
12
有料
300

加速する膨張で真空が裂ける!? 最新理論「宇宙崩壊」の謎/水野寛之

命あるものにはみな寿命があるように、われわれが存在しているこの宇宙にも、いつかは終焉の時が訪れる。 これまで、宇宙の終わりは静かに、そして果てしなく遠い未来にやってくると考えられてきた。 だが、最新の研究によって、宇宙が急激に崩壊し、消滅してしまう可能性がでてきたのである! 文=水野寛之 イラストレーション=久保田晃司 巨大小惑星やガンマ線バーストが地球を襲う「ゆく川の流れは絶えずして、もとの水にあらず」ーー鴨長明が『方丈記』の冒頭に記したこの文章は、われわれが普段あまり

スキ
6
有料
400

地球人は異星人だった!! 先進生物人類干渉理論が解き明かす人類進化の秘密/南山宏・綺想科学論

世界各地には、天空より降りてきた神々による文明干渉の神話伝承が数多く残されている。これが意味するのは、すなわち、異星人種族が人類の歴史に深く関与してきたということである。 宇宙物理学者ウォードの提唱する理論を基に、その詳細を検証する! 文=南山 宏 地球各地に伝わる"天下った神々"の神話 太古、太陽系第3惑星のわが地球上に栄枯盛衰したあらゆる文明や文化には、ほとんど必ず、天界から地上に降り立ってわれわれの遠い祖先たちと接触(コンタクト)交流した不思議な“神々”の物語が存在

スキ
11
有料
400

保江邦夫先生の「宇宙学勉強会」で学ぶ超歴史&超宇宙のことわり/辛酸なめ子・魂活巡業

物理学者にしてUFO研究家、極秘の神事を授かって日本の超古代史の謎にも通じる保江邦夫先生に「宇宙学」を学びました。 文・漫画=辛酸なめ子 #魂活巡業 今回お邪魔したのは…保江邦夫(やすえ・くにお)/理論物理学者、冠光寺眞法家元、ノートルダム清心女子大学名誉教授。湯川秀樹博士から素領域理論を継承し、これを証明するyasue方程式を発見。UFOや死後の世界の解明にも取り組む。 きわどい情報を惜しげもなく披露「令和」を迎え、天皇陛下のお代替わりで、ますます盛り上がる保江邦夫先

スキ
14
有料
200

宇宙を支配する暗黒空間ブラックホールとタイムトラベルの謎/中野雄司・総力特集

2019年4月10日、世界6か所で同時に行われた記者会見でイベント・ホライズン・テレスコープは地球から5500万光年彼方のM87銀河の中心にある巨大ブラックホールを初めて撮影することに成功したと発表した。 すべてのものを呑み込むこの暗黒天体の先にはいったい何があるのか。 別次元への入り口なのか、それともすべての物質を吐きだすホワイトホールなのか。もしかしたら、時間と空間が極端に歪んだその先には未来や過去への扉があるのかもしれない! 文=中野雄司 謎の暗黒天体ブラックホール

スキ
20
有料
500