ウェブマガジン ムーCLUB

ウイルスの正体は感染した細胞だった! 真核細胞進化の謎を解く逆転発想/久野友萬
+14

ウイルスの正体は感染した細胞だった! 真核細胞進化の謎を解く逆転発想/久野友萬

生命を構成する基本単位とされる細胞。その要となる細胞核はもともとウイルスだったという大胆な仮説がある。東京理科大学の武村政春教授が唱えている細胞核ウイルス起源説で、ウイルスが増殖する際に細胞を乗っ取り、そのまま細胞核になってしまったというのだ! 生物とは何か? 生きるとは何か? ウイルスを通して生物の進化を見たとき、生命の姿はこれまでとは大きく変わってくる! 文=久野友萬 ウイルスはタンパク質を作れない  コロナ禍でウイルスについて一般の人たちも知る機会が増えた。非常に小

スキ
10
新型コロナと最新「ウイルス進化論」…パンデミックと人類史/中野雄司・総力特集

新型コロナと最新「ウイルス進化論」…パンデミックと人類史/中野雄司・総力特集

世界中を混乱に陥おとしいれる、新型コロナウイルス——。 ニュースは連日、感染者数を伝え、おびえた人々は、自粛(じしゅく)生活を余儀なくされている。 だが——。ウイルスの本質は「恐怖」にあるのではない。 それは、生命の「進化」を司ることにあった‼ (ムー 2020年12月号掲載) 文=中野雄司 イラストレーション=久保田晃司 ウイルスは遺伝子を書き換える! 新型コロナウイルスに関するニュースは毎日のように飛びこんでくる。  どこそこの国で感染者数が何万人を超えたとか、どこそ

スキ
13
有料
500
創造論と進化論を両立させる最終仮説「古代宇宙飛行士説」/宇佐和通・新ID理論

創造論と進化論を両立させる最終仮説「古代宇宙飛行士説」/宇佐和通・新ID理論

”科学的”には冷ややかな視線を浴びる創造論だが、その最前線では”科学”と”神”を共存させる試行錯誤が育まれている。創造論を追うシリーズ最終回は、進化論と創造論をまたぐ「神の存在」ーー“古代の宇宙飛行士説”に踏み込む。 文=宇佐和通 第1回 第2回 第3回 生命の誕生と進化を司る神とはなにか? この連載では、進化論(特にダーウィニズム)とそれと対立する理論を基に、ID理論をはじめとする“非進化論陣営”の構造とそれぞれの特徴・特色を見てきた。  ここまで論を進めてきて改めて

スキ
13
神による創造と進化論の融合=”有神的進化論”という情熱/宇佐和通・新ID理論

神による創造と進化論の融合=”有神的進化論”という情熱/宇佐和通・新ID理論

世界の創造と生物の進化は、聖書の「創世記」に基づいて考えるべきだーー。”科学的”には冷ややかな視線を浴びる創造論だが、その最前線では”科学”と”神”を共存させる試行錯誤が育まれている。創造論を追うシリーズ第3回! 文=宇佐和通 第1回 第2回 神が作った”オリジン”と進化のメカニズム 創造論の枠組みの構造は複雑で、一種類の色合いでは決して説明できないことを前回までに示した。話はここからさらなる方向に伸びていく。今回は、有神的進化論という考え方について詳しく見ていくことに

スキ
12
新インテリジェント・デザイン理論が問い直す”科学的な"神による創造/宇佐和通・新ID理論

新インテリジェント・デザイン理論が問い直す”科学的な"神による創造/宇佐和通・新ID理論

進化論と創造論を巡る対立は、神と生態系と人間自身を位置づけることを強いる。それゆえに科学ではなく、宗教的なアプローチにならざるをえないのだ。完全なる神は、なぜ不完全な人間、生き物を作ったのか? ”ID理論”の最前線と、その道をかきわける者たちを追うシリーズ第1回! 文=宇佐和通 ダーウィニズムへの疑問 進化論という言葉を聞いてほとんどの人がまず思い浮かべるのは、いわゆる“ダーウィニズム=ダーウィン主義”ではないだろうか。ダーウィン進化論の枠組みから外れる知識に触れる機会が

スキ
10