ウェブマガジン ムーCLUB

元号「令和」と国号「日本」の言霊が予言する神国の未来/古銀剛・総力特集

元号「令和」と国号「日本」の言霊が予言する神国の未来/古銀剛・総力特集

平成31年4月1日、新元号「令和 」が公表された。そして5月1日、新天皇陛下の即位とともについに改元が行われ、日本は平成の次の、新たな時代に入った。 だが、なぜ日本は元号制度を守り、孜々営々と改元を続けてきたのだろうか。元号の秘史、そして「日本」という国号に秘められた真意を日本古来の信仰である「言霊」の観点から探り、今回の譲位と改元が啓示する、衝撃の未来予言を明らかにする! 文=古銀 剛 新元号に決定した「令和」 「新しい元号は、令和であります」  平成31年4月1日

12
平成の元号を霊視した神人の令和予言! 小泉太志命が語る「○○の時代」

平成の元号を霊視した神人の令和予言! 小泉太志命が語る「○○の時代」

日本列島を襲う邪気(まがつみ)、邪霊(まがつひ)を祓い、「霊(ひ)の元の道」を回復させるために、毎日3万3000回、真剣を振りつづけた男がいた。その男、小泉太志命が見た日本の未来とは、はたしてどんなものだったのか? 文=宮㟢貞行 日々真剣を振るい邪気、邪霊を祓う男  小泉太志命(こいずみたいしめい)という孤高の聖者をご存じだろうか。  彼は昭和が終わるとともに神去(かむさ)ったが、生前に「次の元号は平成になる」と予言していた。さらに平成のあとは、「○○の時代だよ」とも予

17
200