ウェブマガジン ムーCLUB

カップヌードルに潜んだ異星人U.T.の謎/山下メロ・平成UMAみやげ

UFOといえばアダムスキー、でもU.F.O.といえば日清。日清といえばカップヌードル! 発売50周年の今年、懐かしの「U.T」を「平成レトロ」の視点で振り返ります。 文・写真=山下メロ #平成UMAみやげ スケルトンの平成 今年はカップヌードル発売50周年!  先日TBS系列「サタプラ」に山下メロが出演した際も、いつもこの連載で紹介している「ファンシー絵みやげ」とともに「平成レトロ遺産」として1999年に発売された日清食品のカップヌードルスケルトンを紹介しました。  偶

スキ
15

ムー2021年9月号のカバーアート/zalartworks

「ムー」本誌のカバーアートを手掛けているzalartworksさんによる、アートワーク制作の裏話です。  今月の総力特集は、巷でも話題の「UFOとUAPアメリカ軍の機密情報公開」。いつもと違った雰囲気を出したいと思い、アメリカのペーパーバッグや昔のSF映画のポスターなどをイメージして描いてみました。 「disclosure」の言葉そのままに、開いた扉とその前に佇むグレイ、その奥にはUFOがいます。周囲には大量の機密書類が積み上げられ、立ち入り禁止のテープが張られている…とい

スキ
14

時代とともに変わる「宇宙人の姿」/初見健一・昭和こどもオカルト回顧録

エイリアンといえば、グレイ、それともタコのような火星人? 70年代キッズを翻弄したさまざまな「うちゅうじん」の姿を、“懐かしがり屋”ライターの初見健一が回想する! 文=初見健一 #昭和こどもオカルト 席巻した「グレイ」のイメージ「宇宙人の絵を描いてみて」と言われたら、今ではほとんどの人が「大きな頭と巨大な黒い目を持った子どものような姿」の生物を描くだろう。要するに小人型宇宙人「グレイ」の姿だ。現在はこれが宇宙人の典型的なイメージであり、大人にも子どもにも一目で「あ、宇宙人

スキ
15

異星人グレイ=ファンシー説! 地球外から来た平成の隣人たち/山下メロ・平成UMAみやげ

バブルをまたいだ平成は、いわゆるオカルト事象がやんわりと世に受け入れられていた時代でもある。「ファンシー絵みやげ」研究家の山下メロが、当時を彩った”UMAみやげ”の世界をご案内。 前回に続いて「UFO編」をお届け! エイリアン・グレイの登場だ。 前回はこちら #平成UMAみやげ 文・写真=山下メロ 異星人のほうのグレイ 前回、平成におけるUFOを描いた観光地みやげについて紹介いたしました。その流れで今回は、UFOの搭乗者である異星人(エイリアン)もまた、 観光地に紛れ込

スキ
13