ウェブマガジン ムーCLUB

ネッシーとクロウリーとジミー・ペイジゆかりの城の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年12月号、第440回目の内容です。 文=南山宏 いいで賞  タクシー運転手のディパク・ダス氏(52歳)は、いつも車でごった返していることで有名なインドのコルカタで、過去18年間の営業中に〝一度もクラクションを鳴…

和製エクソシスト加藤好洋先生の「悪魔祓い」で闇から光へと転身!/辛酸なめ子・魂活巡…

悪魔を知り尽くした和製エクソシストとして話題の加藤好洋先生に、「闇」と「光」についてお伺いしました。闇を知らなければ、光を知る、目指すこともできない……!? 文・漫画=辛酸なめ子 #魂活巡業 今回お邪魔したのは… 加藤好洋(かとう・よしひろ)/悪魔祓い師、パーソナルコーチ。利己的な…

量子物理学式発電機を発明したという男の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年11月号、第439回目の内容です。 文=南山宏 量子パニック 「自宅のガレージで〝量子物理学式発電機〟を動かしてたら、うっかり大ヤケドした。助けて!」  米オハイオ州コランバスで、自称発明家のブラウン・アンダ…

ネッシーの史上最多目撃記録/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年10月号、第438回目の内容です。 文=南山宏 ネッシーの当たり年  英国スコットランドのネス湖では、湖沼怪獣最大の人気スター、世界中のだれもが知るネッシーが目撃されると、地元の公式記録機関〝公認ネス湖怪獣…

ネパールで”生き女神”の後継者が出現した話など/南山宏のちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年9月号、第437回目の内容です。 文=南山宏 親知らず公  元英国王エドワード8世ウィンザー公が海外領バミューダ総督だった1940年、地元の歯科医に抜歯されて保存されていた親知らずの1本が、英国リヴァプール郊外…

頭に空っぽのテレビを被ってジャンプスーツを着た男の話など/南山宏・ちょっと不思議な…

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年8月号、第436回目の内容です。 文=南山宏 国境捏造  ロシアとフィンランド間の存在しない国境線を捏造するという手の込んだ詐欺容疑で、ロシア人男性ニコライ・アバカロフ(仮名、48歳)が逮捕された。  2019年1…

”バナナ男”が大西洋を隔ててシンクロ誕生した話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年7月号、第435回目の内容です。 文=南山宏 シンクロバナナ  同姓同名の男性ふたりが、偶然にも同じ〝バナナ男〟の扮装でインターネット・ソーシャルメディアのプロフィール欄に登場した。  ふたりのベン・コドリ…

龍村式「指ヨガ」は印に通ず! 体も頭も柔らかくパフォーマンスアップ/辛酸なめ子・魂…

前回の「顔ヨガ」につづいて、今回は「指ヨガ」にチャレンジ!  手指を全身の縮図と見て、つながりのある部分を刺激することで、全身を整えていく。その効果は絶大で、龍村先生のセミナーでは、奇跡的ともいえるような変化が、日常的に起こっているらしい! 文・漫画=辛酸なめ子 今回お邪魔したの…

コハクの中のミニサイズ恐竜の話など/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年6月号、第434回目の内容です。 文=南山宏 ハチと耳鳴り  昨年の秋、ブラジルはカンピナスの自宅の庭で、マウリシオ・コンスタンさん(仮名)はプラムを採取中、禿げ頭のてっぺんを毒バチにチクリと刺されてしまっ…

ギリシアで口に出せない禁断の名前「キリアコス」氏の受難/南山宏・ちょっと不思議な話

「ムー」誌上で最長の連載「ちょっと不思議な話」をウェブでもご紹介。今回は2020年5月号、第433回目の内容です。 文=南山宏 後ろ歩き男  去年の7月25日、インドネシアは東ジャワ島民のメディ・バストニ氏(43歳)は、森林保存運動を盛り上げるデモンストレーションの一環として、自宅のあるドノ…